岩佐美咲、久しぶりの女性限定公演出演で妙なテンションになり、女性客をひかせる (2014/07/28、チームK)

2014.07.30
                 
AKB48劇場 チームK「RESET」公演(女性限定公演)

■出演メンバー
チームK → 相笠萌阿部マリア石田晴香岩佐美咲北原里英小嶋真子兒玉遥後藤萌咲島田晴香下口ひなな鈴木紫帆里田野優花永尾まりや宮崎美穂湯本亜美横山由依


■開演
◆M00.overture
◆M01.RESET
(OP → 永尾まりや兒玉遥湯本亜美?)
◆M02.洗濯物たち
◆M03.彼女になれますか?
◆M04.ウッホウッホホ


■MC(自己紹介)
横山由依「女性の皆さん、こんばんは」
みんなで「AKB48チームKです」拍手

# 序盤4曲紹介

お題提供:味噌汁さん
本日のお題:皆さんが女子力を磨くためにやっていることは何ですか?

【1列目 上手側から】
宮崎美穂「ド・レミ・ド・ミ・ド みゃお~! 二十歳のみゃおこと宮崎美穂です」

「やっぱり今日初めてというか1列目が久しぶりに開放されたということで、凄く近く感じるんですよね、久しぶりだと。だからやっぱり近くで何か好きなもの見たりとか、好きな人見たりとかすると、内面的なものがブンピンされると。分泌されると思いますので、皆さんね、この劇場の近さを改めて感じて、今日は分泌されてください」

相笠萌「高校1年生、16歳の相笠萌です」

「私は身近に憧れの人を見つけるということなんですけど、チームKで言うと阿部さんとまりやぎさんなんですけど。2人ともモデルとかやってて、凄い女性の皆さん憧れだと思うので、私もそういう存在になれるように頑張りたいと思います」

横山由依「京都から来ました、金閣寺よりも輝きたい、横山由依、21歳です」

「私はですね、化粧水とか乳液とか凄い好きで。ちょっと高いやつを使ってるんですけど、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしといて、お風呂上がりに凄いいいコットンがあるので、2分の1の化粧水で潤うコットンがあるんですよ。そのコットンを5枚使って顔をパックしてから寝てます。これが女子力のためにやってることですかね」

兒玉遥「博多からスキスキスキスキ スキップ♪ 福岡からからやってきました、HKT48とチームKを兼任しています、はるっぴこと兒玉遥です」

「私が女子力を上げるためにしていることは、朝起きたら白湯を飲むことです。白湯がいいって最近聞いて、いろんな活動をする前に白湯を飲むようにしてるんですよ。今日も公演前に飲んだんですけど、飲んだ後に運動したらすっごい汗が出るんです」
阿部マリア「モデルさんだね」
兒玉遥「違います違います。白湯飲むだけでモデル気分になれるので、皆さんも是非試してみてください」

下口ひなな「チームKのひななこと下口ひななです」

「私はお風呂に出たらちゃんと髪の毛を乾かすことです。じゃないと髪の毛バサバサになって、誰かわかんなくなっちゃうからです」


【2列目 上手側から】
鈴木紫帆里「二十歳のしほりんこと鈴木紫帆里です」

「私はどんなに熱い夏でもお風呂に1時間以上浸かるっていうことなんですけど。夏ってやっぱ夏バテしちゃって、露出がやっぱ足とかけっこう今日とか出してる方多いと思うんですけど、冷房で足とかが冷えると太くなるっていうんですよ。そう、浮腫む。太くなっちゃうみたいなっていうのをチームAの前田亜美ちゃんが夏ずーっとブランケットを持ち歩いてるっていうのを聞いて、モデルってすげーなって思ったんですけど、それを見習ってっていうか、体温をね、なかなか下げちゃいけないって思ったので、お風呂に1時間以上浸かるようにしています。実は今日期末テストが終わって今日から夏休みなんですよ!」拍手

「だから、一発目が女性限定公演ということで、思いっきり盛り上がっていきたいと思います」

田野優花「高校3年生 17歳の田野優花です」

「可愛いですね~」
鈴木紫帆里「誰?」
田野優花「女性限定公演大好きなんです」
島田晴香「近所のおばちゃんみたいだけど」
田野優花「私が女子力を上げることはですね、ああ見えても島田さんと一緒にいることなんですね。えっ?って思うじゃないですか。でも島田さんってこう見えてすんごい女子力高いんですよ」
島田晴香「いい後輩だ、やっぱり」
田野優花「で、清潔感もあってですね」
島田晴香「待って待って。私、清潔感ないように見えます?」
田野優花「いや、ありますあります。メイクとかもこだわっちゃうし」
島田晴香「女子なんで」
田野優花「持ち物とかもめっちゃオシャレで、だから島田さんと一緒にいると女子力が上がるんじゃないかなって思います」

小嶋真子「横山チームK、17歳 高校2年生のこじまここと小嶋真子です」

「私はですね、グレープフルーツとかが凄く好きで。果物って美容とかダイエットとかにもいいって聞くので必ず毎朝食べるようにしてるんですけど、やっぱり果物って高いなーって思う時あるんですよ。でも最近5個で幾らとか、たまに近くのスーパーとか行くと案外安く売ってるから、私もママに「あなたは毎日食べるから私は買わないよ」って言われてから自腹で買ってるんですよ(反応) 偉いですよね。だからお手ごろだし美容にもいいので是非皆さん試してみてください。そしてですね、今日も一部出演になってしまったんですけど、この女の子たちのね、可愛いパワーを私はもらって女子力アップできたらなと思います」

後藤萌咲「中学1年生 13歳のもえきゅんこと後藤萌咲です」

「私、考えたんですけど無いんですよ、そんな。普通の人なんです。強いて言うなら爪磨きをすること」
メンバーたち「いいじゃん」
後藤萌咲「それしかないです。なので、フルで女性限定公演は初めてなのでちょっと緊張していますが皆さんからパワーをいただきたいと思います」

阿部マリア阿部マリアと申します」

「私はですね、自分の売りどころは顔じゃないと思ってて。指原さんとまではいかないんですけど、秋元さんぐらい? そういう内面を磨こうじゃないけど、そう思ってて。私の中で女性らしさって自分を持ってて強い人が女性らしいなと思うので、私はそこの部分を磨いていきたいと思います。頑張りまーす」

永尾まりや「皆さんこんばんは。まりやぎこと永尾まりやです」

「私はですね、女子力はですね、やっぱり睡眠だと思っていて。私全然寝ないんですけど、寝てなかったら顔がパンパンになるんですね。最近は8時間ぐらいちゃんと寝て、顔をスッキリさせて皆さんの前に立つというのを目標にしています」


【3列目 上手側から】
石田晴香「はるきゃん (Do it!) 二十歳のはるきゃんこと石田晴香です」

「私は女子力とかってわけじゃないんですけど、今日は女性限定公演ということで少しでも女性の皆さんに好かれたいってことで、ほんとに握手会とか9割男の人なんですよ。その話を女性限定でしたら女の子が来てくれるようになったんですよ。だからこの話を覚えてた人は是非会いに来て欲しいなというのと、今日何を気を遣ったかっていうと見てください、髪の毛 (可愛い) リボン。女の子に好かれたくて好かれたくて仕方ないから、リボンを作ってちょっとでも女の子を誘惑できたらなと思います」

北原里英「愛知県から来ました、北原里英、23歳です」

「私はたまになんですけど、日本酒風呂っていうのがありまして。お風呂にですね、バブとかではなくて、日本酒をですね、ほんと普通に飲む日本酒を入れると肌が白くなるという噂を聞きまして、あんまり効果出てるように見えないんですけれども、一応実践しています。もし効果が出たら再度お勧めしますので、是非その際はやってみてください」

岩佐美咲「19歳のわさみんこと岩佐美咲です」

「私はですね、美容室に行くのが凄く好きで、昨日も美容室に行ってきて、髪色を変えて、これちょっとグラデーションって言うんですか? 毛先のほうを明るくしたんですよ。ですけどね、やっぱりこういうのって男性からしたらちょっとあんまりね、ウケが良くないじゃないですか。男ウケがあんまりよくなくて。だから今日が初披露で良かったなと思ってるんですけど、皆さんこの髪どう思いますか? (可愛い!) ありがとうございます。ほんとに楽しいです。みんな見るとこ見るとこ可愛くて、もう夏で良かった。なぜなら皆さん足が。ほんとにありがとうございます」 → ステージに寝そべって、ローアングルで女性客の足を見る
北原里英「怖い怖い、やめなさい」
島田晴香「捕まるよ、警備員いるんだから」
岩佐美咲「なので私も握手会に3人ぐらいしか女性の方がいないので、是非皆さん来ていただけたら丁重の扱いますので待ってます」

湯本亜美「横山チームKの16歳、湯本亜美です」

「私は最近というか、ずっとヘアアイロンとかドライヤーをやってなかったんですけど、最近前髪を切ったので、ドライヤーとかヘアーアイロンを毎日してます」

島田晴香「チームKの島田晴香です」客「島田!」
岩佐美咲「凄い。コールが島田だよ」
石田晴香「腹から出てた」
島田晴香「ありがとうございます (ジャイ島) ジャイ島じゃないよ、今はね。私はですね、みんなのことをずっと聞いてたんですよ、最後なので。なのでやっぱり1つにまとめると人は外見じゃないんだなっていうのを思いました。いろいろなダイエットを試したんですけど、やっぱり食欲は抑えられませんということで、皆さん好きはものは食べましょう」

北原里英「新しい歴史の始まりです」


◆M05.制服レジスタンス (宮崎美穂相笠萌下口ひなな)
◆M06.奇跡は間に合わない (鈴木紫帆里兒玉遥阿部マリア)
◆M07.逆転王子様 (後藤萌咲小嶋真子永尾まりや)
◆M08.明日のためにキスを (岩佐美咲横山由依北原里英島田晴香)
◆M09.心の端のソファー (石田晴香田野優花湯本亜美)


■MC
湯本亜美田野優花石田晴香

湯本亜美「今日は女性限定公演ということで、よく少女マンガとかに出てきます男性にされるとキュンとする仕草教えてください」
石田晴香「今日はガールズトークってことですね」

田野優花「さりげない優しさがキュンとくる女性の方が多いと思うんですけど。私だったらやっぱり、例えば道を2人で歩いてたら道路側にこさせない。道路側もし自分自身がいたらサっと代わってあげるみたいな、そういうさりげないところとかいいですね」
石田晴香「レディーファーストじゃないけど女の子を大切にしてる感がいいよね」

石田晴香「キュンとする仕草ではないんだけど、腕の血管がすっごい好きなの」
田野優花「あー! わかる」
石田晴香「腕の血管大好きで。握手会とかで来ても触っちゃう、血管。ほんと血管大好きだから嬉しくなっちゃって」
湯本亜美「私は逆に筋肉が好きです」
田野優花「あー。筋肉と血管は定番ですよね」
石田晴香「どこの筋肉が好き?」
湯本亜美「全部。まぁ腕とか」
石田晴香「どこが好きかなー」
田野優花「上半身も好き」
石田晴香「上半身だよね。あのさ、あんまり筋肉つき過ぎるとこういう感じの筋肉なかなかいないけどさ、筋肉フェチだけど、ちょっと引き締まってるぐらいが私にはちょうどいいかな。細マッチョ」


◆M10.毒蜘蛛
◆M11.オケラ
◆M12.ホワイトデーには・・・


■MC
◆前半:岩佐美咲下口ひなな小嶋真子宮崎美穂横山由依相笠萌湯本亜美鈴木紫帆里

横山由依私達の好きな女の子のタイプ

「わさみんさん」
岩佐美咲「ハイ!いいんですか!?」
鈴木紫帆里「テンション高い」
岩佐美咲「許容範囲がめっちゃ広くて。最近めっちゃ広がって。何でもいけるんですけど、正直」
鈴木紫帆里「いけるって何?」
宮崎美穂「若干ひいてるよ」
岩佐美咲「私は好きなタイプは黒コン。カラコンあるじゃないですか。カラコンの黒とかをガッツリ入れてるような子」
横山由依「今日黒コンとかカラコン入れてるよって人?」
メンバーたち「いる」
岩佐美咲「いいですね」
横山由依「気をつけてくださいね、わさみんさんいっちゃうから。黒コンとかカラコン入れてる人が好きなんですか?」
岩佐美咲「そう、めっちゃね、それが好きだからみんなにほんと入れて欲しいんですよ」
横山由依「でもみんながね、いろんな瞳の色にして、カラーコンタクト公演とかありですよね」
宮崎美穂「やだやだ、やだよ」
横山由依「みゃおさんだけやってくれないみたいです」
宮崎美穂「私は前に雑誌の撮影でカラーコンタクトレンズをめっちゃハードのカラーコンタクトを入れたんです、青の。めっちゃ痛いし似合わなかった。だから似合う人は羨ましいですよ」
岩佐美咲「絶対似合うやつあるから。私が今度選んであげるよ。持ってきたら付けてくれる?」
宮崎美穂「全然はい」
岩佐美咲「持ってくる、今度」

相笠萌「私は性格のことなんですけど。女の子同士って可愛いくないって思ったものでも可愛いって言う子多いじゃないですか。そういうの私嫌で、ズバって言って欲しいんですよ。これ可愛いくないよとか、仲良しでも注意してくれるのがいいから。サバサバしてる子が好きです」
横山由依「そういう人が多いんじゃないですか?」
相笠萌「チームKは割りと多い」
横山由依「島田を筆頭にね」

鈴木紫帆里「私はボーイッシュな人が好きです、私も。佐江ちゃん大好き。見た目がそれこそボーイッシュなんですけど、性格女の子みたいな、ギャップ? それも才加ちゃんとか佐江ちゃんとかあると思うんですけど、そういうのがやっぱ好きですね」
宮崎美穂「同姓に指示されるのはサバサバ系とかボーイッシュ系じゃないですか。逆にめっちゃ女の子っぽいのが好きって人います?」
岩佐美咲「うん、好き好き好き」客w
宮崎美穂「いや、だから。ごめんなさい。一番端のピンクの人じゃなくて、喋ってない子いる?」

小嶋真子「私はボーイッシュな子よりは女の子らしいって子のほうが好き」
鈴木紫帆里「アイドル好きだよね」
小嶋真子「アイドル大好きなんで」
横山由依「見た目はどういう感じがいいとか」
小嶋真子「黒髪ロングとか」
横山由依「ゆあみやん」
小嶋真子「凄いタイプ」
メンバーたち「おー」
小嶋真子「髪の毛やっぱ大事だと思います」
横山由依「隣に茶髪の先輩いますけど」客w
宮崎美穂「やめてくんない? わさみんその髪の毛どうしたんだよ!」
メンバーたち「あー」
岩佐美咲「やめてよ」
横山由依「わさみんさん、この女性限定楽しみにして、その髪型にしたんじゃないですか」
岩佐美咲「そうなんですよ。みんなにちょっとでも好かれたくて染めてきました」
横山由依「柴咲コウさんとかもよく、黒で先っちょだけ色が違うみたいなやってますもんね」
宮崎美穂「きたりえもそうじゃない?今」
横山由依「北原さんもなんですよ、今。先がオレンジなんです。それ夏やからね、いいですよね、季節に合ってて」
宮崎美穂「私最近ね、変化を感じてるよ」
岩佐美咲「急にどうしたの?」
宮崎美穂「AKB48について変化を感じてるよ。あのね、最近っていうかちょっと前はさ、まゆゆとかさ、触角みたいなの残してたじゃないですか。それが最近は無い傾向に」
横山由依「真子みたいな」
宮崎美穂「そう、(下手側)ない・ない・ない」
鈴木紫帆里「ヤバイ、時代遅れ」
宮崎美穂「無いほうがいい。ちょっと待って。1回どけて」
鈴木紫帆里 → 触角を耳後ろに
メンバーたち「無いほうがいい」
横山由依「皆さんどう思いますか?」拍手
宮崎美穂「触角は古いんだよ」

◆後半:阿部マリア島田晴香永尾まりや田野優花北原里英兒玉遥後藤萌咲石田晴香

島田晴香「でもさ、触角ってさ、顔出すじゃん」
北原里英「そう、それなの」
島田晴香「顔出すってね、勇気いること」
阿部マリア「デコ出してる」
島田晴香「違うよ。ここはまだ縦長に見えるからいいでしょ? 輪郭をボヤけさせる」
田野優花「それは自分で努力します」

北原里英モテル女の子になりたい!
島田晴香「モテ女って流行ってますからね。雑誌の企画とかであるじゃないですか。モテ女になるためには」

阿部マリア「顔の話するんですけど。さっき秋元さん、指原さん含め自分も顔じゃないみたいな、顔が悪いみたいな言ったんですけどそうじゃなくて、今時の顔ってあるじゃないですか」
島田晴香「流行り顔ね。困り顔とか流行ってるもんね」
阿部マリア「そういう顔じゃないから、小嶋さんとかぱるるさんみたいに今流行の顔がやっぱりモテるのかなって思って」
永尾まりや「やっぱ顔だなってなっちゃう」
阿部マリア「そうじゃなくて、まぁ顔か」軽くw
島田晴香「内面が強い女性はキレイですからね」
阿部マリア「その話しても・・・」
島田晴香「顔だけじゃないって話でしょ?」
北原里英「今の島田の返しはまぁーヘタクソだったよ」客w
島田晴香「違うの。内面の話じゃないの?」
北原里英「今はあべまは今流行の顔の女の子はモテるんじゃないのかなっていう」
島田晴香「なるほどね。ちょっと誤解が生まれるかなと思って」

北原里英「顔っていうよりも雰囲気でさ、可愛い女の子っているじゃないですか。その顔も含めたけど、ふんわりしてるっていうか、私はですね、ほっとけなさそうな女の子ってモテるなってほんとに思うんですよ」
島田晴香「助けてあげたくなるっていう」
北原里英「そう」
田野優花「ドジっ子?」
北原里英「ちょっとね」
田野優花「天然?」
北原里英「んー、ちょっと天然」
島田晴香「メンバーで言うとどんな子ですか?」
後藤萌咲鈴木まりやさん?」
島田晴香「そこは違うなー。あの人はほっといても生きていけるタイプ」軽くw

「はるっぴとかちょっと近いんじゃない?」
兒玉遥「いやいや、私、ほっといてくださいって思うタイプ。なんかかまわれるの苦手です」
島田晴香「美桜ちゃんとか」
北原里英「そう、美桜ちゃんとか。島田、大正解」
島田晴香「でしょ? だってああいう女子になりたいもん」
北原里英「可愛いよね」

永尾まりや「私はけっこうガチな話で言っちゃいますと、二次会に行かない女子。わかります?」
島田晴香「どうする? この中で「二次会うぇーい」とか」客w
永尾まりや「打ち上げは行くんだけど、みたいな。ちょっと遠慮しがちな女子。わかります?」
北原里英「言いたいことはわかるよ」
永尾まりや「頼りないのと一緒かもしれない」
北原里英「本命になりやすそうだね、そういう子のほうが」
阿部マリア「島田さんは二次会行く系?」
島田晴香「全然」客w
永尾まりや「島田は何次会まで行く?」
島田晴香「私、誘われたらどんどん行きます」客w → 拍手

「でもそういう場に、ドラマの打ち上げとかも一次会とかしかないじゃないですか」
北原里英「でもそうだよ。ドラマの打ち上げでわかる。その一次会で帰るのに憧れるのわかるわ。家族ゲームの打ち上げがあったんですけど、その忽那汐里さんが割りとサっと帰ったのを見て。お仕事があるから。でもお仕事があるのってかっこいいなって思ったんですよね」
メンバーたち「意味が違う・・・」

島田晴香「中1から見てモテる女の人ってどういう感じ?」
後藤萌咲「スタイルいい子」
島田晴香「じゃー当てはまんないわ、私」客w
北原里英「諦めないで」
阿部マリア「どういいかわかんないじゃない」
島田晴香「例えば?」
阿部マリア「だから、ちょっとぽっちゃり系が好きとか、その人の中のスタイルっていうのがわかんないじゃないですか」
兒玉遥「島田さん島田さん、小学生ぐらいって元気な子がモテたりしません?」
島田晴香「じゃー私モテるわ。小学生の子にこの前「島田」って言われたんですよ、横断歩道渡る時に」
北原里英「人気者じゃん」
島田晴香「嬉しかったです」

永尾まりや「次が最後の曲になります」


◆M13.ジグソーパズル48


■アンコール


◆EN01.星空のミステイク
◆EN02.夢の鐘


■MC (御礼と感想)
岩佐美咲「皆さん今日はご来場いただき本当にありがとうございました」拍手

「女性限定公演というのがけっこう私が久しぶりで、凄く楽しみにしていたんですけど、皆さん最後まで精一杯声を出して、サイリウムを振って、最後まで一生懸命応援してくださって、アンコールも凄く可愛らしくてとっても最高でした。ほんとにね、皆さん目が合うと笑ってくれるような気がして。それをさっきはるきゃんに話したら「脳内だ」と言われたんですけど」客w

「こっちが脳内、お花畑になっちゃうぐらい・・・脳内じゃない?ありがとうございます。嬉しいですね。みんな可愛かったです、ほんとに。AKBに入って良かったと思いました。是非ね、やっぱり同姓から可愛いって言われたりとか・・・ねぇ!見てよ!こっち」客w
石田晴香「ほら、みさきちが喋ってるから」
岩佐美咲「同姓の子から可愛いって言ってもらえたりとか、頑張ってねって言ってもらえたり、憧れをもってもらったりとかっていうのはやっぱり凄く嬉しいし、自分も「あっ、もっと可愛くならないと」って凄く思えるので、また女性限定公演があるのを楽しみにしておりますし、私もそうですね、けっこう女性の方のファンが片手に収まるぐらいしかいらっしゃらないので、是非これを機に興味を持ってもらって、握手会来てみようと思ってもらえるような人が増えたらいいなと思ってます。

そしてね、今日から客席の1列目が開放になりまして(拍手) ありがとうございます。皆さんのご協力のおかげで1列目がまた復活ということで。やっぱりね、凄い距離が近いなっていうのを改めて感じて。やっぱ劇場ならではの空気感っていうか。見てってば!」客w

「劇場ならではの空気感というね、みんなで、アットホームな1つになってるような空気、長いね、すみませんね。ほんとに楽しくて長くなっちゃうぐらいなんですけども、話しきれないので、この感謝の気持ちは。是非握手会に来ていただければなと思います。今日はほんとにありがとうございました」拍手

横山由依「わさみんさんもおっしゃってた通りにですね、私達を応援してくださるファンの皆さんは男性の方も女性の方も様々な方がおられるんですけれども、今日はこうして女性の皆さんだけ、女性と子供の皆さんかな、だけの公演っていうのも、普段もしかしたら足を運び難い現場かもしれないんですけど、こうやって来やすい公演もあるので、良かったらですね、コンサートとか握手会にも来ていただけたら凄く嬉しいなと思います」


◆EN03.引っ越しました


# ご来場の御礼
# AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」曲振り


◆EN04.ラブラドール・レトリバー


# 手繋ぎ挨拶「ありがとうございました」 → 手を振りながら捌ける (BGM:ラブラドール・レトリバー)

田野優花「それでは最後恒例のいきますよ。せ~の」
湯本亜美田野優花「ありがとうございました! エブリバーディー!」
田野優花「あんま盛り上がらなかった」

# 公演終了


■AKB48 LIVE!! ON DEMAND
【アーカイブ】7月28日(月)「RESET」公演

公演後の感想 → 岩佐美咲宮崎美穂

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

[ 配信中の公演一覧 ]