初期メンバー5名卒業(10/5、夜公演、チームA 4thリバイバル 82回目)

2008.10.05
                 

■抽選
「6巡目は1、、90番台」ざわ

昼公演は新人さんが「66番」と。夜公演ではベテランさんが。

100→40→221→130→60→160→90→170→120→70 →110→80→140→50→210→150→200→10→241→30

20巡。中央ブロック中段(埋没席)

■出演メンバー(チームA12人&研究生4人)
板野友美、大江朝美、川崎希、北原里英、駒谷仁美、佐藤亜美菜、 篠田麻里子、戸島花、中西里菜、成田梨紗、藤江れいな、宮崎美穂

&研究生(小原春香、中塚智実、藤本紗羅、近野莉菜)

■休演&アンダー
6人休演(大島麻衣、小嶋陽菜、佐藤由加理、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ)

大島麻衣 → 小原春香(研究生)
小嶋陽菜 → 北原里英(チームA)
佐藤由加理 → 中塚智実(研究生)
高橋みなみ → 宮崎美穂(チームA)
前田敦子 → 藤江れいな(※ 藤江ポジションに藤本紗羅=研究生)
峯岸みなみ → 近野莉菜(研究生)

■公演前の影アナ
成田梨紗 「残り少ないチームA4thステージ、一生懸命がんばります。成田梨紗でした」客、拍手

■公演スタート
◆M1「ただいま 恋愛中」(全員)
◆M2「くまのぬいぐるみ」(全員)
◆M3「Only today」(全員)

■MC1 自己紹介&本日のお題
MC藤江れいな 「みなさん、こんばんは」
みんなで「AKB48、チームAです」客、拍手

藤江れいな 「ただいま公式モバイルサイトで私たちに聞きたい質問を募集してます。 今日のお題はフルサトさんからいただきました。プロ野球選手みたいに、 自分が入場する時にかけたい曲はなんですか?

1列目。下手側から。

女性客「リサちゃん、世界で一番大好き!」
成田梨紗 「ありがとうございます。すみません。。」

「ガンバレ乙女なんですけど」客、反応
「自分で自分を応援しちゃうってかわいくないですか? かわいい曲が流れたら嬉しいと思います」

大江朝美 「夜もアッパレ、アッパレ。ズッキューン、ドッカーン、バッキューン・・・」

「私は、個人的に山手線の曲で流れてるようなBGMがいいと思います。最近、ちょっと前に発売されたじゃないですか。 あれが野球の時に使って欲しい音楽です」客w「何で笑うんですか?」

藤江れいな 「私は大塚愛さんのスマイリーを流したら、笑顔になってがんばれるんじゃないかと思います」

駒谷仁美 「みなさんの大きい声が聞きたいな。こんばんは」客「こんばんは~!」「長いよ」客w

「えっと、何だっけ? テーマ曲ですよね。チャララララ~♪ メルヘンチックな曲がいいです」

藤本紗羅 「私は「投げキッスで撃ち落せ!」がいいです。ちなみに私の学校の入場曲はアンパンマンのマーチでした」客、軽くw

以上、ハケる。

2列目。下手側から。

川崎希 「やっぱり事務所枠として、リアディゾンさんの恋しようです」客、ざわw

(小嶋陽菜代役)
北原里英 「わたくしは残酷な天使のテーゼが大好きなので、ぜひそれを使わせていただけたらと思います」

「今日は1つ1つを丁寧に、おっ、おっ、踊れたらと思います」

(峯岸みなみ代役)
近野莉菜 「私はさっき亜美菜ちゃんに聞いたんですけど「私のテーマは何?」ジャイアンのガキ大将の歌(と言われました)。 だから亜美菜ちゃんに会うたびに、毎回ガキ大将の歌を歌ってあげようと思います」

(高橋みなみ代役)
宮崎美穂 「私はですね、かっこよく入場したいので、小さいころから大好きなもの何だろう? ターミネーターのテーマソングです」客、ぅお~ 「かっこよくないですか? サイボーグみたいで」

「今日も1曲1曲大切にしていきたいと思います」

(大島麻衣代役)
小原春香 「私はこれといってないのですけど、キュルルンとしたかわいい曲なら何でもいいです」

客(Iwsw氏)「あっ、あっ、、。」客、ざわ
佐藤亜美菜 「亜美菜はさっき、このお題を聞く前にずっと頭の中で回ってる曲があって。 「♪もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対」それにしたいと思います」(槇原敬之、もう恋なんてしない)

以上、ハケる。

3列目。下手側から。

篠田麻里子 「私のテーマ曲は、睨んだ時のトゥルル~。曲名わからないのですけど、一瞬のトゥルル~が好きです」

中西里菜 「里菜は松浦亜弥さんが大好きなんですけど。何回も言って(うざいかもしれないのですが)。 昨日も4時間くらいDVD見て」客、反応「(私が好きってことを)ぜひ伝えてください」

「I know という曲があるのですけど、その曲をテーマソングにしたいと思います。1つ1つ大切にがんばります」

板野友美 「ともはディズニーが大好きなので、ディズニーの15周年のビバマジックが自分のテーマソングになればと思います」

戸島花 「私はですね、好きなものをかけたいじゃないですか。とりあえず2択にするとしたらリリアンさんの曲か、 火曜サスペンスの曲。どっちも・・・。半々でかけれたらと思います」

(佐藤由加理代役)
中塚智実 「私はAKB48の背中から抱きしめてがすごく好きなので」客、反応
「それをテーマにしたいです」

「最後の1公演となりましたが、まだまだこれからなので、盛り上がっていければと思います」

締め。板野友美 「本日の公演は大島麻衣ちゃん、小嶋陽菜ちゃん、高橋みなみちゃん、峯岸みなみちゃん、佐藤由加理ちゃん。。 前田敦子ちゃんがお休みですが。決して忘れたわけじゃないですよ」客w 「ノースリーブスの3人が言えるかが勝負だったのですけど。3回くらい練習して」

「今日も気合を入れてがんばりたいと思います。新たな気持ちでの出発です」

ステージ上の5人。列車ごっこをしながらハケる。M4へ。

■ユニットソング
◆M4「7時12分の初恋」(藤江、大江、成田、駒谷、藤本
◆M5「春が来るまで」(小原、佐藤(亜))
◆M6「純愛のクレッシェンド」(近野宮崎北原
◆M7「Faint」(戸島、板野、川崎)
◆M8「帰郷」(篠田、中西、中塚

■MC2 帰郷トリオMC
中西 「7時12分の初恋、春が来るまで、純愛のクレッシェンド、Faint、帰郷、続けて5曲聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「そろそろ秋ですよね」客「そ~ですね」
「ということで、冬と言えば?」客、反応
篠田 「もう冬ですよね」
中西 「寒いですよね。。」
篠田 「この空気も寒いですよね」客w
「そういうノリだったから」

中塚 「こたつが恋しくなります」
篠田 「けっこう古風だね。欧米な顔して」客w

「こたつにアイス派? こたつにみかん派? どっち?」
中塚 「みかんです」
中西 「アイス派いるの?」
篠田 「友達の、壊れたラジオさんがアイス派らしいよ。。」
中西 「熱い中にあえて溶けるもの。でも中はあったかい。矛盾した感じ」

「夏は熱い中、クーラーをつけて、鍋」
篠田 「キムチ鍋にチーズ入れて」

中西 「大分はすごい空がキレイ。星を見たいな。でも寒くなったら」
篠田 「(家が)壊れるの?」客w&拍手
中西 「壊れない。確かに大分は車は凍るから、朝の通勤の時、ヤカンにお湯を入れて溶かさないといけない」

「イノシシも出るんですけど、家は壊れないです」客w

篠田 「冬といえば、洋服ですよ。着込めるし、体型、わからないじゃん」
中西 「ファッションいろいろ」
篠田 「コート着たり、隠れる」
中西 「お題、終わっちゃった。今日は何の日? レモンの日。レモンに何をかける?」
篠田 「レモンといえば、テレビジョンでしょ?」客、反応
中西 「すごいね。里菜、わからなかった」
篠田 「里菜はかぼす派だもんね」客w
中西 「レモンかけたことないもん」
篠田 「ということで、盛り上がった空気の中」客、軽くw

「後半戦はちょっぴり不良っぽく決めちゃいます」


■後半戦
◆M9「ダルイカンジ」(全員)
◆M10「Mr. Kissman」(全員)
◆M11「君が教えてくれた」(全員)
◆M12「BINGO!」(全員)

■MC3
板野、小原、大江、藤江、駒谷、中塚、佐藤(亜)、中西

駒谷 「ダルイカンジ、Mr. Kissman、君が教えてくれた、BINGO! 4曲続けて聴いていただきました」客、拍手「イェー!」


佐藤(亜) 「ハイ、ということで、今日はみなさんのこだわりについて。ともちんから」
板野 「里菜から」

中西 「ネイルするのが好きなんですよ。1ヶ月に1回、ネイルに行ってます。イェー!」
大江 「レモンはいいの? さっき帰郷のMCで」
中西 「あれ言うと、空気がサーっ」客w
大江 「すみません。空気読めなくて」

佐藤(亜) 「最近、朝バナナダイエットが流行ってるじゃないですか。バナナが売り切れて困ってる人がいるのですが、 私なりのこだわりは、絶対に朝バナナダイエットはしない」客、反応 「タッチ」客、軽くw

中塚 「バラバラなものを揃えてたくなる。几帳面なので、筆箱のペンとか」
誰か「A型?」
中塚 「そうです」

駒谷 「ひぃもダイエットなんですけど、ダイエットすると決めたら、食べないこと」客、え~
板野 「何日間食べないでいられるの?」
駒谷 「『なんとかじき』じゃなくて」客、ざわw
「量を減らす。1日1食」客、反応「慣れれば」
板野 「やせるの?」
駒谷 「胃が小さくなって、次の日から食べれなくなる」
大江 「すごい。ダイエットの仕組みって」

藤江 「クリスと一緒で、バックとかごちゃごちゃになってるとダメ」
佐藤(亜) 「れいにゃんの部屋ってキレイそう」
藤江 → 意外とそうでもない、といった感じの答え
大江 「みんな几帳面。すごいね。私、グチャグチャ・・・」

「こだわりはまゆ毛かな?」
中西 「前よりうまくなって、きれいに描けるようになった」
板野 「こっち向いて」

中西 「さ~、ともちん!」客、え~

「ごめんね、姫。かわいすぎて見えなくて」客、反応
小原 「こだわりは、キュルルンです。わかりますか?」
中西 「大丈夫?」客、軽くw
板野 「ひとつ聞いていい? 姫って学校行ってた時もそうだったの?」客w&拍手

「いくつだっけ?」
小原 「人間界ではハタチです」
板野 「この子ハタチなの? 大丈夫なの?」客w&拍手

小原&板野 → 握手
小原 「友好条約」

板野 「とものこだわりは、私の部屋だけはキレイにすること。妹の部屋とかリビングも大丈夫。自分の部屋はダメ。 時々、ゴミだけは廊下(?)に出す」客、え~ 「ともが使わなくなったバックとか。だから、超キレイ」

佐藤(亜) 「みんなのこだわりがわかったところで、以上、ビンゴチームでした」


次のメンバー入場。メンバーチェンジ。

戸島、近野、篠田、宮崎北原藤本、川崎、成田

成田 「アタシね! 聞いて。1人で初めて銀行に行ったんですよ」客、ぅお~

「お金下ろしたんですよ」客、ぅお~
「大人だなと思ったんですよ。ノンちゃんとか、つくづく思うんじゃないの?」客w
川崎 「まだ子供」
成田 「そういう感じ?」客w
川崎 「MC、全然締められないし」
戸島 「それはわかってる」
篠田 「締めはけっこう強引だよ。「盛り上がったところで」で、締められちゃう」客w
戸島 「帰郷のMCだけでしょ? 全然盛り上がってないのに、それで締めちゃう」
篠田 「けっこう使える」

成田 「ある人?」
藤本 「ハイ! 私、すごいコンブ大好きで、コンブばっかり食べてて。みゃおも好きで、 あげたら結局半分くらい食べて。みゃおがお返しくれたんですが、ほんと小さいの2枚くれて」客w 「それでも私、何も言いませんでした」
宮崎 「違うよ、違うよ。おさらちゃんのコンブは私のコンブと種類が違うから。 私のコンブはあんまり気に入らないみたいだったから、気を遣って2枚くらいしか。言ってくれれば1袋くらい」客、ぅお~
藤本 「言ったな」
宮崎 「おさらも10円のグミを」
戸島 「子供のケンカは楽屋で」客w
藤本 「大人のケンカです」
戸島 「大人のケンカに見えました?」
篠田 「子供だった」

北原 「ファミレスで、大人○名、子供○名(って書くところ)。今まではどっちに書こうか迷ってました。 わかりますか?」
篠田 「真ん中に書くよ。篠田、麻里子」
戸島 「ごめん、続けて」
北原 「大家しーちゃんとファミレスに行った時、私17歳、大家しーちゃん16歳。どっちに書く?  大家しーちゃんが「ハザマ」って書いて。店員さんが来て「ハザマ?」リアクションに困って、なかなか呼ばれなくて」
戸島 「何でみんな、しゃべった後、私の顔見るの?」客w
篠田 「まとめろよってことじゃない?」
戸島 「最近の流れはノンちゃんがまとめ役」
川崎 「えっ、知らない」
戸島 「ごめん、無理だった」
篠田 「(ノゾフィスが)赤面しちゃった」

近野 「私はサラちゃんに、子供だなと言った瞬間です」
藤本 「ハイ!ハイ! チカリナは私のことバカにするんですよ」
近野 「ハイ!ハイ! サラちゃんが私のこと」
藤本 「ハイ!ハイ! どっちかというと、私の方が大人だから、何も言わないで受け止めてあげてるんです」客、ぅお~

「私の勝ち」客w
戸島 「心の痛さを感じちゃったよ。ここはスっとひくのが大人。 でもおさらちゃんの方が大人かも」
篠田 「ここでみゃおにエアーオカリナを1曲」客、大拍手
宮崎 → 驚く

篠田 「トゥル、トゥル・・・、トゥルル・・・」マイムマイムのメロディ
宮崎 → 指の動きは大げさ気味に、ノリノリでエアーオカリナを披露。客、大拍手
戸島 「よくやった」
篠田 「無茶振りに応えたね」
川崎 「ハイ、盛り上がったところで」客w&拍手
戸島 「たしかに盛り上がったから、こういうところで使う」

川崎 「これからもがんばりますので、みなさんよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

川崎 「それでは最後の曲です。軽蔑していた愛情」


◆M13「軽蔑していた愛情」(全員)

■アンコール休憩


◆EC1「LOVE CHASE」(全員)
◆EC2「制服が邪魔をする」(全員)

■スクリーン上映

「大声ダイヤモンド」MV

◆EC3「なんて素敵な世界に生まれたのだろう」(全員)

■ラストソング終了後
横一列に並んだところで、
成田梨紗 「ハイ! 私から報告があります」

続けて、
大江朝美 「ハイ! 私からも」

次々と、
駒谷仁美 「ひぃからも」
戸島花 「私からも」
中西里菜 「私からも」

5人、センターへ。そして、


「私たち、AKBを卒業します」



成田梨紗 「やっぱり今年はいいことがありました。突然の報告になってしまったのですが、 私にとってのAKBは楽しいこと、苦しいこと、いろいろあった劇場の3年間でした。 たくさんの人にあって、貴重な体験ができました」

「でも私の勝負はここからです、、(涙)」
客「がんばれ!」

成田梨紗 「ハイ、、。ハイ、ハイ(涙)」

「私はここからなので・・・、独立して、1人でがんばっていきたいと思います(涙)」

客「がんばれ!」「リサがんばれ!」

そして「みんな応援してるよ!」客、拍手

成田梨紗 「AKBのメンバーだという誇りを持って、一生懸命がんばっていくので、これからもあたたかく見守って、 応援してくださると嬉しいです。これからもよろしくお願いします」客、拍手


大江朝美 → 終始、目には涙。でも表情は笑顔を作る感じで

「私もAKB48を卒業します。千秋楽、この近い時期に卒業することをお伝えしたことを申し訳なく思います。 すみませんでした」

「でもこれが、私にとってプラスになるように、夢を諦めたわけじゃなくて(プラスになると思って) 決めたので、だから心配しないでください」

「絶対に、夢が叶ってからこの劇場に「ほら、叶ったじゃん」と戻ってきます」

「自分の夢。そのために本当に・・・。いつまでも前向きで、永遠不滅のマイペースだから」客、拍手


駒谷仁美 → 終始、目に涙を浮かべて

「ひぃは8月に所属事務所が決まって、目標が決まってきて、もうすぐ20だし、卒業を決めました」

「今までAKBでがんばってこれたのはファンの皆さま、スタッフさんのおかげだと思ってます」

「これからも今の事務所で駒谷仁美としてがんばっていくので、これからも応援よろしくお願いします」

「12月に舞台が決まってるのと」客、反応
「来年、駒谷仁美DVDが発売されることになりました」客、拍手

「今まで以上に応援よろしくお願いします」客、拍手


戸島花 「ハイ、戸島花はですね、そうですね、何を言えば。はい」

「私はもう、、17歳の時にAKBに入って、3年経って、、(涙)」
客「がんばれ!」

戸島花 「20になって、4thリバイバルもそろそろ千秋楽、ひとつの区切りとして、ずっとやってきたわけなんですけど、 今、大学に通ってるのですが、全然夢を諦めたわけじゃなくて、、。どうしたらいいのか考えた時、17で入って、 20になって、このステージが大好きで、いろいろ学んできたので、ここで学んできたことを武器に、 この20からもがんばっていきたいと思います」

「今の時期が一番、次の一歩を踏み出す、、(涙)」
客「がんばれ!」
戸島花 「次の一歩を踏み出す時期だなと思って、卒業を決めました(涙)」

「すごいみなさんに、3年間支えてもらって、すごいメンバーとか、スタッフさんはもちろんなんですけど、 最初1人もファンがいなかったころから今まで、この3年間、いろんなことがあってもがんばってこれるものとなりました。 本当にありがとうございました。これからもどこかで会った時は応援よろしくお願いします」客、拍手大

(終始涙。途中からは話すのがやっとという感じだった)


中西里菜 → 終始、目に涙を浮かべて

「里菜は腰がちょっと痛くて、8ヶ月近く長期休養をとらせていただいてました。 4thリバイバルに参加して、やっぱり腰が痛くて、今の状況で5thステージは私には無理だと思って、 卒業の道を選びました」

「AKB48シアターは夢への通過点だと思ってます。卒業したからと言って、大分に帰るわけじゃなく、 前向きに、納得するまで夢を追いかけたいと思います。だから心配しないでください。お-いぇと一緒で(前向きに夢を追いかけます)」

「一生懸命がんばります。だから、これからも応援よろしくお願いします」客、拍手


戸島花 「ハイ、え~とですね、4thリバイバルの千秋楽で、AKB48劇場のステージを卒業するのですけど、 11月23日のNHKホールコンサートには出演しますので、そこが私たちのAKB48としての最後のステージになりますので、 ぜひ応援していただけたらと思います」

「私たちから秋元さんにお願いして、ずっとファンの皆さまに応援していただいたので、やっぱりお返しをしたい、 謝恩会みたいなものを開かせていただくことになりました。 まだ詳細は決まってないのですが、来ていただけたらと思います」

中西里菜 「残り少ない公演ですが、応援よろしくお願いします」
5人 → 礼。客、拍手。

しばらく拍手続く。


その後、横一列挨拶。公演終了。

以上。


BGM「ただいま恋愛中」

■メモ
1日支配人。

■公演後の影アナ
成田梨紗 → 諸注意

戸島花 「千秋楽まで4回もありますし、NHKホールコンサートもありますし、なんてったって謝恩会が」
中西里菜 「見に来ていただけたらと思います」
成田梨紗 「これからも」
みんなで「応援よろしくお願いします」


■1分モードの感想 その1082くらい
夜公演は麻里子様が出演。
そして、昼、おやつ公演では部分出演だった花ちゃんも、1曲目から登場した。珍しく緑のベレー帽を被っていた。

麻里子様や花ちゃんの姿を見て、昼、おやつに比べて、チームAっぽさが増したな~、なんて感じた。 序盤から大変盛り上がった。

自己紹介MCでは、リサに声援が飛んだ。

「リサちゃん、世界で一番大好き!」

少し前から聞くようになった、女性の方の声援。
リサちゃんも熱狂的なファンがついて、よかったな~と。

でも、熱く応援されても、「ありがとうございます!」ではなく、
あまり反応しないというか。照れてるというわけでもなく。

今日もその声援が飛んだ後、一応といった感じで「ありがとうございます」と言っていた。 そして、その後に「すみません」と。その時は、何で謝る必要があるのだろう?と、ちょっと気になった。

MCでは、今日は麻里子様のトークがキレていた。
みゃおが麻里子様の無茶振りに応えていた。エアーオカリナ。
ちょいとコミカルで、かわいらしかった。

ともちんの「この子ハタチなの? 大丈夫なの?」発言もおもろかった。

途中、MCで、麻里子様が「友達の、壊れたラジオさんが」と話していた。
最初、何のことかわからなかったが、そういやしほちゃんが、以前 スタッフさんに「壊れたラジオみたい」と言われた話をしていたことを思い出した。 この公演、しほちゃんは見学に来てたようで。


ラストソング、始まってすぐにリサの目に涙が浮かんだ。
里菜てぃんや麻里子など、多くのメンバーが涙を浮かべていたようだ。
終盤、亜美菜は激しく泣いていた。



そして、ラストソング発表後に、チームA初期メンバー5名卒業発表。

辛かった。。。

劇場公演の中で、一番辛かったかもしれない。

卒業は1人でさえ辛いのに、一気に5人も。しかも全員が初期メンバーである。

なんとも言えない気分になった。
悲しさというより、寂しさの方が大きかったのかもしれない。

救いだったのは、5人が前向きだったこと。
ファンとしては、劇場で会えなくなるのは寂しいが、夢を諦めたわけではなく、
これからも夢を追いかけていくということで。その点だけが救いだった。

でも、事務所がまだ決まってないメンバーもいたり、
事務所が決まっていても、外の仕事が軌道に乗ってきたわけではなかったり。

AKB48はこれからますます有名に、いい時期に差し掛かろうとしてる時期に、AKB48の方向性を築いてきたメンバーたちが 卒業というのはなんとも惜しい気がする。 外の仕事が忙しくて劇場にほとんど出ることのできないメンバーではなく、何でその5人なのか、矛盾といったものを感じた。

冷静になって考えてみると、みんないつかは卒業するわけで。
経緯は知らないが、そのタイミングが、今だったということであろうか。

AKB48として、約3年。
お-いぇと里菜てぃんは長期休養していたので、その分、ステージ回数は少ないが、 それでも300~400回くらいはステージに立ったのではないだろうか。そう考えると、 十分過ぎるほど、ステージから得るもの、学ぶものはあったのかもしれない。

でもやっぱり、なんというか。
その5人にとっては、楽しいこともあったと思うが、それ以上に 悔しさの方が多かったのではないだろうか。

その悔しさを忘れずに、これからも夢へ向かってがんばって欲しい、としか今は言いようがない。


今日で、心の中でのA1stが終わってしまった気分。
楽しかったあの頃が、完全に過去のものとなってしまったような気分である。
今も劇場は楽しいんだけど、でもあの頃は、今とは違った種類の楽しさがあった。
公演の雰囲気が違っていたと思う。アットホームであり、新鮮であり、夢と希望で満ち溢れていた。 今も、一部を除いては、夢や希望を感じるわけだけど、でも私にとっては、麻里子様を含めた、あの頃の初期メンバーたちは 今も特別な存在であった。

花ちゃんが卒業するということで、心の中のひまわり組も終わってしまった気分。
私にとってのひまわり組は、華やかだった表メンバーではなく、むしろ裏メンバーだった。 花ちゃんあっての裏メンバー公演、花ちゃんはその核だと思っていたわけで。。。


AKBが有名になっていくことは嬉しいんだけど、
有名になっていくについれて、なんか普通のアイドルになっていってしまってるような気がする。

最後に、ヤフーに今回の卒業の記事が載ってたので、リンクを張っておきます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081006-00000000-oric-ent



                 

コメント