【速報版】 横島亜衿 17歳の生誕祭レポート (卒業発表)

2017.01.06
                 
2017年1月6日 AKB48劇場 「僕の太陽」公演 18時30分開演

◆仕切り:大和田南那

ある4人の方からのお手紙 (代読:大和田南那)
亜衿! お誕生日おめでとう。

亜衿と意外と一緒に公演に出演することが多くてとても嬉しいです。

最初に会った時、絶対サバ読んでるでしょ、と思ったけど、話してみると私と同い年ぐらいに感じました。

いつも明るい亜衿、好きよ。これからもよろしくお願いします。

下口ひなな


亜衿へ

17歳のお誕生日おめでとう。

あの亜衿が17歳だなんて。私が言うのもあれですが。

亜衿とは同じ名古屋出身で、候補生の時もお買い物をしたり、ご飯を食べたり。亜衿はオシャレだから当時12歳の私にとってはオシャレなお姉さんという印象でした。

私がチームKからチームBに移籍した時はチームBで同期は唯一亜衿だけだったから凄く安心感がありました。いつもありがとう。

亜衿は色々悩んだり、考えたりして溜め込んだりするよね。

前のちょっとしたことあった時に頼ってくれて本当に嬉しかったです。だからなんかあったらいつでも頼ってね。

年下で泣き虫だから頼りにならないかもしれないけど、いつでも相談してね。隣にいるから。

これからも同じチームの同期としてお互い頑張ろうね。

改めてお誕生日おめでとう。

P.S. 亜衿はツンデレだからツンツンされて塩対応されると傷ついてしまうのでデレ多めでよろしくお願いします。

後藤萌咲より


あえりんへ

お誕生日おめでとう。

亜衿は初めて会った時から明るくて、自分らしさを持っている素敵な子だなーって思いました。

ドラフト会議で同じAKBに指名されてから一緒にいる時間も一気に増えて、同期の中でも一番遊ぶことが多かったよね。

亜衿と一緒に茶番をしたり、ふざけたりしている時間が大好きだよ。

大人っぽく見える時もあるけど、まだ17歳で、年相応に色んなことを楽しんだり、悩んだりしているあえりん。アイドルとしても1人の女の子としてもこれから選択できる未来がまだまだたくさんあると思うから、亜衿が一番楽しめる道を選んで、これからも頑張っていこうね。

改めてお誕生日おめでとう。素敵な1年にしてね。

田北香世子より


亜衿へ

お誕生日おめでとう。

もうドラフト会議から3年が経って、4年目になったね。本当にあっという間でビックリです。

オーディションの時、まだ話したこともないのに急に「これ食べる?」ってお菓子をくれたことが今でも凄く鮮明に覚えています。

最初はビックリしたけど、亜衿はオーディションの時から明るくて、みんなのムードメーカーみたいな感じで、今でもそれは変わらなくて、そこが亜衿のとってもいいところだなって思います。

オーディションが終わって、同じチームになって、まだその時は話した回数も少なかったし、ドラフト生2人で大丈夫かなってお互い思っていたけど、今となってはホテルで一緒に話したり、練習したり、たくさん2人でレッスンをさせていただいたり、凄く懐かしいし、初めてチームに入れさせていただいて活動する同期が亜衿で本当に良かったなって思います。

レッスンの時に名古屋で有名な味噌カツおにぎりを急にくれたことも思い出です。

最近はチームも違ったりでなかなか話す機会も前ほど多くないかもしれないけど、会ったらいつものテンション高い亜衿で元気が出るし、またドラフト生みんなで会って話したりしたいなーって思います。

これからもいつもの亜衿でたくさん盛り上げていってね。そしてこれからもずっとよろしくね。

改めてお誕生日おめでとう。素敵な1年にしてね。

チーム4 川本紗矢より

大和田南那「同期4人からのお手紙でした」
横島亜衿「なんかほんとに、今年誰が手紙なんだろうって考えた時にいなさすぎて、誰なんだろうってめっちゃ思ってたんですけど、私たぶんほんとにAKBグループ、ドラフト1期生がほんとに好きで。超好きなんですよ。だからほんとに嬉しかったし、またやっぱり、今回はAKBの4人だったんですけど、もっともっとほんとは同期がいるので。だから、また全員でいつかステージに立ちたいなってずっと思ってました。嬉しかった、ありがとうありがとう」
大和田南那「今日同期いるもんね」
横島亜衿「同期2人いて。何食わぬ顔でいるから全然わかんなかった。泣きそうになった。なんかわからないんですけど、私、さややに弱くて。さややのひと言ひと言が刺さる。嬉しかったです」


16歳の1年はどんな1年でしたか?
横島亜衿「16歳の1年は自分にとって嬉しかったことも、悔しかったこともほんとにたくさんあって。私にとって嬉しかったことは、去年の生誕祭の時に「たくさんの人に歌を聴いてもらいたい」って言ったんですよ。

この公演で『ヒグラシノコイ』を歌わせていただくことになってから握手会とかで「初めて歌聴いたけど、あえりんって意外と歌うまいんだね」とか、そうやって言っていただける機会がすごく増えたので、そこは私の中で凄い嬉しかったなと思うんです。

でもほんとに、16歳の1年は悔しいことめっちゃ多くて、すっごい悩んで、私あんまり仕事場で泣かないんですけど、まきちゃんもさっき言ってた通り、初めて凄い号泣をしたり、ほんとに悔しいことがあると自分の中でたくさんのことを考えるようになって、いっぱいいっぱい考えて、私は決めました! 私、横島 亜衿はAKB48を卒業します

客「えっ?」 → シーン

横島亜衿「あれ、反応薄いなー。もう1回言います。私、横島 亜衿はAKB48を卒業します

客「えー!」「ほんと?」

横島亜衿「本当です。嘘じゃないです。たぶん、急に言われてビックリさせてしまったと思うんですけど、ずっと1年前とか、もっともっと前からずっと卒業のことを考えてて。でも私はその時はまだ全然なんも考えてないようで、ほんとにAKBっていう場所が大好きで、大切な仲間に支えられて、スタッフさんもファンの方もたくさんたくさん支えてくれて、この場所が本当に大好きだったからこそ、ずっとずっとこの場所に甘えてたいなってその時は思ってたんですけど、今年16歳の1年、たくさん悩んで、まだまだ自分はほんとに子供で、もっともっとAKBだけじゃない新しい世界も、もっともっと見てみたいなって思いました。

でもこれからも芸能活動は続けていくつもりですし、これからもファンのみなさんには応援してほしいなと思います。

だから、アイドルとしてのあえりんは短いかもしれないけど、アイドルを辞めたあとの横島亜衿もよろしくお願いします」拍手

「凄い、ほんとに悩んだし、まだまだ全然この場所にいたいって何回も考えるけど、新しく踏み出すことが大切だなと思いました。大人になったよ!」

大和田南那「成長したね」
横島亜衿「成長した!」

17歳はどんな1年にしていきたいですか?
横島亜衿「17歳の1年は、AKBを卒業して、ほんとに、絶対AKBっていい場所だったなってたくさん思うと思うんですよ。でも、それをもっともっと自分で、頑張って自分でいい場所を見つけて、AKBよりも自分にとって心地良い場所を探したいと思います! 口下手でごめんなさい」


突然の発表で驚かせてしまった、こんないい生誕祭を作ってくれたファンの皆さんにお話してください
横島亜衿「いつも応援してくださって本当にありがというございます。きっとファンの方は急で驚かせちゃったと思うし、悲しいなって思ってくれる人もいると思います。

ちょっと前から決まってて、これから選挙とか「応援するよ」とか「握手会もっともっと行くからね」って、その優しさがほんとに胸に染みて、ほんとに大好きだなってみんなのことを思ってます。

だから、AKBを辞めてからもずっとずっと。アイドルが好きな方はどうやって応援すればいいかとか凄い悩ませちゃったりするかもしれないけど、そんなね、新たな一歩を踏み出した横島亜衿と皆さんも一緒に新たな一歩を踏み出してくれたらなと思います。

本当に今日は、コールとかもね、ほんとに大きくて嬉しくて。「はぁ生誕祭って感じ」ってずっと思ってました。ありがとう!大好き!」拍手

大和田南那「もう言い残したことはないですか?」
横島亜衿「ない」






C1fTymzUkAA8DZ7.jpg

C1fTym2UsAATIxs.jpg

C1fTym1UoAAq66C.jpg

C1fTym5VIAAS3gk.jpg


Google+より
横島亜衿 2017/01/06 22:30


こんばんはむかつさんど✧ \( °∀° )/ ✧

あえりんですっ🌟


今日は今年初の公演、そして亜衿の生誕祭でした~(OvO)❤

久しぶりの「僕の太陽」公演でちょっと不安だったのですが、ちゃんとできたよ😗

来てくれたみなさんが楽しそうにしてくれててとても嬉しかったよ~(⁰▿⁰)

生誕委員のみんなも、
ステキなお花とかいろいろな準備から
たくさんありがとうございました💖

お手紙はAKB48のドラフト1期生のみんなからでした
同期のみんなが大好きだからほんとに嬉しかった!
全グループのドラフト生みんなでステージに立ちたいな、


そして最後に、
AKB48からの卒業を発表させていただきました。

驚かせちゃったかな、悲しませちゃったかな…

でも亜衿は、まず最初に自分のファンのみんなにちゃんと直接伝たいなって思って生誕祭で発表させていただきました。

実は一年くらい前から、なんならそれより前から、ずっとずっと卒業については考えていました。


3年前に第1回ドラフト会議でAKB48のチームBから1位で指名をいただき所属させていただきました。

たくさん期待をしていただき指名してもらったのに、全然その期待に応えられなくて、
同期がどんどん選抜に入ったり、活躍している中、亜衿は全てがうまくいかなくって、
そんな自分がすごく嫌でした。

自分なりに色々考えて色々してみたけどぜーんぶうまくいかなくて空回りして。

そんな中でも今年は「僕の太陽」公演で、パフォーマンスをほめてもらえたり、歌が上手くなったねと少しだけど認めてもらえた事が嬉しくて、
AKB48のことが大好きで本当に居心地が良くて
もっともっと甘えていたいなあって思ってしまいました。
でもこのまま甘えてても自分にとって良くないから
自分の中で一つの目標を立てました、
17歳の誕生日までに目標を達成できなかったら卒業しようと決めました。

ギリギリまで、公演もがんばったし、SNSに力を入れたりして努力しましたが、人生は甘くなく目標を達成出来ませんでした。

でも後悔はしてません。
このタイミングでAKBを卒業することは間違いじゃないと思ってるし、
これでよかったのかなって思ってます。


亜衿にはまだまだたくさんのやってみたいことがあります。

だから夢を諦めるためにAKB48を卒業するのではなく、新しい夢を叶えるためにAKB48を卒業します!
もっともっと新しい世界を見て自分の視野も広げて見たいなあと思ってます。

まだはっきりと卒業の日程は決まっていませんが、最後の一日までアイドルあえりんとしての活動を、精一杯楽しみたいと思っています😇
だからみんなでたくさんたくさん思い出作ろうね^o^
早速明日の握手会にも来てください、(笑)

辛い時や苦しい時に、メンバーやスタッフさん、そしてファンのみなさんの支えがあったからこそ
これまで続けてくることが出来ました。

本当に心から感謝しています。
大好きだよ。

これからも横島亜衿の応援を
よろしくお願いします!

横島亜衿

170106aeri01.jpg

170106aeri02.jpg



C1fEphhUQAIU_cf.jpg

C1fErwCUcAAJyFM.jpg








本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

                 
    
2月15日発売
HKT48 9thシングル「バグっていいじゃん」 Type-A / Type-B / Type-C

2月1日発売
AKB48グループ同時開催コンサートin横浜 今年はランクインできました祝賀会/来年こそランクインするぞ決起集会 Blu-ray / DVD

3月1日発売
第6回 AKB48紅白対抗歌合戦 Blu-ray / DVD

AKB48グループ 2017年カレンダー 発売中!
【AKB48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【Team8】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別
【SKE48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【HKT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【NGT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別