【速報版】 藤田奈那 20歳の生誕祭レポート

2017.01.11
                 
2017年1月11日 AKB48劇場 チームK「最終ベルが鳴る」公演 18時30分開演

C14ugfcVQAAN_sI.jpg

◆仕切り:武藤十夢

ある方からのお手紙 (代読:武藤十夢)
なぁなへ

二十歳のお誕生日おめでとう。

やっと二十歳かー。私的には中身にまだまだ年齢が追いつかないなと、そんな印象です。

なぁなの生誕祭のお手紙を書いてほしい。この依頼が舞い込んできた時は本当に驚きました。私ですか?って何度もマネージャーさんに確認したよ。たくさんのメンバーがいる中でグループの垣根を越えて私との関係を認めてくれている方がいたこと、本当に嬉しく思います。

なぁなと仲良くなったきっかけは、何だっけ? 思い返したけど、本当に思い出せない。カメラロールやブログを掘り返してみたけど、見つかったのは「私たちって顔が似てるよね」って言いながら撮った写メだけ。

普段は「わーわー」騒いでうるさいし、一度笑い出したら止まらないし、本当にどうしようもないけど、いざという時には本当に頼りになる存在です。

なぁなと初めて一緒にAKB劇場のステージに立ったダンス選抜公演。本番までに覚える曲も多くて、何回やっても同じところでつまづいて踊れない私に何十回、何百回と練習に付き合ってくれたよね。Escapeは踊れるのにUZAが踊れないのって本当におかしいよねって、耳にタコができるくらい言われました。

あの期間は毎日遅い時間まで練習して、そのあと一緒にファミレスでご飯を食べて、次の日、早く集まって、ファミレスに行ってからレッスンに行って、そのあとまたファミレス。毎日のように一緒にいたけれど、話す内容はほとんど仕事のこと。どんな時だってなぁなはステージに対して凄く熱心でした。

公演に対する熱が尋常じゃない。観に来てくださるファンの皆さんにお届けするステージの質を第一に考えながら取り組んでいること。今自分の立っているステージへの感謝の気持ちを決して忘れないこと。普段は大学へ通いながらきちんとスケジュールをこなし、時にはレポートに追われながら、「自分で選んだ道だから」とどちらの活動も120%の力で頑張っていること。私、こんな人と一緒にステージに立てること、公演に出れることがとっても嬉しかったです。

もし同じグループ、同じチームで出会えていたらって何度も思ってしまうほど、なぁなは何度も私に刺激を与え続けてくれている。本当に素敵な人です。

なぁなは人の話を聞くのが上手です。いつも丁寧に耳を傾けてくれます。それは、人を思いやる気持ちがなければできないこと。だから、なぁなの周りにはいつもたくさんの仲間があふれているんだなと思っています。なぁなの優しさにみんなが助けられて支えられています。私もその1人です。

いつも私の話を聞いてもらってばかりだから、お互い違うグループだからこそできる話も普段からたくさんあると思うし、いつだって私を都合のいい捌け口にしてくださいね。

これからもひたむきに、まっすぐに、自分の信じる道をひたすら突き進み、夢を追うなぁなの背中をすぐそばで応援させてください。

最後になりましたが、お手紙を任せてくださった生誕委員の皆様、本当に本当にありがとうございました。滅多にないこんな機会を用意してくださったことに心から感謝します。

なぁなの二十歳の1年がキラキラした星のように光り輝く1年となりますように。

名古屋から愛を込めて。

SKE48キャプテン・斉藤真木子より

藤田奈那「あーあー、真木子。ありがとうございます」
武藤十夢「真木子さんからでした」
藤田奈那「読めたね」
武藤十夢「緊張した。字ちっちゃいし」
藤田奈那「真木子、そうなんです、私のファンの方は知ってくださってると思うんですけど、ほんとに仲が良くて。ダンス選抜公演の時は1日2食同じファミレスに行き、朝と夜必ず2人でご飯をレッスン中に食べてたんですよ。ほんとに仲良しで」
武藤十夢「私、公演前にLINEがきたんですよ、真木子さんから。で、「出る?」って言われて「出る。読むね」って言ったら「よろしくね。なぁな、誰だと思ってる?」「何にも言ってなかったよ」「そっか」って」客笑
藤田奈那「全然予想もしてなかった。凄くLINEも頻繁に普段からしてて、全然そんなようなこと言ってなかったので。でも嬉しいです。私、真木子の書く文章が大好きで。感動するんですよ。ありがとうございます」


二十歳の1年はどういう1年にしたいですか?
藤田奈那「そうですね、私、19歳の年がけっこう自分的には充実していたなと思っていて。まず1月のリクアワでは右足エビデンスをアンコールで何回も歌わせていただいたりとか、じゃんけん曲のセンターたくさんやらせてもらったりとか、ファンの方が凄く喜んでくださって。私がコンサートでセンターをやるなんて前代未聞なんですよ、私のファンの方からしたら。ビックリなことで。私もビックリだったんですけど。1つ1つのことをみんなが喜んでくれて本当に嬉しかったです。

あとは舞台も2本出演できて。お芝居も歌も両方改めて勉強させていただいて、本当に刺激的な1年だったなと思っています。

でも、思い返してみたらそれがけっこう上半期だけのことで、下半期凄く私、何もできなかったなって思ったんですよ。(お客さん)笑ってるし、たぶんほんとにそうだったと思うんですけど(客笑) けっこうそうなんです。だから偏っちゃったなとかも思ったんですけど、だから二十歳の年は1年間を通してずーっと充実させたいなと思っていて。

やっぱり節目の年でもありますし、色々将来のこととかもちゃんと考えなきゃいけない年齢になってきてるんですけども。だから最近卒業の心配を凄くされるんですが、私は今卒業したら絶対に後悔すると思うのでまだ卒業しません」拍手

「私はもっとグループに必ず何かを残してから絶対卒業したいと思っているので、まだこの状態では卒業できないなと思っているので、それに関しては今年も安心していてください」拍手

「今年はですね、私はやっぱり将来舞台に立ち続けたいなと思っているので、将来に繋がるような力をしっかり自分につけていく年にしたいなと思っています。

でも、それだけじゃなくて、やっぱりAKBのメンバーとしてもっともっと頑張らなきゃいけないなと思うので、立てた目標はAKBのパフォーマンスでメンバー一番になりたいんです」おー&拍手

「なので、私はもう7年目でずっと劇場を一番大切にしてきたんですけれども、今年も劇場第一で、他にも頑張らなきゃいけないことたくさんあるんですけど、まずは劇場でパフォーマンス、AKBのパフォーマンスと言えばって言った時に名前があがるようなメンバーになりたいなと思っています」拍手

市川愛美「たぶん皆さん思ってると思うんですけど、ほぼなってますよ」
藤田奈那「いや、自分的に全然まだ誇れるものがパフォーマンスでも全然なくて、まだまだダンスも全然だし、歌も全然だし、表現も全然だしって思ってるので、まだまだ今年はどんどん上を目指してパフォーマンスを極めていけたらなと思っております。頑張ります」拍手


こうしてお祝いしてくださった皆さんにひと言
藤田奈那「私、本当に毎年生誕祭がほんとに楽しくて楽しくて。毎回必ず絶対に期待以上に盛り上げてくださるし、楽しませてくださるのでほんとに毎回毎年幸せ、今年もほんとに幸せでした。

今日もovertureの時からたくさんのたくさんの方が私の名前を呼んでくださって。そのコールが大きすぎてまりやんぬさんが踊るの遅れちゃったんですよ、最初」客笑
鈴木まりや「でもね、ちぃちゃんも遅れてたので」
中田ちさと「言わなくていいから」
藤田奈那「私の前で、けっこう皆さんの声が凄く大きかったので、イントロが聞こえなくて。みんなが踊ってるのに年長者のお2人が」
鈴木まりや「そう、年齢層高めなメンバーには聞こえなくて」
中田ちさと「まったく聞こえなかったわ」
藤田奈那「入れなかったくらい最初から盛り上げてくださって、ほんとに楽しかったです。ユニットのペンライトの色も私の大好きな星組カラーの青で」
武藤十夢「ピンクじゃなくて凄いビックリしたの、私」
藤田奈那「私の大好きな星組さんの青なんですよ。かな?って思ったんですけど合ってますか?」
客「その通り」
藤田奈那「ほら、良かった。私の大好きな青で、ほんとに幸せでした。そうですね、私のファンの方はほんとに公演を大切に思ってくださってる方が多くて、ほんとにほんとに今日も幸せでした。

普段あまりうまく言えないんですけど、私にとって皆さんはほんとに1人1人が宝物で、私の原動力で、ほんとに私の人生になくてはならない存在だと思っています。なかなか目立つこともできない私を飽きずにずっと応援してくださってほんとにありがたいなっていつも思ってます。

二十歳の1年は、これからもずっとなんですけど、皆さん1人1人に幸せを届けられるように、私にかかわってくださるすべての方に幸せになっていただけるようにこれからも精一杯AKB48のメンバーとして、そして1人の人間としてもしっかり成長して頑張っていきたいと思います。皆さん大好きです。ほんとにありがとうございました」拍手

武藤十夢「ほんとにしっかりしてるよねー。二十歳とは思えない」
藤田奈那「でもけっこうね、生誕祭は毎年ここに来てから言うこと考えるのよ。その時思ったこと言いたいなと思って。今年は凄いスラスラ言えた」
武藤十夢「それだけ思いが強いってことですかね」
藤田奈那「十夢にもこの能力をあげたい」客笑
武藤十夢「ほんとに分けてほしい」
藤田奈那「でもほんとにね、皆さんが盛り上げてくださってほんとに幸せでした。年明けからね、こんな幸せを頂いていい1年になりそうです。皆さんほんとにありがとうございました」


C14yKJ9UsAAL_Nk.jpg

C14yMWtUQAAmjOE.jpg









本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

                 
    
12月21日発売
AKB48じゃんけんユニットシングル「逆さ坂」


12月28日発売
NMB48「僕以外の誰か」 Type-A / Type-B / Type-C / Type-D

1月25日発売
AKB48 8thアルバム「サムネイル」 Type-A / Type-B

2月15日発売
HKT48 9thシングル「バグっていいじゃん」 Type-A / Type-B / Type-C

AKB48グループ 2017年カレンダー 発売!
【AKB48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【Team8】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別
【SKE48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【HKT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【NGT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別