【速報版】 菅原茉椰 17歳の生誕祭レポート

2017.01.18
                 

2017年1月18日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 18時30分開演

170118 (619)

◆仕切り:後藤楽々

ある方からのお手紙 (代読:須田亜香里)
茉椰ちゃんへ

17歳のお誕生日おめでとう。

誰からかわかるかな? 書いてる私もきっと私だろうなって思ってたから「手紙書いてください」って連絡がきた時「うっしゃ! キター!」って思ったよ。

先に謝っておくと、レターセットというものが家に無くて、手書きじゃなくてごめんね。今度可愛いとびきりのやつを買って、改めてお手紙書きます。

16歳の1年はどうでしたか? 思い返してみたら嬉しいこと、悔しいことあったね。特に後半かな? 悔しい思いをたくさんしたのを知っています。

チームが違うからなかなかそばで活躍を見たりとか、どういう感じでやっているのかわからないけど、茉椰ちゃんとチームを超えてここまで仲良くなれていることに私は素直に嬉しく思っています。「妹ができた」そんな感覚です。

17歳になった時は、持っているのか、持っていないのか、風邪ひいちゃったね。すんごい心配しました。でも、もう治ったから美味しいご飯をたんと食べさせてあげたいです。今度2人でご飯行こうね。

直接言ったことないけど、私がSKEでいるうちに叶えたい夢の1つは茉椰ちゃんと一緒に選抜に入ること。チキンLINEの時は悔しいっていうより嬉しいって気持ちのほうが大きかったかな。いつものふにゃふにゃの菅原じゃなくて、かっこいい菅原を見られて、親でも姉でもないけど感心しました。

リハーサルとかで踊ってると自然と一番に見つけて見ちゃうのは菅原だったもん。カッコ良かったよ。

菅原って本当は凄く悔しがりで、落ち込みやすくて、悔しいことがあると寂しそうに言いに来てくれたり、でも嬉しいことがあるとすんごい笑顔で報告してくれたり、起伏の激しい人だなって思いながらも、そんな姿も可愛いって思っちゃいます。これからも何でも報告しに来てください。

ファンの皆様、白いし、細いし、へにょへにょしてるし、たまに何言ってるかよくわからないけど、熱い心を持ってて、強い意志を持った性格の彼女から離れたりよそ見しないで、これから更に加速していく菅原の勢いを一緒に見守っていただけたら嬉しいです。それに、私に似てメンタルも弱めなので優しくしてあげてください。

プライベートじゃ絶対に言わないような、いや、言えないような言葉や気持ちもこうやって文字にしたら素直に伝えられることもあって、そのタイミングを与えてくださったファンの皆様、本当にありがとうございます。

あっ、ホテルが同室でどちらかが先に出て行く時、必ず置き手紙をお互いに残して出て行くよね。それ、嬉しいから手帳に挟んで取ってあるよ。また同室の時はよろしく。なんかカップルみたいだね。

んー、改めて思うけど、何書いたらいいかわからない。だからもう終わるね。これで尺取っちゃうし、言い足りないことは直接伝えます。

あっ、今日本当は観に行きたかったんだけど、都合がつかず、後で配信で観ることにします。この後も頑張ってね。

ということで、17歳、本当におめでとう。茉椰ちゃんにとって1年後、いい1年だったって笑顔で言えるように17歳も頑張っていこうね。

P.S. 氷の食べすぎにはほんと気をつけてください。でも、氷食べてる時の顔が一番可愛いよ。

チームKII 日高優月より


お手紙の感想だったり、ファンの皆さんへ伝えたいことをどうぞ言ってください
菅原茉椰「今日はこんな素敵な生誕祭を開いていただきありがとうございます」拍手

「チームKIIの日高優月さんにお手紙を書いてもらえるのは凄い嬉しくて。きっと菅原が優月さん好きアピールをたくさんしてるからファンの方もきっと菅原が優月さんのこと凄い好きなんだなってわかるからきっと優月さんにしたんだと思うんですけど。

よく話すのも優月さんで、なんか顔が似てるって前までは言われてたんですけど、この頃は言われなくなっちゃって、なんか姉妹感無くなっちゃったのかなって凄い思ったりするんですけど。まぁそれもそれでいいかなって思います。

ほんとに今日来てくださいって言ったんですけど、やっぱ都合が合わず来てくれなかったんで、ほんとにちゃんとDMMで、DMMを何回も観てもらって、定点カメラもあるのでそちらのほうでも観てもらったらいいなって思います。はい、優月さんについて後でメールしたいなって思います。

17歳の目標は、期待に応えられる子になることです(涙)

去年の1年を振り返って、トントン拍子でうまいことが、選抜に入ったり、昇格したりとか、凄い思うように、こうなったらいいなと思うことがポンポンと進んでいって。

だけど、チキンLINEの選抜に選んでもらったんですけど、結果を残せずに次のシングルの「金の愛、銀の愛」のシングルでは選抜落ちをしてしまって、その発表があった日に握手会があったんですけど、ファンの皆さんの前で泣いてしまって本当にすみませんでした。

次のシングルが発売される時に、凄いファンの方からきっと菅原は落ちるだろうみたいなのが書いてあったりして、そういうコメントを見て、そう思われてるのが凄い悔しかったですし、自分も次のシングルはきっと落ちるだろうなって思ってしまった自分がいて、凄い悔しくて・・・。悔しかったです。

えっと、それに、選抜入ってても。まぁ入れるだけ凄いありがたいことなんですけど、なかなか隅っこのポジションでいて、目立つこともできず、本当に結果が残せなくて、皆さんが「選抜入ったから頑張ってね」って言ってくださったのに、頑張れなくて、その期待に応えられなくて悔しかったです。

だけど、悔しいこともあったんですけど、やっぱり落ちちゃったのには自分の実力不足だったので、それは仕方ないなって思いますし、それに新しく入った初選抜の方とかが入って、凄い自分も悔しかったんですけど、やっぱ今まで入ってなかった人が入って、凄い嬉しかったんで、その時の、もう何言ってるかわかんないや。ファンの人とかも「初選抜、わー!」みたいな、なったじゃないですか。それが凄い、なんかやっぱ、期待されてたからそういうかんせい? かんせん?」

客「かんせい」

菅原茉椰「歓声が起きたんだなって思って。だから菅原も次のシングルでは選抜メンバーに戻って、その歓声?をされるように頑張りたいなって思います」拍手

「あと、けっこう負けず嫌いなところがあるので、やっぱり同期の子とかが自分より、優れてるから前にいるんだと思うんですけど、そういうのを見て凄いいいなって思ったり、悔しいなって思うので、今年はそう思わないようにもっと頑張って、もっと前のほうで踊れるようにしていきたいなと思います。あとは、菅原は宮城県出身なので、もっと宮城の仕事がくるように頑張ります」拍手

「はい、そんな感じです。ありがとうございました」

※6分ちょうど

佐藤すみれ「花冠さ、ずんだ色みたいで可愛いね。仙台でしょ?」
菅原茉椰「そうなんです、宮城県出身なんで。そんなずんだ色してますか?」
佐藤すみれ「凄いずんだだよ」


一列礼後、捌ける直前に
菅原茉椰「もう1つ目標が言ってなくて。背筋ピンで頑張っていきたいなと思うので、猫背になったら是非言ってください。な感じで今年もよろしくお願いします」



C2cCtCSWIAErt2r.jpg













本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND