【速報版】 野村実代 14歳の生誕祭レポート

2017.02.05
                 
2017年2月5日 SKE48劇場 研究生「PARTYが始まるよ」公演 17時開演

170205 (65)

◆仕切り:片岡成美

ある方からのお手紙 (代読:井上瑠夏)
実代へ

14歳のお誕生日おめでとう。

お母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。

2003年2月1日、実代は野村家の次女として生まれました。

小学生になる頃までは体が弱く、何度も入退院を繰り返していましたが、今ではこんなに激しくダンスが踊れるまでに成長して、毎日元気に過ごすことができて嬉しく思います。

実代は性格も明るく、難しいも多く、特に私を困らせることもなく、ワガママを一切言わない良い子。

でも本当は甘えるのが下手で、頑固で、何でも我慢してしまうタイプだから時々「大丈夫かな~?」と心配になります。

でも、5月10日のドラフト会議の時だけは違っていましたね。なりふり構わず泣いている実代のあんな姿を見て、お母さんもとてもつらかったです。家族みんなあの日のことは一生忘れることはないでしょう。

次の日の5月11日の朝、お姉ちゃんが泣いている実代になんと言ったか覚えていますか? お姉ちゃんは泣きながらひと言「ごめんね」と実代に謝っていました。

でもオーディションを受ける時、もしも2人のうちどちらかが受かっても応援すると最初に約束していたから、実代はちゃんとその約束を守って、お姉ちゃんのことも気持ちを切り替えて応援していましたね。

こうして乗り越えてきた約1年半。SKE48さんのオーディションがこんなにも早いタイミングであるとは思いもしなくて、お母さんは正直受けさせるべきか本当に悩みました。でも実代の中に「受けない」という選択肢はありませんでしたね。

今こうしてステージに立つ実代の姿を見ることができて、お母さんは心からほっとしています。

でも、ここがゴールではありません。きっとこれから色々悩み、苦しむ時もあるでしょう。自分の存在すら否定したくなる時もあるかもしれません。でも、そんな時は思い出してください。ここに立てることは当たり前ではないということ。たくさんの人に支えられて自分が存在しているということ。ファンの方がいつも応援してくれてるということ。実代ならどんなことも乗り越えることができると思います。

最後になりましたがファンの皆様、スタッフの皆様、メンバーの皆様、本日は娘のためにこのような素敵な生誕祭を企画し、開催していただき誠にありがとうございます。こんなにたくさんの方にお祝いしていただいて、娘は幸せ者です。これからも娘の成長を温かく見守っていただけたらと思います。よろしくお願いします。

母より

野村実代 → 涙


今のお手紙の感想や今年の抱負をお願いします
野村実代「まず、私を産んでくれて・・・(涙) 泣かないって決めてたのに泣いちゃったんですけど。

お母さんに「お母さんがお手紙書いてるの?」って訊いたら「違うよ」ってずっと言ってたから、お母さんじゃなくて他の人だと思ってたから凄いビックリして涙が出てきちゃったんですけど、ドラフト会議のこととか思い出しちゃうし、やっぱり涙は堪えられなくて。

私はAKB48グループドラフト会議を受けて、水野愛理ちゃんと仲良くなって、お姉ちゃんも一緒に受けて、私だけ指名されずに仲が良かった愛知県から指名された子も私以外は全員指名されて、私だけ悔しい・・・私だけじゃないと思うけど、凄い悔しい思いをして。お姉ちゃんが「ごめんね」って言った時は姉妹2人で泣いて、絶対リベンジしようねって決めたし。

でもお姉ちゃんの活動を見てて、どれだけ現実が厳しいかはわかってたから自分自身ももしオーディションを受けて、もし受かったとしても、その現実の厳しさに耐えられるかどうかわからなくて。今、その状況にたっていて。

でもこうやってステージに立って、ファンの皆さんがサイリウムとかうちわとか振ってくれたり、近くでみんなが支えてくれたり。私はこのグループに入って後悔してません」拍手

「よく器用そうに見られたり、「完璧だよね」とか言われるんですけど、実際はそんなことなくって。さっきも手紙にあったように甘えるのも下手だし、どうしても人に性格が悪そうに見られちゃったりして」

客「そんなことないよ!」

野村実代「ありがとうございます。そうなんですけど、やっぱり自分1人では何もできなくて、もっともっと上に行って、センターに立ちたいとか思うこともあったけど、やっぱり自分1人の力じゃ上がっていけなくて。やっと「Gonna Jump」でセンターをやらさせていただいて、その時にセンターの大変さとか知って、私はまだまだ努力不足だなと思って。

ファンの皆さんにもドラフト会議から待たせちゃったのに、こんな結果で終わらせたくないなと思ってて。私はもっともっと上を目指したいので、皆さん、私に力を貸してください」拍手

「でもいつかは、もっともっと上に行って、いつかは自分の力で何でもできるように、強く生きられるように頑張ります。なので、これからも野村実代に力を貸してください。応援よろしくお願いします」拍手

「ほんとに、こんな素敵な生誕祭を開いてくれて、大変だったと思うんですけど、ありがとうございます。そばで見ててくれたメンバーのみんなもほんとにありがとう。これからも迷惑かけちゃうことがたくさんあると思うけど、よろしくお願いします」拍手

片岡成美「言い残したことことはないですか?」
野村実代「はい、ないです」
片岡成美「実代ちゃんは私と同い年なんですけど(ざわw) 見た目はわかると思うんですけど、中身も凄い大人で、凄い尊敬してるんですけど、まだ私たちの前でも14歳らしいとこが見れるようにまだ仲良くなっていきたいと思います。これからも実代ちゃんとSKE48研究生の応援をよろしくお願いします」


一列礼後、捌ける直前に
野村実代「みんな見てる」客笑 ※メンバーたちが袖から覗く

「今日はこんなに素敵な生誕祭を開いてくれて、ほんとにありがとうございました」拍手

「本当に私はドラフト会議で落ちてからこの夢を描き続けて、夢が叶って、こんな素敵な生誕祭を開いてもらって」

客「待ってたよ」

野村実代「ありがとうございます。この夢を追いかけ続けて、やっと叶ったから、ここがゴールだと思わずに、ここからがスタートだと思うので、これからも私に力を貸してください。応援よろしくお願いします」拍手



C34Sq9EVMAENwOY.jpg

C34StquUMAAsuJT.jpg
























本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND