【速報版】 東由樹 21歳の生誕祭レポート

2017.02.27
                 
2017年2月27日 NMB48劇場 チームN「目撃者」公演 18時30分開演


◆仕切り:谷川愛梨

あるからのお手紙 (代読:古賀成美)
由樹ちゃんへ

なぜ今日私はそこにいないのでしょうか。

こんばんは三田麻央です。

最初に1つ謝らせてください。生誕のお手紙、私が書くってうっかりバラしてごめんね。

東由樹「知ってました」

あのあと必死にごまかしたけど、今年は三田が書かせていただきます。

この1年本当にたくさんのことがあったね。

この場を借りてもう1度言わせてください。ゆきつんカメラカレンダー発売おめでとう!

この朗報を由樹ちゃんが連絡してくれた時、本当に自分のことのように嬉しかったです。

由樹ちゃんは普段から人一倍周りを見てて、そんな由樹ちゃんだからこそ、何気ないその場だけのメンバーの素の顔が撮れるんだと思います。

もうそれは東由樹の立派な武器だから、胸を張ってこれからも由樹ちゃんにしか撮れないメンバーの顔を私たちに見せてください。

そして、1年の中で切っても切り離せない組閣の話。本当に由樹ちゃんと同じチームで良かった。由樹ちゃんと一緒じゃないと、誰が私のワガママを聞いてくれるんですか。

それは置いといて。

Nに決まった時、私に「MC喋れんくなる。頑張らないと」って言ってたけど、由樹ちゃんは由樹ちゃんのままで大丈夫だよ。

周りを見てるからこその由樹ちゃんのタイミングがあると思うし、お喋りは旧Mで鍛えられてるから大丈夫。由樹ちゃんは由樹ちゃんのペースで。

考え出すと悪いほうに考えちゃう癖があるから、その時は三田を呼んでください。

あと最後に1つ。いつも私の味方でいてくれてありがとう。つらい時とか悲しい時にほしい言葉をスッとくれる由樹ちゃんに何度も助けてもらいました。そういう人がいてくれるだけで、どんなことでも頑張れちゃいます。

由樹ちゃんにとって私がそういう存在になれてたらいいな。

これからもまおつんコンビ、末永くよろしくね。

21歳のお誕生日本当におめでとう。

大好き!

三田麻央より

P.S. せっかく同じチームになったんやから、恵ちゃんや私についてきてもらわずに、彩さんと喋れるようになろうね。

客「ひゅ~」
メンバー「顔が赤いぞ」
谷川愛梨「キッスしーや、キッス」
山本彩「お前誰やねん」


ご家族からのお手紙 (代読:松村芽久未)
由樹へ

21歳のお誕生日おめでとう。

ふぅちゃんの撮影から始まり、恵ちゃんの途中下車にも少しお手伝いをさせてもらったり、そして今年はゆきつんカメラを使っていただいたNMB48のスクールカレンダーが発売されて、応援してくれている皆さんに嬉しい報告ができて、いいスタートが切れましたね。

由樹が撮ってきた写真をこうして形にしてもらえたことが本当に嬉しく、感謝しかありません。かかわってくださった皆様、本当にありがとうございます。

あっ、まだまだ絶賛発売中なので、買われていない方はこの後すぐチェックしてくださいね(ハート)

嬉しいことや楽しい時間は一瞬で、それを実感実現するための時間は何倍も長く、つらいことも多くて、気持ちを維持するのは大変です。

でも、その時間が長い分だけ達成した時の充実感は大きいと思うので、挫けず、もしかしたら結果がもうそこまできているかも知れない。

努力をしたからといって必ず結果がついてくるわけではないけど、取り組まないと報われることは無いからね。何事も自分次第。自分との戦いなのです。

改めて、21歳のお誕生日おめでとう。支えてくださるファンの皆さんやスタッフさんへの感謝の気持ちをいつまでも忘れないように。応援している方にまた嬉しい報告ができるように頑張ってね。

生誕祭にかかわっていただいた皆様、ずいぶん前からたくさんの時間を費やしていただいて、言葉に表せないくらい感謝しています。本当にありがとうございます。

この場にいらっしゃらない皆様にも心より感謝を申し上げます。

いつになったらスレンダーな東由樹に生まれ変わるのかな。(客笑) まぁ、ぷにぷに由樹も1つの個性になりつつあることも否めないのが何とも言えませんが、これからもアイドル東由樹をよろしくお願い致します。

そしてメンバーの皆様、これからも突然カメラを向けることがあると思いますが、温かい心で見守ってください。よろしくお願いします。

P.S. さや姉のダンスに心を奪われているお母さんより

山本彩「お母さん、お母さーん」
谷川愛梨「親子で取り合いか?」客笑


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:三田麻央)


誕生日を迎えた由樹ちゃんから、ファンの皆様に喋りたいだけ、全部思いの丈を喋っちゃってください
東由樹「まず、こんな素敵な生誕祭を企画してくださり、今日この公演を見てくださっている皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「二十歳の1年を振り返ってみると、ふぅちゃんのを撮らせていただいたり、恵ちゃんの途中下車をかかわらせていただいたりとかは、をさせていただいたりはしたんですけど、自分のしたいことを、んー、思い通りというか、目標達成っていうのはできない1年間だったんですけど。

でもその中でも去年の生誕祭かな? に、「ゆきつんカメラ写真集を発売する」と言ってから、ファンの皆さんだったりメンバーだったりが色んなところで私の、そのゆきつんカメラの話をしてくれたり、それで知って見てくれたりする人が増えて。

去年の目標で、写真発売とはならなかったんですけど、今年NMB48スクールカレンダーを、ゆきつんカメラを使って、発売させていただくことができたので、ちょっとでも目標に近づけているのかなと感じています。

ゆきつんカメラのことでファンの方は「メンバーのことを見るのはいいけど、私が少ないからもっと見たい」とか言ってくださるんですけど。私、このNMB48たぶん6年ぐらいやってるんですけど、凄い撮られるの苦手なんですよ(笑)

でも、その見られるのは別に嫌じゃないけど、なんか矛盾してるんですけど。

私が撮った写真を見て、メンバーに興味持ってもらって、NMB48に興味持ってもらって、私の写真、右下に『yukitsun.』って入れてるんですけど、それを見て「これ何やろう?」とか「誰が撮ったんかな?」って思って、それを見て私が撮ったっていうのを知っていただけたら、そのメンバーのこともNMB48のことも私のことも同時に知っていただけるのが、凄い一番の理想です。

二十歳の1年で、私はしたいことがいっぱい増えて。もちろんゆきつんカメラ写真集発売だったりとかもそうですし、もっと欲を言えばNMB48のシングルのジャケットを任せてもらえるような、写真を撮れるように、とも思ってて。

あとは、ずっと言ってるんですけど、お芝居も挑戦したいなと思ってるんですけど、今一番叶えたい目標は何?って聞かれた時に「やっぱりゆきつんカメラ写真集を発売」っていうのが一番に出てきて。

私は、今たくさんのことを学べる環境だったり、自分の思ってることを発信できる環境とか、凄い幸せでありがたい環境に今いて、活動させていただいてることに凄い感謝しているんですけど、私がしたいことを言ったからといって、絶対に叶うということは無くて、1つのことにちゃんと向き合って努力していかないと掴めないものなので、私はそこまでいっぱい目標を言って、ちゃんと全部こなせるような器用な人ではないので、まずは1つずつちゃんとクリアにしてから前に前に進んでいきたいなと思います。

さっきも三田、手紙で言ってたんですけど、チーム組閣して、私は4年ぐらいチームMで活動させていただいてて、今年になってチームNとして活動させていただいて、ほんまにふと周りを見てちゃんと考えたら、もう今はメンバーが5期生まで増えて、私は2期生で、みんなをちゃんと引っ張っていかないといけない先輩という立場なんですけど、ほんとにずっと周りのメンバーに甘えてきて。

パッて見た時、メンバーの1人みたいな感じかなっていうのが凄い思ってて。

私はすぐ何でも挑戦する前にまずマイナスなことを考えて、あれできないこれできないとかしないっていうのをバッて言っちゃうんですけど、もうそんな考えはやめて、まずは行動して、何でも掴みにかかる勢いでどんどん前に進みたいなと思ってて。

ちゃんとメンバー1人1人が輝ける個々として。それは個人個人のペースにはなっちゃうんですけど、輝ける場所だったり、今ではチームNのキャプテン、副キャプテンにずっと任せっきりにするんじゃなくて、私も先輩としてみんなに頼りにされたり、頼られる先輩になれるように。なれるようにっていうか『なる』ので、なのでしっかりして、これからもNMB48の活動に力を入れて、そしてNMB48の戦力になれるようなメンバーになりたいと思います」拍手

「あっ、すみません、ありがとうございます。私、ガミガミ言われるのが凄い苦手で」
谷川愛梨「それは誰に向けて言ってる? ママ? 先生?」
東由樹「ファンの方も凄い私のことを思って言ってくださるんですけど、握手会に来てくださった方わかると思うんですけど、凄い顔に出ちゃうんですよ、私」

客「知ってる」

東由樹「ねぇ。だからそれはもうほんとにもう、そういうのは子供やなと思うので、ちゃんと全部受け止めるので (おー) でもオブラートにちゃんと包んでください」客笑

「ちゃんと受け止めるので、これからも厳しく温かく応援してくださると嬉しいです。ありがとうございました」

※7分14秒

谷川愛梨「どう? 言いたいこと全部言えた?」
東由樹「はい。でも絶対ほんとに、写真集は今年の目標なので、もっとメンバーのいい表情を撮れるように」
谷川愛梨「メンバーも凄いね、期待してるしね」
山本彩「私らも私らでゆきつんの写真いっぱい撮らなあかんな」拍手


Google+より
金子剛 2017/02/27 22:14

27日(月)
チームN『目撃者』公演
本日は、東由樹 21歳の生誕祭!!



セレモニー手紙は三田麻央より(代読:古賀)
「この1年、本当に沢山の事があったね。
この場を借りてもう一度言わせてください!
ゆきつんカメラカレンダー発売おめでとう!!!
この朗報をゆきちゃんが連絡してくれた時、本当に自分の事のようにうれしかったです!!
ゆきちゃんは普段から人一倍周りを見てて、そんなゆきちゃんだからこそ、何気ないその場だけのメンバーの素の顔が撮れるんだと思います。
もうそれは『東由樹』の立派な武器だから胸をはって、これからもゆきちゃんにしか撮れないメンバーの顔を私たちに見せてください!!
そして1年の中で切っても切り離せない組閣の話。
本当にゆきちゃんと同じチームで良かった!!
ゆきちゃんと一緒じゃないと誰が私のわがままを聞いてくれるんよな!!(笑)
それはおいといて、
Nに決まった時、私に『MC喋られへんくなる…がんばらないと…』って言ってたけど、ゆきちゃんはゆきちゃんのままで大丈夫だよ!!
考えだすと悪い方に考えちゃうクセがあるから、その時は三田を呼ぶ事!!
後、最後に1つ。
いつも私の見方でいてくれてありがとう。
辛い時とか悲しい時にはほしい言葉をスッとくれるゆきちゃんに何度も助けてもらいました。
そういう人がいてくれるだけでどんな事でもがんばれちゃいます!
ゆきちゃんにとっても私がそういうそんざいになれてたらいいなあ!!!
P.Sせっかく同じチームになったんやから、けいちゃんや私に付いて来てもらわずに、さやかさんと喋れるようになろうね(笑)」



続いての手紙は東のお母様より (代読:松村)
「ふうちゃんの撮影から始まり、けいちゃんの『途中下車』にも少しお手伝いさせてもらったり、そして今年はゆきつんカメラを使って頂いたNMB48のスクールカレンダーが発売されて、応援してくれている皆さんに嬉しい報告ができて、いいスタートがきれたね。
由樹が撮ってきた写真をこうして形にしてもらえたこと本当に嬉しく感謝しかありません。関わってくださった皆様、本当にありがとうございます。
あっ、まだまだ絶賛発売中なので、買われてない方はこの後すぐチェックしてくださいね♡
嬉しい事や楽しい時間は一瞬で、それを実感、実現するための時間は何倍も長く、辛い事も多くて、気持ちを維持するのは大変。
でも、その時間が長い分だけ達成した時の充実感は大きいと思うので、くじけず、もしかしたら結果がもうそこまで来てるかもしれない。
努力をしたからといって、必ず結果がついてくるわけではないけど、取り組まないと報われることはないからね。
いつになったらスレンダーな東由樹に生まれ変わるのかなぁ?
まぁプ二プ二由樹も1つの個性になりつつあることも否めないのが何とも言えませんが、これからもアイドル東由樹を宜しくお願い致します。
そしてメンバーの皆様、これからも突然カメラを向けることがあると思いますが、温かい心で見守って下さい。宜しくお願いします。」


本人コメント
「ハタチの1年を振り返ると、自分のしたいことが思い通りに目標達成できない1年でした。
ただ今年、ゆきつんカメラスクールカレンダーを発売できて、ちょっと目標に近づけたと思います。
私のファンの方は『メンバーよりも私を見たい』と言ってくれるけど、私は撮られるのが苦手です。
私が撮った写真でメンバーに興味をもってもらって、NMB48に興味を持ってもらいたいです。
私の写真には『ゆきつん』と書いてあるんですけど、その写真を見て、そこで私も知ってもらいたい。
私の写真で、メンバーを知ってもらって、NMB48を知ってもらって、私を知ってもらうのが一番の理想です。
20歳の1年でやりたい事が増えました。
CDジャケットの写真を撮れるようになりたい、そして今一番したい事は『ゆきつんカメラ写真集』発売です!
私は今たくさんの事を学べる環境にあり、それをとても感謝しています。
私はいっぺんに器用にこなせられないので、1つ1つをクリアにして、前に進みたいと思います。
4年くらいチームMとして活動していた時はメンバーに甘えていました。
でも組閣をして、チームNになり、5期生が入って後輩が増え、2期生として先輩として皆を引っ張って行かないといけないと思います。
私はすぐ挑戦する前にマイナスな事を考えて『あれはできない』って思ってしまうので、
まずは行動して、何でも掴み取る勢いで前に進んで行きたいです。
チームNではキャプテン、副キャプテンに任せるのではなく、先輩として頼られるようになりたい。というか“なる”ので、しっかりとNMB48の活動に力を注いで、戦力になるメンバーになりたいと思います。
ガミガミ言われるのは苦手だけど、それは子供だと思う。
ちゃんと皆さんの事を受け止めるので、厳しくも温かい応援をしてくれると嬉しいです。
本日はありがとうございました!」



今年は「スクールカレンダー」の発売ができ、
念願の「ゆきつん写真集」発売の夢へと前進した東。
メンバーの素顔を写すゆきつんカメラは、
東にしか撮れない作品ばかり。
これからもその個性を伸ばし、
「ゆきつん写真集」発売できるよう
頑張っていきましょう~!!
おめでとう~


チームN「目撃者」公演へご来場くださった皆様、
生誕委員の皆様、誠にありがとうございました。

170227kaneko01.jpg

170227kaneko02.jpg


















本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND