【速報版】 市川美織 23歳の生誕祭レポート

2017.03.16
                 
2017年3月16日 NMB48劇場 チームN「目撃者」公演 18時30分開演

170316 みおりん (10)

◆仕切り:山尾梨奈

ある方からのお手紙 (代読:東由樹)
みおりん、お誕生日おめでとう。

まさか私がお手紙を書かせてもらえるなんて、ビックリしてます。

AKBに入って間もないみおりんのことをみんなが「妖精がいる」って言ってたのを覚えています。本当にちっちゃくて、可愛くって、みんなから可愛がられてたよね。

あのこじはるさんが「フレッシュレモンになりたいの」を着信音にしていた頃が懐かしいです。

市川美織「そうなんですよね。懐かしい。実はね、そんな一面もありました」

入った当初は何かあるとすぐに泣いてしまうほどの泣き虫だったみおちゃん。大丈夫かな? 正直心配でした。

最近では、小柄なのは変わらないけど、どんどん大人っぽくなる姿を見ていると、やっぱり妖精も成長しているんだなーと同い年ながら安心します。

衝撃だったことといえばプライベートでランドセルを背負っていたこと(客笑) そして昔から本気でレモンになりたいと言っていたこと。まぁ、みおりんらしいっちゃ、みおりんらしいんですけどね。

ずっとAKB、NMBと同じグループにはいるけど、一緒のチームになったのは梅田チームBだけなんだよね。

でも研究生の頃にチームKにアンダーで出てくれていたから、何かとご縁はあるんだよね。

改めてBの時に見たみおちゃんのパフォーマンス力に圧倒されたのを思い出します。ちっちゃいのに全力で踊る姿は本当に素敵です。

そして、そんなあなたが兼任として先にこのNMBで頑張っていてくれたから、3人の移籍が決まった時もすんなり受け入れてもらえたのかなって思っています。本当にありがとう。

私はもうすぐこのNMBを卒業してしまうけど、最後の移籍メンバーとして、そして最年長、グループの1人としてNMBを引っ張っていってくださいね。期待しています。

ちなみにロングヘアーのみおちゃんも可愛かったけど、ショートにして年相応になったみおちゃんが私は大好きです。

改めてお誕生日おめでとう。素敵な1年を過ごしてね。

藤江れいな

市川美織 → 途中から涙

市川美織「れいにゃんさん。まさかでした。嬉しい、ありがとう」


お父さんからのお手紙 (代読:日下このみ)
美織へ

美織という名前は「自分の人生を美しく織り上げて欲しい」そんな想いを込めてつけました。どうかな? 自分の思い描いた人生を歩めているかな?

先日出演させていただいた舞台の主演を演じた女優さんが所属する事務所の方とお話をする機会がありました。その中で「彼女は一度女優を辞めようかと悩んでいた時期があったんです。そんな時、AKBのメンバーとして活躍し始めた美織さんの姿をたまたま見かけ、数年前、親子役で同じ舞台に立った小学生のあの小さかった子が、今でもこんなに頑張っているんだと刺激を受け、自分も女優として頑張っていこうと決意をし、今がある。そんなエピソードもあり、今回10年ぶりの親子共演が実現した」ということでした。

この話を聞き、自分の娘が人ひとりの人生を左右していたなんて、とても胸が熱くなる思いでした。

美織の小学生の頃は歌手になりたい。そして中学生の時は女優。ファッション誌のモデルにも憧れたけど、身長が足りなくて悔しい思いをしたよね。

2つ目の事務所を更新してもらえなかった時、藁もすがる思いで受けたAKB48の10期生オーディション。合格してから7年目。NMBに移籍して約3年。NMBのメンバーから受けた刺激は確実に今の美織の活動の原動力になっていると感じられます。

数々の劇場公演や様々な場所でのコンサート、ドラマや映画、舞台への出演、そして憧れのファッションモデルのお仕事や数々の好きだったテレビ番組への出演など、数え切れない貴重な経験をすることができましたね。

大好きなお笑いの仕事に関わることができていること、レモン好きをアピールし続けて広島レモン大使という役職まで作ってもらえたこと、最近では憧れのリカちゃんとのコラボまで。そして中学高校と音楽部で合唱に真剣に取り組み、NHK合唱コンクールへの出場を目指していた君は部活動を優先するあまり、当時所属していた事務所のレッスンにも行けなくなり、その結果AKBグループでの活動をすることになって、今回そのコンクールの課題曲を歌うという選抜に選ばれるなんて神様も面白いことをしてくれるものだと思いました。

「レモンになりたいって変なこと言うのは止めようよ」と正直思うこともあったけど、次々と自分の夢を叶えていく君の姿を見せられると「もしかしたら」と思えてくるから不思議です。

「空を飛びたい、月に行きたい」今では当然のことだけど、最初は誰もが無理だと思っていた。人が想像できることは必ず実現できるって何かのCMが言っていたけど、まだ時代が追いついていないだけかも知れない。

香りや飲み物、お菓子やスイーツ、様々な分野で使われ、世界中で子供から大人まで愛されているレモン。これからは小型でも高性能なアイドルみおりんとして、とりあえず芸能界でレモンのような存在になることを目指そう!

最後に。大切なことなので今回も言います。これからも自分で限界を決めず、大きな夢や目標を持って色んなことに挑戦してください。

そして、活躍できるのは君だけの力では絶対に無理です。周りの先輩や後輩、スタッフ、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを常に忘れないようにしてください。

ではくれぐれも体調には気をつけて。世の中に少しでも多くの元気や癒しを届けよう。

パパより

P.S. こじはるも卒業したし、そろそろみおりん単推しにしようかなー。でもさや姉も気になる。

市川美織「おっぱいか。おっぱいなのか」


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:三田麻央)


みおりんさんからファンの皆様へ言葉をお願いします
市川美織「すみませんね、お父さんも話長かったですね(客笑) 父親譲りということで。

では。今回生誕祭を開い…。もうちょっと滑舌よくしないと女優さんになれないからね。

今回は生誕祭を開いてくださったファンの皆様、ここに来てくださった全ての皆様、そしてDMM配信やロビーで観てる皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、いやーほんとに、父がね、言っていたように。いや、パパレモンが言っていたように、そうですね、色んなことが本当に私の人生には今まで数え切れないほど色んなね、山あり谷ありで、本当に自分ながら壮絶な人生なのかもなってちょっと思ってます、はい。でもまだまだ甘いんですけど、はい。

でも、なんですかね、まずお父さんお母さん、お姉ちゃんやおばあちゃんおじいちゃん、ほんとに、こんなワガママ娘を、私の好きなね、夢をね、応援してくださって本当にありがとうございます。

ワガママだけど、勉強とかも全然しないで、「もう私女優になる」って決めたらもう聞かない、そんな子だったんですけど。ケンカもいっぱいしたし。

でもこうやって、少しずつ世の中に出て行くことで、お父さんやお母さんが離れてても「あー頑張ってるんだな」って見つけてもらえてるんじゃないかって思って凄く嬉しいです。まだまだ足りないけど、これからも恩返ししていきたいなって思います。

私がね、雑誌に出たり、テレビに出たり、舞台に出たりするたんびに、絶対観に来てくれる人なんですよ、私のファミリーは。近所の方とかいとことか親戚の方とかもみんなが一緒に喜んでくれる素敵なファミリーで。そうなんです。

でも、それは本当の市川一家だけじゃなくて、ここにいるレモンファミリーの皆さんも、ほんとに同じように家族だと思ってて。

ほんとに同じようにね、私が何かやるたんびに一緒に喜んでくれるし、どこにでもついてきてくれる、本当に支えてもらっているなって、最近ほんとに身に染みています。だから、もうファンの皆さんはみんな市川一家です。レモンファミリーです、ほんとに。

今日も凄いね、懐かしい顔とかもいっぱいあったり、ほんとに嬉しいなと思いますね。

なんでしょう、私みたいとか言っちゃったらあれなんで。2010年にAKBに入ってきて。で、2013年にはNMBと兼任が決まって。で、次の年には完全移籍。今までの中で研究生、チーム4、梅田チームB、そしてチームNとの兼任、そしてあとはチームBIIってきて、またチームNと。まぁ言ったら6チームぐらい行っるわけですよね。こんなにチームを行った人って多分あまりいないと思うんですよ。数少ないと思うんですよね。こんだけ移動してる人って。

でもそれにも全部皆さんは「みおりんが行く所ならどこにでもついてくよ」って言って、本当にたくさんの方がこうやってね、大阪まで足を運んでくださって、本当に本当にありがとうございます。

何人かね、離れて行った仲間もいるかもしれませんけど(客笑) それはわかってるんですよ。昔の握手会の態度がほんとに悪かったなって思ってます(客笑)

でも、最近来てる方はわかると思うんですけど、本当にね、皆さん家族のように好きだから、ほんとにね、なんか、元気をほんとにいつももらってるんですよ。昔は吸い取られてるって思ってたんですけど(客笑)

でも本当に最近は皆さんがいてこそ「あっ、私本当に頑張れてるんだな」ってほんとに身に染みてるから。まぁ23歳にもなってね、ほんとにこうやってたくさんの方に応援してもらえるって本当に凄いことですから。

若い子にどんどん流れないで、こうやってついてくれる方をもっともっと大切にしたいなって思ってますよ、ほんとに。皆さんありがとうございます、ほんとに」拍手

「ありがとうございます。そして、私がね、ここまで頑張ってこれたのは、多分NMBに来れたのが一番のきっかけなのかなって思います。

その3年前にNMBに来ていなかったら、私はAKBで選抜にもなれずに、腐って、どんどんどんどん後ろに下がって行って「あー私を見てる人なんていないんだ」ってやさぐれてたんじゃないかなって。やさぐレモンになってたんじゃないかなって(客笑) ほんとに思うんです。

だから、こうして一緒に頑張ってくれる若いみんながいるから、23歳でもまだまだ頑張れるんだなって、今日ほんとに公演をやってて感じました。

だからほんとに支えてくださるファンの皆さんと、NMBという私をまた1つステップアップさせてくれたこの劇場と、ほんとに、ほんとにほんとに毎日毎日嬉しいなって、幸せだなってほんとに感じています。

去年の総選挙では初めて圏外というね、苦味を味わいましたよ。でも、そのおかげで、どん底から、まぁどん底に落ちた人は這い上がるしかない。そう這い上がるだけなんですよ。もう下はないですからね。

だからそれを一度味わっていたことで、私は紅白歌合戦という所でまた夢のステージにね、上がれることができたと思いますし、だから全ての若者に言いたい(客笑) 諦めないでやることの強さ。腐っても腐っても鯛です。そう。腐っても腐ってもレモンです!

私はパパもね、そうやってね、レモンはもうダメなんじゃないかとか相談されましたが「いや、私はレモンになりたいという夢は絶対に諦めない」と。ほかにも色んな夢はできたけど、レモンになるという夢は1つの目標としてはまだまだずっと見ていきたいなって思ってます。

そのおかげで、明日3月18日には広島レモン大使3年になります(拍手) それも本当に皆さんのおかげだと思っております。

そして、私から発表があります。私、市川美織は、今年の総選挙もしあったのなら絶対に立候補します(拍手)

絶対に絶対にこれは言いたかったんですよ。ねぇ。夢を掴みました。掴んで、また現実に戻されるんじゃないかって恐怖もありました。

でも、皆さんがきっと、たぶん支えてくれるというか、一緒に頑張りましょうって絶対言ってくれるって思ってたんで。みんながそう言う前に私からちゃんとお伝えしなきゃいけないなって思ったので。

私は逃げも隠れもしません。ここNMB48に来て3年。もうすぐ4年目になります。AKBに入って7年目。まだまだ頑張りますね、私。23歳になってもまだまだこれから現役アイドルとして輝き続けられる限り、このステージに立ちたいと思います。

皆さん、だから、レモンも復活したし、AKB選抜も復活したし、今度は、次は、やっぱり、総選挙で返り咲き、市川美織復活したいと思います。皆さんこれからも市川美織の応援をよろしくお願いします。そしてNMB48もよろしくお願いします。以上です」拍手

※8分52秒

市川美織「いやね、良かったですね」
メンバー「まだ喋ります?」
薮下柊「なんか足折れそうやねんけど」客笑
市川美織「ごめんごめん。皆さん、ちゃんと伝わってますか?私の言葉」
客「伝わってるよ」
市川美織「ほんと? 良かった。ありがとうございます。個人活動もちゃんとやりますし、アイドル活動もちゃんとやるので、両立します」
山尾梨奈「まだ喋ってる(笑)」客笑
メンバー「よう言葉出るなー」
薮下柊「聞いた聞いた。それ柊でも理解した。ファンじゃないけど理解した」

市川美織「それでは皆さん、お手を拝借。よ~、パン! ありがとうございます」

山尾梨奈「こんなにね、可愛くて、私が言うのもなんですけどちっちゃいのに、夢を叶える姿とか常に一生懸命な姿をかっこいい姿を見せていただいて、それをNMBにきていただいて近くで見れてるって凄いありがたいことだなっていつも感じてますので、思う存分NMBで暴れてください、短めに尺は」
市川美織 → 山尾にキスしようとする
山尾梨奈「めんどくせー」客笑

市川美織「よく喋ったね」
山尾梨奈「もっと長くなるかと思った」
市川美織「最長記録狙おうかなって思ってたんです。でも、ここなたんがね、出れることを優先しました」
薮下柊「そらそうや」

170316 みおりん (2)

170316 みおりん (3)

170316 みおりん (5)

170316 みおりん (6)

170316 みおりん (7)

170316 みおりん (8)

170316 みおりん (9)

170316 みおりん (10)


Google+より
金子剛 2017/03/16 22:12

16日(木)
チームN『目撃者』公演
本日は、市川美織 23歳の生誕祭!!



セレモニー
手紙は藤江れいなより(代読:東由樹)
「AKB48に入って間もないみおりんの事をみんなが妖精がいるって言ってたのを覚えてます!
本当にちっちゃくて可愛くってみんなから可愛がられてたよね。
あのこじはるさんが『フレッシュレモンになりたいの〜』を着信音にしていた頃が懐かしいです!
入った当初は何かあるとすぐに泣いてしまうのほどの泣き虫だったみおちゃん。
大丈夫かな?と正直心配でした。
最近では小柄なのは変わらないけど、どんどん大人っぽくなる姿を見ているとやっぱり妖精も成長してるんだなっと同い年ながら安心します(笑)
衝撃だった事と言えば、プライベートでランドセルを背負っていた事。
そして昔から本気でレモンになりたいと言っていた事。
ま、みおりんらしいっちゃらしいんですけどね。
ずっと、AKB48、NMB48と同じグループには居るけど、一緒のチームになったのは梅田チームBだけなんだよね。
でも研究生の頃にチームKにアンダーで出てくれていたから何かとご縁はあるんだよね!
改めてBの時に見たみおちゃんのパフォーマンス力に圧倒されたのを思い出します。
ちっちゃいのに全力で踊る姿は本当に素敵!
そして、そんなあなたが兼任として先にこのNMB48で頑張っていてくれたから、3人の移籍が決まった時もすんなり受け入れて貰えたのかなって思います。
本当にありがとう!
私はもうすぐこのNMB48を卒業してしまうけど、最後の移籍メンバーとして、そして最年長グループの一人としてNMB48を引っ張って行ってくださいね!
期待してます!
ちなみにロングヘアーのみおちゃんも可愛かったけど、ショートにして年相応になったみおちゃんが私は大好きです!
改めてお誕生日おめでとう!素敵な一年を過ごしてね!」



続いての手紙は市川のお父様(パパレモン)より (代読:日下このみ)
「“美織”という名前は、自分の人生を美しく織り上げてほしい、そんな思いを込めてつけました。どうかな、自分の思い描いた人生を歩めているかな?
先月、出演させていただいた舞台の主役を演じた女優さんが所属する事務所の方と、お話をする機会がありました。
その中で、『彼女(主役の女優さん)は、一度、女優をやめようかと悩んでいた時期があったんです。そんな時、AKB48 のメンバーとして活躍しはじめた美織さんの姿を、たまたま見かけ、“数年前、親子役で同じ舞台に立った小学生の、あの小さかった子が、今でもこんなに頑張っているんだ。”と刺激を受け、自分も女優として頑張っていこうと決意をし、今がある。そんなエピソードもあり、今回の10 年ぶりの親子共演が実現した。』ということでした。
この話を聞き、自分の娘が、人一人の人生を左右していたなんて、とても胸が熱くなる思いでした。
美織の小学生の頃の夢は、歌手になりたい。そして、中学生の時は女優。
ファッション誌のモデルにも憧れてたけど、身長が足りなくて悔しい思いをしたよね。
2つ目の事務所を更新してもらえなかったとき、ワラをもすがる思いで受けた AKB48 の10期生オーディション。合格してから7年目、 NMB48 に移籍して約3年。
NMB48 のメンバーから受けた刺激は、確実に今の美織の活動の原動力になっていると感じられます。
数々の劇場公演や様々な場所でのコンサート、ドラマや映画、舞台への出演、そして、憧れのファッションモデルのお仕事や数々の好きだったテレビ番組への出演など、数えきれない貴重な経験をすることができましたね。
大好きなお笑いの仕事に関わることができていること。
レモン好きをアピールし続けて、“広島レモン大使”という役職まで作ってもらえたこと。
最近では、 憧れのリカちゃんとのコラボまで。
そして、中学、高校と、音楽部で合唱に真剣に取り組み、NHK 合唱コンクールへの出場を目指していた君が、部活動を優先するあまり、当時所属していた事務所のレッスンに行けなくなり、その結果、 AKB 48グループで活動することとなって、今回、そのコンクールの課題曲を歌うことになるなんて、神様も面白いことをしてくれるものだと思いました。
『“レモンになりたい”って、変なことを言うのはやめようよ』と、正直思うこともあったけど、次々と自分の夢を叶えていく君の姿を見せられると、“もしかしたら…”と思えてくるから不思議です。
これからは、小型でも高性能なアイドル“みおりん”として、 とりあえず芸能界でレモンのような存在になることを目指そう!
これからも、自分で限界を決めず、大きな夢や目標をもって、色々なことに挑戦してください。
そして、活躍できるのは君だけの力では、絶対に無理です。
周りの先輩や後輩、スタッフ、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを常に忘れないようにしてください。
P.S. “ こじはる ” も卒業したし、そろそろ、 " みおりん " 単推しにしようかな。でも、さや姉も気になる!」



本人コメント
「いろんな事が私の人生にはあり、自分でも壮絶な人生だなと思います。
お父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃん、ワガママな娘の夢を応援してくれてありがとう。
私は女優になると決めたらきかなくて、喧嘩もいっぱいしたけど、少しずつ家族に頑張っている姿を見つけてもらえるようになりました。まだまだ足りないけど、恩返しできて嬉しく思います。
私の事のように一緒に喜んでくれる市川ファミリー。でも同じ位ファンの皆さんであるレモンファミリーも、本当の家族だと思っています。
一緒に喜んでくれて、私に付いて来てくれて、支えてもらっていると身に染みて感じます。
2010年AKB48に加入、2013年にはNMB48兼任、その翌年にはNMB48に完全に移籍して、6チームぐらい移動しているわけで、こんなにチーム移動している人は少ないんじゃないかなって思います。
それでも皆さんは一緒に付いて来てくれて、本当に元気をもらっています。
皆さんがいるから私は元気をもらえているんだと思っています。
もっともっと大切にしたい。
ここまで頑張って来れたのはNMB48 に来たのが一番のきっかけだと思っています。
ファンの皆さんが私をステップアップさせてくれているんだと感じています。
私は昨年の選抜総選挙では選ばれませんでした。
でも私にはもう下が無いから、そのどん底から這い上がるしかありません。
昨年のNHK紅白歌合戦の選抜に選んでいただきました。
若い人に言いたい。『やることの強さ』『腐っても鯛』
私はレモンになるという夢を見て、3月18日にはレモン大使3年目となります。
これも皆さんのおかげです。
1つここで発表させてください。
もし今年また選抜総選挙があったら絶対に立候補します!
夢を掴むために、皆さんがきっと支えてくれる、応援してくれるんだと思えるから、逃げも隠れもせず、私は頑張ることができます。まだまだ23歳です。
NMB48のアイドルとして輝けるように、“総選挙で選抜入り”復活してみせます!!」


最年長メンバーでも後輩たちにツッコまれる
愛されキャラのレモンちゃん市川。
昨年のNHK紅白歌合戦「AKB48 夢の紅白選抜」で10位、
AKB48 47thシングル「シュートサイン」では選抜入りするなど、
大活躍中の彼女。
まだまだ23歳、まだまだフレッシュに、成長していきましょう!!
おめでと~


チームN「目撃者」公演へご来場くださった皆様、
生誕委員の皆様、誠にありがとうございました。

170316kaneko01.jpg

170316kaneko02.jpg





本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND

                 
    
2月15日発売
HKT48 9thシングル「バグっていいじゃん」 Type-A / Type-B / Type-C

2月1日発売
AKB48グループ同時開催コンサートin横浜 今年はランクインできました祝賀会/来年こそランクインするぞ決起集会 Blu-ray / DVD

3月1日発売
第6回 AKB48紅白対抗歌合戦 Blu-ray / DVD

AKB48グループ 2017年カレンダー 発売中!
【AKB48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【Team8】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別
【SKE48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【HKT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※メンバー個別
【NGT48】 2017年 壁掛・卓上カレンダー ※壁掛のみメンバー個別