【速報版】 仲村和泉 17歳の生誕祭レポート

2017.03.19
                 
2017年3月19日 SKE48劇場 研究生「PARTYが始まるよ」公演 13時開演

170319 (618)

◆仕切り:和田愛菜

ある方からのお手紙 (代読:白雪希明)
和泉へ

両親から手紙を書くのが普通かもしれませんが、和泉の成長を一番そばで見守ってきたのは私かな?と思い、書かせていただきました。

和泉、17歳のお誕生日おめでとう。

小さい頃から病弱な和泉は夜に喘息の発作が出て、意識を失い、救急車で何度も病院に運ばれ、入退院を繰り返していましたね。

「運動はしてはダメです、安静に」とお医者様から言われ、家に閉じこもる生活が多かったため、人との接し方に悩み、臆病に育ててしまったとお母さんと一緒に悩んだ時期もありました。

そんな和泉がアイドルに憧れを持ち始めたのがAKB48グループさんが話題になってきた頃でしたね。特に何も興味をもたなかった子が「AKB48グループさんのアルバムがほしい」と言い、凄く興味を持ち始め、ねだられるのが嬉しくて仕方がありませんでした。

テレビの前で真似をして踊っている姿を見て、元気になってくれて本当に良かったと布団の中で泣いたこともありました。

まさか和泉がアイドルになりたいなんて言ってくるとは思っていなかったのでビックリでした。

それからオーディションを受け、セレクションまで残り、あと少しというところで股関節に水がたまる怪我をし、辞退させるか悩みましたが、「最後まで頑張る」と強い意思で痛みを耐えながらの挑戦でしたが不合格。ショックで塞ぎ込む和泉の姿をそばで見るのは本当につらいのに、本人は更なる挑戦。SKE48 8期生オーディションの受験。見事合格。

極度の人見知りで方向音痴。場所は名古屋と遠い場所での1人暮らしなんて絶対無理と私は猛反対しましたね。

でも、お母さんは私の時もそうでしたが「夢があるなら頑張りなさい。もし頑張れなくなったらその時一緒に悩み、考えて、我武者羅に精一杯やればいい」と言う言葉で旅立たせる決心がつきました。本当は寂しかったんだ。

初めてソロコンサートでのお披露目で楽しそうに笑顔で必死に頑張っている姿を会場で観た時は、お母さんと2人大泣きしたことは一生忘れないです。

これからもたくさん色々なことで悩んだり、泣いたり、苦しい時期はあると思う。そんな時はいつでもお母さんや私を頼ってください。

はじめの頃、お母さんは和泉のことをそばで支えてあげられないのがつらくてつらくて和泉の所から大阪への帰り道に泣きながら帰ってきてたんだよ。心配かけないように頻繁に連絡してあげるか、元気な姿をSHOWROOMで見せてあげてね。

たくさんのメンバーやスタッフさん、ファンの皆様に出会えたこと、支えらてることに感謝して、初心を忘れずにこれからも頑張ってね。陰ながら応援しています。

私の妹に生まれてきてくれてありがとう。

私にとって和泉は宝物です。

姉より


最後に。お世話になっているメンバーの皆様、運営の皆様、スタッフの皆様、そして応援してくださるファンの皆様、本日はこんなに素晴らしい生誕祭を開いてくださりありがとうございます。感謝いたします。まだまだ不器用な娘、仲村和泉ですが、頑張っていきますので、温かい目で見守って支えてあげてください。そして今後とも皆様、本日は娘のために本当にありがとうございました。

母より

仲村和泉 → 涙


手紙の感想やこれからの抱負をお願いします
仲村和泉「まずはこんな素晴らしい生誕祭を開いてくださってありがとうございます。皆さんも劇場に観に来てくださった皆さん、DMMで観てくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

今日の朝、お母さんに「私、手紙書いてないから」とか言われて、「えっ? 誰が書いてんねやろう」って思ってたんですけど、まさかお姉ちゃんが書いてくれてるとは思ってなくて、何て言うかわかんないんですけど、支えられてるなって感じたし、いつも「頑張っておいで」とか言ってるけど、裏ではそうやって悲しんでくれたり、落ちてしまった時とかも笑って、「いつまで泣いてるん」とか励ましてくれたりしたけど、そうやって裏で泣いてくれてるとか全然知らなくて、本当にありがたいなって思いました。

私は人見知りでみんなといっぱいお喋りしたりするのが元々は全然得意じゃなかったんですけど、でも、このSKEに入って、みんなと、8期生のみんなや7期生さんとお喋りできたり、遊びに行ったりすることが本当に楽しいし、こうやって劇場公演に出させていただいたりできることが本当に幸せです。

不器用で、日々感謝の気持ちとかあんまり照れくさくて伝えれないけど、本当はありがとうって言いたいし、ごめんなさいとか言いたいけど、いっつも強がって、言えなくて、お母さんとかお姉ちゃんとか困らせちゃったりすることとかいっぱいあるんですけど、それでもこうやって応援してくれるから、今ここにいることができるんだなと思いました。

私のこれからの夢は、まず第一に、「12月のカンガルー」でダブルセンターをさせていただいて、その、前に人がいないっていう怖さを知ったし、楽しさも知ったんですけど、それからはセンターに立つこととかができてなくて。なので、まずはセンターにもう一度立たせていただけるようにいっぱい頑張って練習します!」拍手

「一番の夢は昇格して、選抜メンバーに入ることです。なので、入って活躍できるまで頑張るので、皆さんこれからも応援よろしくお願いします」拍手

※3分24秒

和田愛菜「いずりんは大阪出身ということもあって、関西弁が凄く可愛くて、凄く喋る子なので楽屋でも凄く盛り上げてくれる存在です。あと見た目も可愛くて、凄いふわふわしてそうなんですけど、かっこいい一面もあって、そんなギャップがあるところも私は大好きです。これからもっと仲良くなっていけたらいいなと思います」


一列礼後、捌ける直前に
仲村和泉「今日は本当にこんな素晴らしい生誕祭を開いてくださって、観に来てくださって本当にありがとうございました」拍手

「手紙の時は、泣かないとか言ってたんですけど、やっぱり泣いてしまって、ちょっと「ふふ」って感じです(笑)」客笑

「ハハハ。なんだろうな、何て言えばいいんだろう、なんか、出てこないです、言葉が、ほんとに。やっぱりちっちゃい頃は体が弱くて、運動とか全然できなかったんですけど、こうやって今いっぱいこうやって公演とかでダンスできてることが本当に嬉しいし、幸せです。皆さんほんとにありがとうございます」拍手

「ありがとうございます。もう出てこないよ、言葉が。どうしよう。これからはやっぱりセンターに立てるような人になりたいので、応援よろしくお願いします」拍手

「今日は本当にありがとうございました」




C7Ps4bjV4AAWuGX.jpg

C7P152vVoAAmrVu.jpg

C7P17n6U0AEmhko.jpg

C7P19DhVwAAQoQt.jpg

C7P1-7EVAAQeI-6.jpg














本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND