【速報版】 東李苑 劇場最終公演レポート ※卒業公演

2017.03.31
                 
2017年3月31日 SKE48劇場 チームS「重ねた足跡」公演 18時開演

C8PmTiIVoAA6jND.jpg

■出演メンバー
東李苑一色嶺奈犬塚あさな大矢真那上村亜柚香北川綾巴後藤理沙子杉山愛佳竹内舞都築里佳野島樺乃二村春香町音葉松本慈子山内鈴蘭山田樹奈


※セットリスト後

◆Ex01.渚のCHERRY (黄色=東李苑、青=北川綾巴・野村実代・山田樹奈)

C8PeqJVU0AA4Xyo.jpg


◆Ex02.スルー・ザ・ナイト (6期生=東李苑青木詩織井田玲音名北野瑠華熊崎晴香竹内彩姫日高優月鎌田菜月)

C8PfhhYUwAA2PJy.jpg

(曲終了後)

鎌田菜月「1曲目の「渚のCHERRY」は東李苑ちゃんのご両親が凄い好きな曲だということで、その希望に沿って李苑が選んだということで」


◆Ex03.ロマンスかくれんぼ (東李苑)

C8Pg565UIAAwOSu.jpg

(曲終了後)

東李苑「何で私がこの曲にしたかというと、オーディションで実は歌った曲でした。この曲で始まり、この曲で終われたことに凄く嬉しく思います。ありがとうございました」


◆ファンの方からの花束&花の髪飾りをプレゼント


ある方からのお手紙 (代読:北川綾巴)
おらちゃんへ

卒業おめでとうございます。

古畑奈和です。

おらちゃんとは2013年のチームEで初めて同じチームになりました。その時、あなたはSKEに加入してまだ5ヶ月ばかり。研究生公演デビューをしてから1ヶ月も経たずすぐにチームに昇格しましたね。きっと誰よりも不安だったはずです。

同期のみんなより1人だけ先に昇格し、同期とは違う生活が始まり、時には周りを見て寂しくなったと思います。

SKEに入って約5ヶ月。それでいてチームには先輩ばかりでしたから、それも不安の材料だったかもしれません。

でも、おらちゃんは強かったです。本当に驚くほど、もちろん最初は緊張していましたが、ステージパフォーマンスもあなた自身が持つオーラも入ったばかりとは思えないほど物怖じせず、堂々としている姿は今思い出しても凄いなーと尊敬します。

そして、あなたの魅力はステージ上だけではありません。裏にいる時も自分を忘れていない。いつでもおらちゃんはおらちゃんでいる。

最初、フルマリオンでのユニット活動が決まった時、嬉しさの中に戸惑いもありました。おらちゃんの持つ雰囲気、んー、何て言うのかな、ちょっと誤解されやすい冷たいテンション? に、2人でいる時はどう接したらいいのか悩みました。

だから、フルマリオンの撮影の朝も気を使ったり、私なりに考えたり、おらちゃんへの接し方をしてみたの。私が勝手にしたことですが、とても疲れました。(客笑)

だけどね、撮影が進むにつれ、おらちゃんの正直に生きている性格に居心地良さを感じました。おらちゃんは嘘をついていない。だからなのかなー。

唯一気を使わない、いつも一緒にいるわけでも、逐一話すわけでもないのに誰よりも心が落ち着くし、私にとってそんな存在。そんな人と出会えて本当に幸せです。

私から見て、おらちゃんは自分の力でチャンスを引き寄せた人に感じます。演技も歌も、車も、食品包装用ラップフィルム(客笑) そしてピアノも。縁があったとはいえ、元をたどればすべておらちゃんの実力です。

北海道のお仕事ではおらちゃんが北海道の方々からも愛されている姿を見て、本当に心から嬉しくなりました。

SKE48が北海道の方々にも愛していただけるきっかけを作ってくれたおらちゃんは素敵です。

そして実力があるからこそ悔しいことも多々あったと思います。どうすれば今の現状から変われるか、ファンの皆さんに喜んでいただけるか。おらちゃんは自分に正直だからこそしっかり自分と向き合い、悩んだんじゃないのかな。

悔しい期間も、苦しい期間も負けずにますます輝こうとするおらちゃんは素敵で、魅力増すおらちゃんにファンの皆様もより惹かれたと思います。

SKEにとっても、ファンの皆様にとっても、そして私にとっても大切な大切なおらちゃん。新たな夢が叶うよう、私も応援しています。

どうかこれからも嘘のない真っ直ぐなあなたで突き進んでください。

おらちゃんがおらちゃんらしくいられますように。

お手紙を書かせてくださり、そして読んでくださり、ずっと聞いてくださりありがとうございました。

おらちゃん、SKE48にたくさんの笑顔や幸せをありがとう。ずっとずっと大好きだよ。

古畑奈和より


山田樹奈「今日はですね、チームSで唯一ここのステージに来られなかったあの方からメッセージが届いています」

松井珠理奈からビデオメッセージ
りおーん。

今日は卒業公演に一緒に出演できなくてごめんなさい。

李苑とは、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』ってドラマに一緒に出演してからギュッと距離が縮まったなーと思います。

そこから凄い李苑も、李苑から話しかけてくれることも増えたりしました。

その時からずっと話してたんだけど、私がもしお仕事とかプライベートで北海道に行くことがあったら、もう絶対李苑に案内してほしいの。だから、その夢がね、叶ったらいいなと思ってます。

そして、私はその李苑の女優さんとしてお芝居してるところも凄く好きなんですけど、でもやっぱり一番はステージに立って歌って踊ってる「なまらぜ~んかい」な李苑が大好きなので、今日も「なまら全開」で最後まで楽しい公演になったらいいなと思ってます。

今日は行けないけど、気持ちは劇場へ届けます!

李苑、頑張ってね。

卒業おめでとう。

バイバイ


ファンの皆さんへ伝えたいことや、李苑の気持ちがあったら話してください
東李苑「そうですね、まずは今日こうして卒業公演に足を運んでくださった皆さん、大変な思いをしてきてくださって、本当にありがとうございます。

そして、配信をご覧になっている皆さ~ん、私の最後見届けるために時間を作ってくれてありがとうございます。惜しくも外れちゃったよっていう方、最後まで私のことを思ってくれてありがとうございます。

そしてモニ観で観てくださっている皆さん、近くで見守ってくれてありがとうございます。

私の夢は48グループに入って可愛い衣装を着て、秋元先生が書いた曲を歌うっていうのが夢でした。

ただアイドルになるんじゃなくて、48グループじゃなきゃダメなんだっていう強い思いが凄くありました。

でも、いざアイドルになってみると自分に向いてないんじゃないかとか悩んだりしたこともたくさんありました。

入ってきたばかりの頃は「アイドルになるために生まれてきた」だなんて大口叩いてすみませんでした。(客笑)

それでも、アイドルをやってこれたのは、楽しかったと思えるのはファンの皆さんがいてくれたからです

すごく自信がない時にかけてもらった言葉があります。「李苑、アイドルになってくれてありがとう」って。「アイドルの李苑に出会えて良かった」って言ってくれました。「SKEになってくれてありがとう」とも声をかけてくださるファンの方もいました。本当に自信がなかった私なので、そんな言葉をかけてもらえて、ほんとにもう一度頑張ろうって思える魔法の言葉のようでした。

私は、私ちょっと変わってる部分あるから、あんまり理解してもらえない部分も多かったと思うんですけど、それでもどんな私でも理解してくれるファンの方がいて。どんな私でも好きでいてくれるファンの方がいて。それって本当に素敵なことだなって。人に笑顔を届けるこのお仕事はベタかもしれないけど本当に素敵なことだなっていう風に思います。

自分が実際にこうしてこのお仕事に出会って、このお仕事でみなさんに笑顔を届けられて本当に、本当に幸せでした。

一番今までで嬉しかった出来事は、アイドル人生最大の目標でもある、選抜総選挙でランクインすることでした

一番楽しかった出来事は、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』のドラマ撮影。

一番やりきったな、達成感があったなって感じれたのはAKB49の浦山実を演じた時。

本当にこんなに濃くて、楽しくて、充実したアイドル人生を送れて恵まれた環境の中に私はいて、本当に皆さんに感謝しています。

こんな私なんですけども、アイドルになりたかった私なんですけど、20歳になって、新しい夢とか、やってみたいこともできました。

きっと皆さんの前に姿を現せられるのは皆さんが忘れた頃になるとは思うんですけど、焦らず、ゆっくり、じっくりとマイペースに、自分のペースで準備を進めながら頑張っていきたいと思います。なので、良かったら私のこと忘れないで待ってくれてると嬉しいです。

卒業発表してからひとつ気がついたことがあって。ただ楽しく活動するのもいいかもしれないです。だけど、私はそうじゃなくって、応援してくれるファンの皆さんやお世話になった方々、家族はもちろんだし、関係者の皆様方もそうですし、そういう方々に恩返しをしたいなっていう風に凄く凄く思いました。

なので、これからは皆さんに恩返しをできるつもりで頑張っていきたなっていう風に思っています。

最後になりますが、こんな私を愛してくれて、こんなにたくさんの女の子がいる中で、私を見つけてくれて本当にありがとうございました。

皆さんと楽しく過ごせられたのは、アイドル人生がこんなに楽しかったと思えるのは、まぎれもなくファンの皆様がいてくれたおかげです。

そして、SKE48に入ったから皆さんに出会えました。SKE48にも本当に感謝しています。

皆さんが思っている以上に本当に皆さんのことが大好きです。これからも私のことを好きでいてください。忘れないでください。待っていてください。

最高のアイドル人生を本当にありがとうございました」拍手

「あっ、言い忘れてました、すみません。あの、私が卒業したあとキーボードポジションってどうするんだろうとか思ってる方いると思うんですけど、私あのー、松本慈子ちゃんに託そうと思っています」拍手

「なんかね、慈子の一生懸命なところとか、変わらず初期の頃からずっと変わらないまっすぐなところ、そんなところに心がほんとに打たれました。慈子らしく、新しいキーボードの魅せ方を確立してほしいなっていう風に思ってます」
松本慈子「李苑さんを超えれるように頑張ります」拍手
東李苑「慈子なら大丈夫。でもね、私が言った時点でほんとになるかどうかわからないので、マネージャーさんとスタッフさん、ほんとご検討のほうよろしくお願いします」客笑 → 拍手

「以上です」

※8分36秒

東李苑「ほんとに、こんなに大きなお花も、素敵なカチューシャ、ヘアバンド?も私好みです。私のこといっぱい知ってくれてありがとうございます」

山田樹奈「(花束)これ北海道の形?」
東李苑「(花束を持ってもらい、表面をじっくり見る) いやー!すごーい!」拍手


東李苑「長々と私の話をしていてもあれだと思うので、最後にチームSのみんなで1曲歌いたいなっていう風に思っています」拍手

「衣装の時点でもうわかるかと思うんですけど、私が育った、成長できた公演の1曲となっています。心を込めて歌います」


◆Ex04.手紙のこと


東李苑「大好きなこの曲で、大好きなメンバーと大好きなこの衣装に囲まれて、そしてファンの皆さんと一緒に歌えて本当に幸せでした。


来場者全員に・・・
東李苑「今歌わせていただいた「手紙のこと」でも言ったんですが、急に君に手紙が書きたくなったので、今日は1人ではなく、来てくださった皆様全員に手書きで、コピー機に頼らず書きました!」拍手
竹内舞「本当に頑張ってたよね。ずっと書いてた」
東李苑「このあと係員さんの指示に従って受け取ってください。よろしくお願いします」


一列礼後、捌ける直前に
6期生たち「李苑が泣いてる」
東李苑「泣いちゃうよ、そりゃー。ダメ?」
6期生たち「可愛いよ」
東李苑「ありがとう、ほんとに。ノリノリでやってくれて」客笑
6期生たち「超楽しかった」
東李苑「ほんとに6期生は誇りです、私の」拍手
6期生たち「ありがとう」

山田樹奈は遅れて合流


東李苑「私、名古屋と北海道の架け橋になれましたか?」拍手

客「なれた!」

東李苑「東京でも、大阪でも博多でもなくて、ここ名古屋が第二の故郷になって本当に嬉しく思います。北海道からノコノコやってきた私を温かく迎え入れてくださって本当にありがとうございました」拍手

「もうずっと手振ってたいな。なんかこんなにね、幸せで涙が出ると思いませんでした。私、悲しいんじゃなくて、幸せです」拍手

「本当にありがとうございました。皆さんのこと、愛してまーす!」







C8Pw_aYUAAMHZY6.jpg

C8P0csnVoAEuUTo.jpg

C8P1BCSVYAAp4CH.jpg

C8P32fpUIAARXv-.jpg

C8P3516VYAEaz1x.jpg

C8P38FDUMAAw5mX.jpg

C8P3-FtUMAQSxdM.jpg





本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND