【速報版】 岩花詩乃 17歳の生誕祭レポート

2017.04.03
                 
2017年4月3日 西鉄ホール チームKⅣ「最終ベルが鳴る」公演 18時30分開演

170403 (2091)

◆仕切り:渕上舞

17歳を迎えてどうですか?
岩花詩乃「17歳、そうですね、まぁSSAに出て、凄いみんなからも祝ってもらえて、そこで「17歳になったんだな」っていう実感はあったんですけど、やっぱこうやって劇場公演でみんなで祝ってもらえて凄い嬉しいです」


ある方からのお手紙 (代読:下野由貴)
詩乃へ

今回私がこのお話を頂いた時、思い返してみると、詩乃にちゃんとお手紙を書いたことがなかったので、これが初めてのお手紙になります。

詩乃と初めて話したのは2期生の最終審査に受かった時。名前順が近かったのもあって、気がついたら詩乃と話していました。なので、初めてかわした言葉とかは覚えていないけど、1つだけ覚えているのは凄く気が合うなってことです。

もともと、人見知りで、根暗だった私は初対面でこんなに心を開けて話せたのは詩乃が初めてでした。なので、こんなに早く誰かと仲良く話せたのが凄く嬉しかったです。

でも、レッスンが始まったばかりの時は今ほど話してなくて、帰り道が同じ方向って知って、途中まで一緒に帰りだしてから凄く仲良くなったかなって思います。

本格的にHKTとして活動し始めて、この世界は楽しいことだけではないことを過ぎてく時間の中で知りました。

選抜に選ばれず、カップリング選抜に選ばれず、劇場公演初日メンバーにも選ばれず、昇格メンバーに選ばれず。他にも数えきれないほど落ちてきました。

だけど楽しいこともたくさんあります。ここにいないと味わえないキラキラした楽しさ。詩乃や私が今ここにいるということは、そのキラキラさもあり、今までどんなにつらいことがあっても一生懸命できることを全力でした、諦めずにやってきているからだと思います。

特に詩乃は本当に真面目で、ポジションや振りなどの確認は誰よりもしています。公演もコンサートも、家やホテルで何度も練習しているのを一番近くで見てきたから思うけど、詩乃のその真面目さは後輩メンバーに勝るぐらいのものだと私は思います。見た目や喋り方はたしかにギャルっぽいけど、凄く努力家です。

私は普段こんなことはあまり言わないけど、あえてお手紙で言わせてもらいます。詩乃は顔が可愛くて、パフォーマンスが素敵で、MCも面白くて、努力家で、優しくて、素敵だな、羨ましいなっていつも思っています。

私が少し鈍ってきた時は詩乃のまっすぐな頑張りを見て刺激を受けたし、メンバーに優しく正直に教える姿勢にはいつも尊敬しています。

それに、私がセンターになった時も、博多座に出演が決まった時も一番喜んでくれたのは詩乃で。お誕生日にプライベートでもらったお手紙は稽古中、行き詰っている時に何回も読み返して頑張れました。ちなみにそのお手紙は今でも持ち歩いています。本当にありがとう。

なので、この間詩乃が1人で被災地のほうに行って活動して、その後はHKTから数人しか行けない被災地訪問に行っていた時は凄く嬉しかったです。

でも、その時に思ったのが私はこれまで詩乃に助けてもらっているのに自分は何もしてあげられないんじゃないかなって最近申し訳ない気持ちになります。ごめんね。だから早く世間に見つかってほしい。心からそう思います。

今年高3になってお互いこの先どうなるかわからないけど、今となってはもう家族のような存在だから、この先も悔しいこと、楽しいこと、一緒に共有していきたいって思います。

大規模になっちゃうけど、私は詩乃に出会えて良かったです。これからもよろしくね。

改めてお誕生日おめでとう。

大親友、はるたんこと上野遥より

岩花詩乃「わーい。嬉しいです」
渕上舞「ということで、大親友のはるたんからのお手紙、どうでした?」
岩花詩乃「手紙のこれを見た瞬間、遥だろうなって思ったんですけど、でも凄い嬉しいし、やっぱ私も、まだ17ですけどこれ以上の人に出会えないんじゃないかぐらいほんとに遥のこと大好きで、もう大親友なので、その人からの手紙も嬉しいし。はい、嬉しいです。でも私が書いた手紙もほんとに持ち歩いてくれてて、ほんとに嬉しいなって思います。ちゃんとこのあと改めて御礼を言おうと思います」


こんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンの皆さんにひと言でもふた言でもお願いします
岩花詩乃「今日はこんな素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「私はこんなシーンとした中で話すのが凄い苦手系女子なんですけど、ちょっと頑張って話そうと思います。

えっとですね、16歳の中で一番嬉しかったことは、やっぱ被災地訪問に行かせてもらえたことなんですけど。知ってる方多いと思うんですけど、東北で震災があった時に私のお家にホームステイに来た子がいまして。その繋がりでいつかは東北に行きたいなと思っていたので、1人でジオラマ報告会に参加させてもらえたり、48グループでの被災地訪問に参加させてもらえたりして、本当に凄く嬉しくて、これからもみんなに笑顔になってもらえるように頑張りたいなってその時に凄く思いました。

で、16歳で一番悩んだことがありまして。それが、HKTを卒業しようかなって凄い考えてた時期がありまして。なんか私、HKTに入って4年は経ってるんですけど、まだ選抜にも入ったことないし、カップリングでもいつも下のほうで、自分は何を頑張っていいのかわからなくて。

で、そんな凄い悩んでる時に私のひいおじいちゃんが亡くなって・・・(涙) で・・・」

客「頑張れ」

岩花詩乃「ありがとうございます。亡くなって、そのあとから聞いた話なんですけど、ひいおじいちゃんが行ってる病院の看護婦さんが、私がテレビ出てたねって、そのひいおじいちゃんに言ったら凄い喜んでてくれたみたいで。私のこと凄い気にかけてくれてたみたいで。私が一番下だからって、そうやって簡単に辞めたいとか思っちゃいけないなと思って、その時にもっと私、限界まで頑張ろうって凄く決めました。

で、総選挙も凄いギリギリまで悩んで。それが、私、選抜にも入ったことないのに。外仕事がほんとに無くて、なんかだから、私がずっとファンの人に何でも頼ってばっかりだから負担になっちゃうんじゃないかなって思って凄いギリギリまで悩んで。

で、その悩んでることをメールに送ったら「私が立候補してもしなくてもどっちでもついていくよ」って言ってくださる方がほんとに多くて。

だから、その立候補することによって私のことがもっと知れるならと思い今回立候補させていただきました。

で、今ラビリンスもあって、ラビリンスのイベントでグラビアのやつがあってて。私のファンの人は知ってると思うんですけど、私ずっとグラビアとかファッション雑誌に出たいって言ってて。だから今回のは凄い頑張りたいんですけど、もうほんとにお願いしてばっかでほんとに申し訳ないんですけど、最後まで一緒に頑張れたらなと思います。

それで、17歳の目標は、みんなから頼られる存在になることなんですけど。この前、愛ちゃんから「私が卒業してもダンスリーダーとして頑張ってね」って言ってくれて。とか、ダンスの先生とかからも最近褒めてもらえたり、ファンの人からも凄い褒めてもらえたりとかして、みんなから振りとかもけっこう聞いてくれたりとかして。だからもうちょっと自分に自信持っていいのかなって凄く思えたし、新しくKⅣのキャプテンになった本村さんにも頼ってもらえるような存在になりたいと思います。

17歳も頑張るので応援よろしくお願いします」拍手

あと、昨日なおぽんが卒業発表しちゃって。で、ほんとに寂しいんですけど、でもなおぽんは「アイドル人生で悔いがない」って昨日言ってたんですけど、私は今辞めてしまったらほんとに悔いが残ってしまうようなアイドル人生しか送ってきてないので、もっと活躍できるように頑張ります」拍手

※5分19秒

渕上舞「詩乃ちゃんはね、KⅣでも特にパフォーマンスがいつもキレキレで、メンバーも凄い同じステージに立てたらいつも刺激をもらえる存在なので、これからは愛ちゃんも言ってたように、ダンスリーダーの1人として私たちもたくさん頼っていこうと思うので、自信持ってね、17歳、1年一緒に頑張っていこうね」
岩花詩乃「はい、お願いします」

渕上舞「言い残したことことはないですか?」
岩花詩乃「あと、今日・・・」
渕上舞「あるんかい!」
岩花詩乃「ある。忘れてた。なんか泣いて疲れちゃった。私が手書きでメッセージを書きまして。それを終わった後にスタッフさんが配るので是非もらって帰ってください。ちゃんとしたお店に頼もうと思ったんですけど、頼んだらちょっと時間がなくて、コピー機で印刷したからけっこうブレてて(笑) ブレちゃってるんですけど、ちゃんとメッセージとか、書かなきゃいけない所はちゃんと書いたので、ヤフオクとかで売らないでいただけたら嬉しいなと思います」客笑


手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
岩花詩乃「今日は本当にありがとうございました。17歳もよろしくお願いします」


Google+より
岩花詩乃 2017/04/03 23:37

今日は素敵な生誕祭、本当にありがとうございました!!!

うちわもたくさんあって😭

幕が開いた瞬間に赤のペンライトをみんなが持ってたり、ユニットでは白だったり、私の好きな色で、さすが!!!ってなりました😭✨

うちわや、ファンの方が作ってくれたパンフレット?も見せてもらいました!!!

自分で言うのもあれだけど愛されてるなぁと。笑

最後のスピーチで言ったこと、ちゃんと言えてたか不安なので書いときます!
多少の違いはご了承くださいませ。。。

16歳で一番嬉しかったことは被災地訪問に行かせてもらえたことです。

一人でジオラマ報告会や、48グループでの被災地訪問にも参加させてもらえて、もっとたくさんの方に笑顔になってもらいたいなとすごく感じました。



一番悩んだことはHKT48を卒業するかすごく悩んでました。

HKT48の選抜に入ったことがないし、カップリングでも毎回下のポジションで自分が何をどう頑張ればいいか分からなくなっていた時にずっと辞めたいなと思っていました。

その考えてた時期にひいおじいちゃんが亡くなりました。

おばあちゃんから聞いた話なんですけど、ひいおじいちゃんが行ってた病院の看護婦さんから私がテレビにでてたことを言われるとすごい喜んでたみたいで、ずっと私のことを気にかけてくれてたって聞いて、
一番下だからといって簡単に辞めたいなんて思っちゃだめだ。自分の限界まで頑張ろう。
と決めました。



総選挙もギリギリまで悩みました。

HKTの選抜でもないし、外仕事が全然無くていつもファンの方に頼ってばっかりの私が立候補したら、ファンの方の負担になっちゃうんじゃないかなと思い、悩んでることをメールに送ったら、立候補してもしなくても私について行くって言ってくださる方が多くて、安心しました。

立候補することによって少しでも知名度が上がればと思い、今回立候補させていただきました。



いまラビリンスで投票で決まった上位2名がグラビアを出来るっていうイベントをやっていて、私のファンの方なら知ってるかと思いますが、ずっと前からグラビアやファッション雑誌にのりたいって言ってて本当にたよりっぱなしで申し訳ないんですけど一緒に頑張りたいです。




そして17歳の目標は、''頼られる存在になる''ことです。

あいちゃんが、「私が卒業してもダンスリーダーとして頑張ってね」って言ってくださったり、ダンスの先生が褒めてくれることが多くなったり、振りを教えて!って言ってきてくれるメンバーもいたりして、もっと自分に自信をもっていいのかなと思えたし、KIVの新キャプテンの本村さんからも頼ってもらえるくらいの人になりたいなと思います!

最後のはける前に本村さんとぎゅーってした時に、「しののこと頼りにしてるよ!」って言ってくださって、それがすごい嬉しくて思い出してニヤニヤしております。。。笑

本村さんについていきます\(^o^)/💗




生誕の司会をしてくれたまいちゃんありがとう!!!

そしてはるか!

お手紙を書いてくれてありがとう。

はるか以上に仲良くなれる人がこの先現れないだろうなってくらい本当に大好きだよ|_・)




17歳も私らしく頑張るのでついてきてください。って言いたいところなんですが、ついてきてと言えるくらい私はすごい人じゃないので、一緒に進んでいけたらなと思います。



これからも岩花詩乃の応援をよろしくお願いします!!!

HKT48 TeamKIV 岩花詩乃

170403shino01.jpg







C8eoEb0UAAAWY1f.jpg

C8d9zbLUwAACqam.jpg

C8d901IV0AEuCeg (1)



『実況民の皆様もありがとうございました!』


















本日23時よりアーカイブ配信開始
HKT48 LIVE!! ON DEMAND