【速報版】 日高優月 19歳の生誕祭レポート

2017.04.12
                 

2017年4月12日 SKE48劇場 チームKII「0start」公演 18時30分開演

C9NW_g3VwAESRCK.jpg

◆仕切りは北野瑠華
北野瑠華「それではここで、4月1日に19歳のお誕生日を迎えた日高優月ちゃんの生誕祭をやりたいと思います!」

(バースデーソング後)

北野瑠華「真っ赤だね、今日」
日高優月「最初青だったのに。嬉しい」
北野瑠華「ということで、今からね、優月はファンの皆さんに今の気持ちを」
日高優月 → マイクなしで「お手紙」みたく口を動かす
北野瑠華「お手紙忘れた、ごめん」
日高優月「軽いわ」
内山命「今日の司会、なんか無能やな」客笑
北野瑠華「ごめんなさい、久しぶりすぎて」


ある方からのお手紙 (代読:竹内彩姫)
ゆづ、お誕生日おめでとう。

ゆづとは最初はそんなに喋ったりしなかったけど、今ではメールしたり、お互い相談をする仲になったり、遊びに行ったりと、こんなに仲良くなるとは思いませんでした。

ゆづとは同期で唯一の同い年。そんな私にゆづがいつも「友達だからな」と言ってくれること、本当に嬉しいです。ありがとう。

ゆづは去年の生誕祭、18歳の目標の時に「総選挙にランクインすること。そして選抜に入ること」と言ってましたね。「両方絶対に叶える」と。そしたら去年、総選挙にもランクインして、「金の愛、銀の愛」で初選抜。そしてアルバムのリード曲「夏よ、急げ!」でも選抜入り。総選挙ランクインも選抜入りも叶えましたね。自分のことのように嬉しかったです。ほんとにほんとに嬉しかった。

2つの目標を叶えられたのはゆづの頑張りと、それをファンの方がちゃんと見てくれていたからだと思います。

いつもゆづの握手会を覗くと「友達なのか?」と思うぐらいのテンションでファンの方と話しているところを見ます。それだけファンの方と仲がいいというか、絆があるんだなと感じました。

だから、ゆづが頑張っている姿を誰よりも一番わかっているのはファンの方なんじゃないかな。だから、私が言える立場ではないのですが、もっとファンの方に甘えてもいいと思います。

ゆづは強がりなところがあるからなかなか言えないかもですが、きっとファンの方はゆづがもっと頼ってくれることを待ってると思います。

そして、ファンの方にもですが、メンバーにも甘えてね。くまはいつでも待ってるぞ。それくらいゆづのこと大好きだからね。

最近ではレギュラーのラジオ番組、始球式、そして野球MM。自分が好きな野球の仕事をたくさんしていてほんとに凄いなと思います。

優月の野球が好きな思いは熱いからこそできるんだよね。野球MMを何度か見させてもらったけど、あんまりわからなくて愛想笑いしかできなくてごめんね(客笑)

ちゃんと勉強するから懲りずにまた新ネタできたら見せて。

そして、ゆづのファンの皆さん、今日は大好きなゆづにお手紙を書かせていただく機会をくださり本当にありがとうございます。ゆづは明るくて元気だから強そうに見えるけど、ほんとは誰よりも心配性で、お豆腐メンタルだから優月を守ってくださいね。

そして、ちゃんと話を聞いてあげてくださいね。滑舌が悪い私が言えることではありませんが(客笑) ちょっとゆづも何言ってるか分かり難いところがあるので近くでしっかり聞いてあげてください。けど、ゆづのファンの方は心優しくて、熱い方が多いから心配ないですね。信じてます。

そしてゆづ、私にとってゆづは最高の友達、それでもって最高のライバルです。これからもお互いを高め合う存在でいようね。そしてお互い19歳最高の年にしよう。

いつもみんなを元気にしてくれて、笑顔にさせてくれてありがとう。きっとあなたが前を見ている限り、それを信じてみんなついてきてくれると思います。だからこれからもゆづらしく進んでいってください。

改めましてお誕生日おめでとう! I love ゆづきちー!

竹内彩姫「あの、このお手紙ですね、差出人がいないんですよ」
内山命「でもヒントあったよな。くま、みたいな」客笑
竹内彩姫「滑舌悪い…。きっとくまかと思います。見て、ほんとに書いてないの」
日高優月「ほんとだね。あとでちょっとぶっ飛ばそうかな」客笑
メンバー「厳しい」
竹内彩姫「でもね、きっとチームEの熊崎晴香ちゃんより、だと思います」拍手

北野瑠華「どうでした?手紙」
日高優月「くまらしいなと思って。ゆづきちって呼んでくれるのくまだけなのですぐわかったし、くまのくせにいいこと言って」客笑
北野瑠華「くまのくせに?」
日高優月「なんか泣いちゃったのが悔しいですね」


ファンの皆さんに18歳の1年振り返りだったり、19歳の目標を思う存分語ってください
日高優月「今日は私のためにこんなに集まってくださって、素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「観てる方も本当にありがとうございます。18年の1年は…」
北野瑠華「18歳だね」
日高優月「(笑) 18歳の1年は凄い怒涛の1年で。嬉しいことが立て続けに起こっていて。私今日、今年で死んじゃうじゃないかなっていうぐらい凄い嬉しいことがたくさんあって。初めて見る顔もいっぱいあったし、久しぶりに見るなっていう顔もあったし、なんか凄い充実した18歳だなって思いました。

えっとですね、18歳の生誕祭で言った時の目標は総選挙にランクインすることと、SKEの選抜に入ることを掲げて。それが本当に嬉しいことにどっちも叶ったんですね。で、そこでは言わなかったけど、ナゴヤドームでの始球式だったり、ライブパフォーマンスだったり、憧れてた歌番組とか、番組とか、雑誌とか、あとSKEを離れて日高優月としてやってるラジオだったりとか、凄い嬉しいことがたくさんあって、もう満足してるんじゃないかなとか、いっぱいそうやって嬉しいことが叶っていったから次の目標はなんだろうとか凄い考えてて。

なんですかね、本当に18歳の1年が充実しすぎて、正直戸惑ってる部分があるんですね、19歳になって。どうしようって。でも今年は私的に凄い頑張らなきゃいけない1年だなって思ってて。18歳の1年を超えられるような1年にしたいなっていうのはあるんですけど。

そうですね・・・(手の平を見る)

でも、なんだろう、そうやって嬉しいことが立て続けに起こって、一緒に笑ったり喜んでくれるのは紛れもなく、偽りもなく、ファンの方のおかげだなって凄い思って。普段素直になれなくて天邪鬼な私なんですけど、凄い感謝してるし、凄い大好きだし。でもなかなか甘えたりとかお願いとかができなくて。素直になれない自分が凄く嫌で嫌悪感にかられる日々もあったんですけどね。

でもほんとにファンの方がいるおかげで凄い18歳充実した1年だったので、ほんとに感謝してます。

で・・・(手の平を見る) そうですね・・・(手の平を見る)

なんだろう、握手会の部数も増えてるのもあったんですけど、SNSも増えたりとか、そうやってファンの方の本当の気持ちとかが私にダイレクトに届いてるんですよ、いいことも悪いことも。

で、そのダイレクトに届くメッセージに凄い嬉しかったりも、悲しかったりもあって。でもそのダイレクトに届くメッセージにちゃんと向き合って、落ち込んだりしないで、誰かが言ってくれた「人生一度きり」っていう言葉を19歳になって凄い大事にしようと思って、今もほんとに大事に大切に生きていこうかなって思ったので、ネガティブはちょっと卒業したいなって思いますね。

なんだろう、豆腐メンタルだったり、ガラスのハートって言いますけど、私もっともろくて。なんですかね、プレパラートとか(客笑) スライドガラス並みに弱いガラスのハートなんですけど、それを強化して、強化ガラスになって。で、何でしたっけ? 防犯…」
内山命「そう、防犯のな、バーンって叩いてモロモロモロってなるけど、バッサーとはならん」
日高優月「そう、なんとか形保ってるよ、みたいな」
内山命「とりあえず穴は開いてないっていうね」
日高優月「そのハートを目指していこうかなと思うので、当たって砕けろ、砕けても立ち直って、強い人間になろうと思います。

19歳の目標は、今ボーダーラインがあったとしたら、そこに片足突っ込んで、もう一歩踏み出してしまったら崖から落ちてしまうような、ほんとにギリギリなラインにいると思うんですね。だから、焦るっていうか、不安の一杯な感じなんですけど。そのボーダーラインを越えて、言ってしまえば選抜に定着できるようになるとか、少人数で選抜された時に選んでもらえるとか、顔は変えられないですけど中身は変えられるんで、そういうところから1つずつ、変化も大事ですけど、変化より進化していきたいなって思うので、ドラマティックな18年を超えられるような素敵なラストティーンな1年を過ごしたいなって思います。

あと、総選挙は私、初日に立候補したんですけど、去年は皆さんほんとに無理してくださって、たぶんね。無理してくださって。けど、ランクインという目標が叶ったので、凄く誇りに思うし、なんだろうな、今年はランクアップできたらいいなって思うので、その満足してるんじゃないかって思われてないように、もっと我武者羅に初心に返って、ランクアップを目指していきたいと思うので、皆さんが投票して損ないようにとか、死票にならないようにとか、ほんとに、なんだろう、沖縄のステージで笑顔で恩返しのスピーチができるように、もうモノマネも準備しとくので (おー)

モノマネも準備するし、あの沖縄のステージでモノマネしたいなって思ってるので、そうですね、自分だけってものをちゃんとなして、いきたいなって思うので。うまく言葉伝えられなかったり、言えないんですけども、今年も総選挙は本気で挑みたいなって思います。

総選挙がきっかけで私は変われたと思うので、きっかけになった総選挙を今年も全力で、そうですね、目指していきたいと思いますし、またSKEが第一党になれるその1人になれたらいいなとも思うし、SKEのためにも自分のためにも妥協しないで全部のことに全力で、甘えないで、いきたいなと思います。

はい、そうですね、これからも変わらない愛で、その持ってるサイリウムとか声援で、こんな私を見てくださったら嬉しいなと思いますので、そうですね、はい、その皆さんのね、温かい心でずっと私を応援してほしいなと思いますので、どうかよろしくお願いします」拍手

「あと、なんだろう、今を大事に生きてほしいなって思うので、後悔のないように、でも無理はしないで一緒に楽しい人生を送っていけたらいいなと思うので、はい、そうですね、今を大事に大切に人生一度きりなので一緒にまた1年頑張っていこうと思いますので、一緒に手にとって、みんなメンタル強くして、一緒に頑張っていただけたらいいなと思います。今日は本当にありがとうございました」拍手

※9分5秒

日高優月「ごめんなさい、まとまらなくて。手に書いたんですけど、ほとんど消えちゃって」客笑
北野瑠華「言い残したことないですか?」
日高優月「ブログで」客笑
北野瑠華「ブログでいいの? 目の前にいますけど、大丈夫?」
日高優月「ブログで」客笑
北野瑠華「じゃーまた改めてブログで19歳の目標を」
日高優月「今日とは言ってないからね」

内山命「優月がこんなにフレンドリーなのはきっとファンの方がね、楽しませてあげれてるんやと思います。皆さんが優月の心をどんどん開いてあげれてるから今の優月があると思うんで、これからも私たち優月ほんと必要なんで、チームKIIに (おー) 皆さんの温かいね…。そう、ほんとに必要やから温かい気持ちで」
日高優月
北野瑠華「ここで?」
内山命「ほんとに必要な子なんでね、皆さん一生懸命応援してあげて、優月の自信になるようなね、ファンの方であってください。ということで本当に最後の曲です」
日高優月 → 両手で目を押さえたまま
客「頑張れ!」


一列礼後、捌ける直前に
日高優月「ほんとに、私は改めてたくさんの人に愛されてるなって実感できたので、自信持って、19歳も楽しんでいこうと思います。皆さん本当にありがとうございました。気をつけて帰ってください。またあとで」




C9N1KJcUAAEG0R1.jpg

C9N1KJbUwAUp_0S.jpg

C9N1KJcUIAAu9wx.jpg

C9N1KJdU0AAoiZT.jpg


ブログ






C9Mhzy8VoAAnYMX.jpg

C9Mh5DJUIAAbMZL.jpg

C9Mh267VYAAkpV5.jpg

C9Mh1OMUAAA2EDo.jpg



















本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND