【速報版】 上西恵 卒業公演レポート

2017.04.18
                 
2017年4月18日 NMB48劇場 チームN「目撃者」公演 18時開演

※セットリスト後

■活動の軌跡 スライドショー


■ダブルアンコール


◆Ex01.途中下車(上西恵・上西怜・吉田朱里川上礼奈須藤凜々花林萌々香梅山恋和)

(曲終了後)

上西恵「最後に何歌うかは凄い凄い迷ったんですけど、楽しい曲のほうがいいのかなとか思いつつも、やっぱりね、せっかくね、こうして曲も作っていただけたし、せっかくドレスも作っていただけたし、あとはやっぱりね、こうやって朱里とか怜とか礼奈とか恋和とかね、来てほしかったんで、他のチームの思い出のあるメンバーにも。だからこの曲を選ばせていただきました」


■卒業セレモニー

・卒業証書贈呈 (ファンの皆様より)

・花冠&花束贈呈 ※プレゼンターの谷川愛梨、号泣

・メンバーより色紙のプレゼント

三田麻央「後ろから見るけいっちさんの衣装がすごくて。凄い綺麗なイメージがあったので後ろからの振り返りけいっちさんを、恵ちゃんを」

・ゆきつんカメラからアルバムのプレゼント

・金のプレート贈呈

山本彩「これはNMBからですね。上西がNMBに在籍していたという証としてですね、こちらの金のプレートを劇場のロビーに飾らせていただきたいと思います。なので、帰ってきたいな、遊びに来たいなと思った時はいつでもここに戻ってきてくれたらと思います」

山本彩「それと、お手紙を書いてきました」
上西恵「うーわ、ぅおー」
山本彩「私が書いたんですけどね」
上西恵「でもほんとに、今日の本番前ギリギリまでちょっとまとまらなくて。ずっと携帯で打ってたんですよ。で、もうすぐ書き終わるってところで全部消えて」
上西恵「えっ? マジで。それはショックやな」
山本彩「だからちょっと、全部言葉にはならなかったかもしれないんですけど、思い出しながらまたダッシュで書き直したので、ちょっと読ませていただきたいと思います」


山本彩からのお手紙 (BGM:ライダー)
上西へ

約6年間NMBとしての活動、お疲れ様でした。

卒業発表があってから今日まで、色んなことが蘇り、色んなことを・・・(しばし読めず)・・・思いました。

上西は同期でもあり、ずっと同じチームでもあったから、一緒にいる時間も多くて、その分何度も助けられてきました。

正直、初めて副キャプテンに指名された時は上西には重荷すぎるんじゃないかなと心配になりました。

それでも、きっと苦しいこと、大変なこと、余裕がない時もあったと思います。でも、少しでも私の負担を減らそうと誰よりもチームのために動いてくれました。

私が出られない日の公演後は毎回「今日の公演はどうだった、リハーサルはどうだった」と1つ1つ細かく、そして「メンバーの誰々がどうだった」1人1人の様子や体調のことまで私にLINEをくれていたことで、私が少しチームを離れている間もすべてではないけれど、メンバーのこと、知ることができていました。だから、上西がいなかったらチームは成り立っていなかったと思っています。

去年のZeppツアーの時にも一度卒業について揺らいでいるということを聞いた時にショックはあったものの、止めるべきなのかもわからず、話を聞くことしかできなかったけど、ツアーが終わって感じた「NMBが好きだ、メンバーが好きだ」という思いから一度卒業を踏みとどまってくれたのが嬉しくありながらも、きっともう次はないんだろうなと、どこか覚悟していました。

だから卒業を、決断を聞いた時は驚きはしなかったんですけど、上西の人としてのNMBにおいての存在の大きさゆえに、きっと他のメンバーのショックは大きいんじゃないかなと思いました。

困っているメンバーを放っておかない、絶対に置いていかないその優しさに救われたメンバーがたくさんいると思います。もちろん私もその1人です。

だから、正直明日から上西がいない現実が始まると思うと不安要素もあるけれども、でも上西が守ってきてくれたこのチームを私たちはこれから自分自身の全てをかけて守っていきたいと思います。

もちろん上西の魂を受け継ぐ怜ちゃんの面倒もしっかりみたいと思っています。

だから、上西自身もきっと不安はあるかもしれないけど、NMBのことは安心して、自分の道をこれからは歩いていってください。

これからの上西の人生が今まで以上のものになることを心から願っています。

本当にお疲れ様でした。

卒業おめでとう。

山本彩「以上です」
上西恵「ありがとう。嬉しい。めっちゃ久しぶりの手紙や、さや姉から」
山本彩「1回消えた時は諦めたんやけど、これは絶対に諦めたらあかんと思って」
上西恵「嬉しいわ、ほんまに」
山本彩「おめでとう。お疲れ様」 → ハグ

上西恵「私、めっちゃ大好きやねんで、マジ」
山本彩「何が?」
上西恵「さや姉、さや姉。ほんとに。さや姉の生誕で手紙書く時も書きながらめっちゃなんか泣けたし。友達も、もう歌うとこ想像しただけでいつもお風呂で泣いたし」
山本彩 → 笑
上西恵「ほんとに大好き。ありがとう」
山本彩「ガチ恋時代もいい思い出ということで」客笑
上西恵「すっごいな、ほんとなつきしすぎてたな」

山本彩「では、最後に上西からファンの皆さんに思いの丈をどうぞお伝えください」

ファンの皆さんにメッセージ
上西恵「もう本当に本当に最後なんですね。これが終わっちゃうと、私はNMB48のメンバーではない、という。

ほんとに、振り返ってみると凄い濃すぎて、もう毎日が。そして楽しくて。

改めてオーディションを受けようって言ってくれた友達に凄い感謝なんですけど。あの時、受けてなかったら、こうやってメンバーとか皆さんに会うことはなかったかも知れないって考えると、ほんと受けて良かったなって思います、オーディション。

ほんとに、まぁあの時もっとこうできたなーとか、もっとこうしたら良かったなっていうのはやっぱりあるんですけど、でも全てを楽しんできたからこそ、後悔はしてないし、ほんとに。なんか、NMB48に入って学んだこととかやったものが凄くたくさんあるから、あんまり卒業後大丈夫かなっていう不安は無くて。ほんといっぱい私にはね、あるので、皆さんから頂いた物が。

逆に、ほんと今めっちゃこんなに応援してもらってて、大好きなメンバーともずっと一緒にいれて、逆にこんな楽しいこともう2度と無いのかなーとかたまに考えちゃうと寂しくなるんですけど。でもまぁ、それは自分次第だと思うので、楽しく過ごしていきたいし。

こういう時ってありがちな言葉になっちゃうんですけど、最初なぜかオーディションを受けた時は凄い自分に自信があって。あんなに田舎の子で、なんか垢抜けない子だったのに。でもなんかやっぱり自信は大事だなって思いますし、その自信があったからこそ、あんな私でもこのオーディションに受かれたし。

でもやっぱり入ってみると周りが凄すぎて。特に1期生とか。ほんと凄い子ばっかりだったんで、やっぱりどんどん、何もできない自分に自信が無くなっていって、どんどん。

でもそんな時、本当に皆さんがついてくださってたからこそ、自分にしっかりと自信を持って、ステージに立ったりすることができたし。ほんとに皆さんがいなかったら、絶対今私はこうしてここに立ってないし、もっと何も得ることもないまま早くに辞めてしまっていたと思います。

ほんとに、もうたっくさんたくさん思い出がありすぎて話すと長くなっちゃうんですけど。

総選挙もほんとやっぱり自分に関係ないことって思ってる時はランクインできなかったけど、なんか、皆さんのおかげでだんだん自信が持てて、ちゃんと自分にも関係あることだって自覚できるようになったら、ほんとランクインできたりもしたし。もうすぐ総選挙なんで、みんなにも頑張ってほしいし。

あとは写真集の755の時でも、ほんとに皆さん寝ないでたくさんウォッチしてくださったおかげで、1stも出すことができ、そのおかげで2ndもつい最近出すことができたんで。皆さんありきでの私でした。

あとは私って個人的にはこのチームで最後、卒業公演ができたっていうのが凄い嬉しくて。円陣の時にもね、みんなには言ったんですけど。ほんと3ヵ月、4ヶ月、まぁ3ヶ月半ぐらいしかは一緒に活動することはできなかったんですけど、なんかほんとにほんとにこのチームのこと好きになっちゃって。

だらかまぁ、ひとつ後悔があるとしたら、まぁこのチームでツアーとかもしてみたかったなっていうのはあるんですけど。まぁそれをしてたらもっともっと好きになって、もう離れられなくなっていたと思うので、卒業はこのタイミングで良かったかなとも思います。

ほんと、明日からは皆さんと直接会ったりもできないし、NMB48の私ではなくなるんですが、私は絶対にもう、このNMB48にいたことを、ずっとずっと忘れないし、皆さんもずっとずっと心のね、どこかに、私の存在を置いていてくれたらいいなって思います。

本当に皆さんに。あっ、DMMとか、モニ観。遅くなりました。モニ観してくださってる方とかDMM観てくださってる方もありがとうございます。

ほんと皆さんに出会えて凄く凄く良かったです。ほんと、私を変えてくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとに6年半ありがとうございました」拍手

※5分38秒

山本彩「上西がメンバーでは無くなって、NMB48はもっともっと・・・自分自身がNMB48において大切なものになるという自覚を胸に、これからも更に前だけを向いてメンバー全員で歩き続けていきたいと思います。どうぞNMB48のこともこれからも温かく見守ってくださると嬉しいです。よろしくお願いします」


一抹礼後に・・・
山尾梨奈「あの、今日は恵ちゃんの生誕祭でもあったので、ハッピーバースデー歌いませんか?」

みんなでバースデーソング歌ってお祝い 「ハッピーバースデー ディア けいちゃん」

上西恵「22歳いい年にします。ありがとう、ほんとに」

客「合言葉」
上西恵「合言葉? じゃーみんなでやりますね」 → 「(素声で)やっぱり恵ちゃんが!」
メンバー&客「ナンバーワン!」


捌ける直前に
上西恵「本当に何度も言うけど、皆さんに会えて幸せでした。ほんとにありがとうございました」拍手


Google+より
金子剛 2017/04/18 22:31

18日(火)
チームN『目撃者』上西恵 生誕祭&卒業公演!!


ダブルアンコールでは
上西恵・上西怜・吉田・川上礼奈・林・須藤・梅山で
♪[途中下車] を披露!!


続いて生誕祭&卒業セレモニーへ。
ファンの皆様よりと卒業証書と花冠・花束が送られました。
チームNメンバーからはそれぞれ色紙と、
東由樹からはゆきつんカメラの写真が収められたアルバムをプレゼント!!


そして山本彩から上西恵へ手紙です。
「発表があって、今日まで色んな事が蘇り、色んな事を思いました。
上西は同期であり、ずっと同チームでもあったから
一緒にいる時間も多くて、その分、何度も助けられました。
正直、初めて副キャプテンに指名された時は、
重荷過ぎるんじゃないかと心配になりました。
それでも少しでも私の負担を減らそうと
誰よりもチームの為に動いてくれました。
私が出られない日の公演後は毎回、
『今日の公演はどうだった』『リハーサルはどうだった』と
1つ1つ細かく、そして『メンバーの誰々がどうだった』と
1人1人の様子や体調の事まで連絡をくれた事で
私がチームを離れている間も、
全てではないけれど、メンバーを知る事ができていました。
上西がいなかったら、チームは成り立っていなかったと思います。
去年のZeppツアーの時にも、一度卒業について揺らいでいる事を聞いた時、
ショックはあったものの止めるべきか分からず、
話を聞く事しか出来なかったけど、
ツアーが終わって感じた、NMB48が好きだと言う思いから
踏みとどまってくれたのが嬉しかったです。
人として、NMB48として上西の存在が大きいがゆえに、
メンバーのショックは大きかったと思います。
困っているメンバーを放っておかない、
絶対に置いて行かない優しさに救われたメンバーが沢山いたから。
正直明日から上西がいない現実が始まると思うと不安はあるけど、
でも、上西が守ってきてくれたチームをこれからも何もかも捧げて
守って行きたいと思います。
だから安心して自分の道を歩いて行ってください。
これからの上西の人生が今まで以上のものになることを心から願っています。」

本人より。
「振り返ってみると毎日が濃すぎて、そして楽しくて
改めてオーディションを受けようと言ってくれた友達に感謝です。
あの時受けていなかったら、こうやってメンバーとか
みなさんに会う事が無かったかもしれないって考えると
本当にオーディションを受けて良かったなと思います。
NMB48に入って学んだ事とかやったものは本当に沢山あるから
卒業後大丈夫かな?という不安はなくて、
いっぱい私には皆さんから頂いたものがあるので、
逆に今めっちゃ応援して貰っていて大好きなメンバーともずっと一緒に居れて
こんな楽しい事は、もう二度とないのかなってたまに考えて寂しくなります。
でもそれは自分次第だと思うので楽しく過ごしていきたいし、
最初オーディションを受けた時は何故か自分に自信があって、
でも自信は大事だなと思いますし、
自信があったからこそあんな私がオーディションに受かる事ができました。
でも入ってみると周りが凄すぎて、特に1期生とか本当凄い子ばっかりだったんで
何もできない自分に自信が無くなっていきました。
でもそんな時皆さんがついてきてくださったから、
自分にしっかりと自信を持ってステージに立つことが出来たし
本当に皆さんが居なかったら私はここに立っていないし
もっと何も得る事もないままもっと早くに辞めていたと思います。
総選挙も自分に関係ない事と思っている時はランクインできなかったけど
皆さんのおかげでだんだん自信が持てて
ちゃんと自分にも関係のある事だと自覚を持ったらランクインする事が出来ました。
個人的はこのチームで卒業公演が出来たことが嬉しくて
3カ月半しか一緒に活動する事が出来なかったんですが、
本当にこのチームが好きになりました。
明日から皆さんと直接会う事は出来ないしNMB48の私ではなくなるんですが、
私は絶対にこのNMB48に居たことを忘れないし、
皆さんも心のどこかに私の存在を置いてくれたら嬉しいなと思います。
私を変えてくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。6年半ありがとうございました。」
とメンバー・ファンの皆様へ感謝の気持ちを伝えました。


NMB48 1期生として、
NMB48を支え続けてくれた上西恵。
パフォーマンス面はもちろん、
精神的な面でもメンバーの支えであり
みんなから信頼される、頼りになる存在でした。
グループとしてではなく、上西恵として
これから新たな夢に向かう彼女を応援したいと思います。
本当にお疲れ様でした。
卒業おめでとう!


NMB48 劇場出演回数 522回


本日公演にお越しくださった皆様、企画に携わってくださった皆様、
今まで上西恵を応援してくださった皆様
誠にありがとうございました。


P.S本日より発売した、
上西恵1st写真集「生涯上西宣言」を映像化したDVD&ブルーレイ!!
上西の魅力がたっぷりつまった本作、
どうぞその目でご確認下さい!!宜しくお願いします!!

それではみなさんご一緒に~
「や恵N1!!!」

170418 (1255)

170418 (1256)

170418 (1257)

170418 (1258)

170418 (1259)

170418 (1260)

170418 (1261)

170418 (1262)

170418 (1263)

170418 (1264)

170418 (1265)

170418 (1266)

170418 (1267)

170418 (1268)

170418 (1269)

170418 (1270)

170418 (1271)

170418 (1272)

170418 (1273)

170418 (1274)



C9tEbldVYAUJlRr.jpg

C9tEbRpUMAAB18O.jpg

C9tEbRpVYAA1zRV.jpg

C9tEbRrU0AARyBV.jpg
























































本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND