【速報版】 清司麗菜 16歳の生誕祭レポート

2017.04.19
                 
2017年4月19日 NGT48劇場 研究生「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」公演 18時30分開演

C9xXLwhU0AAjK8-.jpg


◆仕切り:長谷川玲奈

日下部愛菜からのお手紙 ※ある方からというていで
麗菜へ

お誕生日おめでとう。

私より麗菜が先に16歳になるのが不思議です。

麗菜と私が初めて会ったのはバイトAKBのオーディションの時でした。最終オーディションの受付の時に隣に並んでいた子がやんちゃっぽい、怖そうな子だなって思いながらも「この子といつかコンビとして活動したら面白そう」とか勝手に頭で想像していました。その女の子が麗菜でした。

まさか、本当にコンビとして一緒にいるなんて信じられないくらいビックリです。

それからバイトAKBとドラフト候補生として活動してきたよね。同い年ということもあり、すぐに仲良くなって、ずっと一緒にいたね。

ドラフト会議で落ちた時は一緒に泣いたね。これでもかってくらい2人で泣いた。

帰り際、バイバイする時に、もう一生会えないかもしれないのにきっといつかまたどこかで会えるって思ってる自分がいました。

それからすぐにNGT48のオーディションがあって、2人で連絡を取り合って、絶対夢叶えようって話して、新潟に行く覚悟でオーディション受けたよね。

発表の時、私が先に名前を呼ばれて、もちろん嬉しかったけど、涙は流さずに頭の中は麗菜でいっぱいでした。

麗菜が受かった時に一気に涙があふれました。本当に本当に嬉しかったです。

日下部愛菜 → 涙
清司麗菜 → 涙

NGT48に入ってからも、いいことばかりじゃなくて、研究生からのスタートだったり、なかなかうまくいかないことばかりで大変だったり、つらいこともあるけど、その分楽しいことだったり、嬉しいことをたくさん共有できて私は嬉しいです。

こうして同じ道を一緒に歩いてきて、麗菜とは何かつながってるんじゃないのかなって思います。

麗菜といると素の自分をすべてさらけ出すことができるし、本当に気が合いすぎて怖いくらい、毎日が、いっぱい笑って楽しいです。

麗菜は私にとって一番信頼してるメンバーであり、一番の良きライバルです。

これからも切磋琢磨し合いながら上を目指して頑張っていこうね。

いつも私のワガママを聞いてくれてありがとう。

愛菜にくらい少しは甘えてね。

大好きだよ。

愛菜より

長谷川玲奈「れいにゃー、お手紙どうですか?」
清司麗菜「こんな泣く予定じゃなかったんだけど(涙)」客笑 → 「なんか、ほんとに、愛菜だってことはわかってたんですけど」客笑
日下部愛菜「何で」
清司麗菜「なんか、ほんとに愛菜とはこのメンバーの中で一番一緒にいる時間が長くて、ほんとに愛菜には何でも言い合えるし、ほんとにずっと一緒に頑張ってきた仲だから、ほんとに大好きな私の大切な親友でもありますし、でもなんか、私、ダンスが凄い、バイトAKBの時とかドラフト候補生の時は凄く苦手で、ほんとに全然踊れなかったんですけど、でも愛菜はやっぱダンス習ってたのもあって凄い踊れてたんですよ。でも一緒に仲良くしてるのに、いつも前にいる愛菜を見てほんとは凄い悔しいって思ってたけど、でもほんとに私がここまでダンスとか色んな部分で成長できたのはほんとに愛菜がいたからなので、ほんとに愛菜には感謝しています。ありがとう」
日下部愛菜「うん、ありがとう、おめでとう」拍手


こんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンの方々にひと言よろしくお願いします
清司麗菜「私は、いつもファンの皆さんに凄い助けられてばっかというか、凄い逆に私が笑顔をあげる、元気をあげるほうなのに凄い助けられてばっかで、私は、その応援してくれているファンの方にちゃんとまだ恩返しが全然自分の中ではできてないなって思ってるので、この16歳の年は皆さんに目に見える形で恩返しをしていきたいなと思っていて。

やっぱりそのためにも一番は昇格を今年は本気で狙って、昇格できるように頑張っていきたいと思ってます。

研究生と正規メンに分かれた頃からもう1年半ぐらい経つんですけど、その中でも凄い色んなたくさんの経験をしてきたんですけど、でも私の中で一番大きかったのが「ひぐらしのなく頃に」というドラマにキャストとして研究生から1人選ばされていただけたことだなと自分の中で思っていて。

やっぱりそれは自分にとって凄い大きなチャンスだったと思うんですよ。でもなんか、今の現状というか、見てると、見直すと、そのチャンスをしっかりちゃんと掴めなかったなって思っていて、もっと頑張れたと思ってて。

やっぱりひぐらしが始まってから、握手会とかでも「ひぐらし見たよ」って言ってきてくれる方が凄いたくさん増えて。握手会に来てくれる人が凄く増えたんです。

でも、初めて来てくれた人とかもたくさんいたんですけど、そのファンの人がその時だけしか来なかったっていうか、そういう思い当りが凄いたくさんあって。やっぱり握手会とかももうちょっと自分で頑張れたんじゃないかなと思って少し後悔しています。

なので今年は、もっと握手会も頑張っていきたいと思っていますし、私けっこう、皆さんからしたら私けっこうお馬鹿みたいな感じだと思うんですけど、馬鹿は嫌なんです。馬鹿なんですけど。馬鹿ですよ、私」客笑

「馬鹿なんですけど、でもなんか、馬鹿だけじゃなくて、馬鹿なところもあるけど凄いちゃんとしてるところもあるっていうか。MCとかでも私、思ってることを言葉にするのが、日本語が苦手で(客笑) 言葉を知らないんです、色んな。難しい言葉だったりを知らないから、MCとかで伝えたいことがあってもうまく伝えられなかったりするんですよ。

だからそういうのはもっと自分の直していかなきゃいけないところだなって思ってますし、これから活動として、もっとMCの力もつけていきたいなと思っています。

あとは、チャンスとかは、凄いきれいごとみたいになっちゃうかもしれないんですけど、チャンスは、なんだろう、常にそこら辺に、なんか言い方がちょっと難しい、転がってるものだから、そのチャンスをしっかり自分のモノにしていきたいなと思っています。

最近だったら青春時計のカップリング曲で「純情よろしく」という曲でダンス選抜として選ばさせていただいたりもして、それも私にとって1つのチャンスだと思っているので、そのチャンスをこれから結果に出せるようにしていきたいなと思っています。

そして、考えてきたことを順番に頭に浮かべて・・・。

あの、今年も選抜総選挙が沖縄で行われることが発表されたんですけど、今の私では、去年も同じだったんですけど、もちろん立候補したからにはランクインを目指したいとは思ってるんですけど、でも胸を張って「ランクインしたいです」とはまだたぶん今の自分の状況では言えないと思うので、もちろん今年も自分ができる限りのことは精一杯頑張りたいと思ってるんですけど、まだやっぱり胸を張って言えないというのがあるので、これからまた色々ある中で色んなことを学んで、胸を張って「ランクインしたい!」って言えるようになりたいです。

そして、最後に。今日は本当に、当日に生誕祭を行われたことがほんとに嬉しくて、凄い当日に皆さんにこんなたくさんの方に祝ってもらえて本当に幸せです。今日はありがとうございます」拍手

「さっきも言ったように、今年は皆さんにきちんと、ちゃんと恩返しをしたいので、これからも、さっきも言ったように今年は本気で昇格を目指して頑張っていきたいと思っているので、皆さんこれからもどうか私の応援をよろしくお願いします!」拍手

※6分13秒

清司麗菜「凄い話まとまってなくてごめんなさい。ありがとうございました」拍手










C9yCrxwVYAEy5Tg.jpg





C9wju8KUAAAAeri.jpg

C9wju9FVwAAURYH.jpg



C9xmPokVwAAXkSD.jpg

C9xmQnjUMAEvYnL.jpg







本日23時よりアーカイブ配信開始
NGT48 LIVE!! ON DEMAND