【速報版】 矢作有紀奈 22歳の生誕祭レポート

2017.04.19
                 
2017年4月19日 SKE48劇場 研究生「青春ガールズ」公演 18時15分開演

◆仕切りは野々垣美希
(バースデーソングの前に)

野々垣美希「それでは…」
客「フー! フー!」
野々垣美希「それではお手紙を読んでもらいたいと思います」
他メン「ろうそく消さないと」
野々垣美希「それではろうそくの火を吹き消してください」
他メン「お誕生日の歌」「誕生日の歌うたおうぜ!」

→ バースデーソングへ


ある方からのお手紙 (代読:森平莉子)
有紀奈ちゃん、お誕生日おめでとう。

昔からダンスが大好きで、気持ちが落ち着くからと暇さえあれば鏡の前で踊っていたね。

なので、こうして念願のSKE48に加入させていただけて、誕生日までもお祝いしていただけて本当に良かったね。皆様、本当にありがとうございます。

一生懸命ずっと勉強してきたのに、どうしても希望の大学に合格することができず、諦めることを選択した時は本当につらく、悲しそうでしたね。その様子を見ていたお母さんもつらかったです。

でも、あの時の挫折や涙があったからこそ、今こうやって自分の好きなことを頑張れるのだし、あの時の選択は正しかったと笑顔で思うことができるようになって本当に良かったね。

まったくの世間知らずで、ドジっ子代表みたいな子を(客笑) 遠い名古屋で一人暮らしさせるのは家族一同で不安でいっぱいでした。

最後の日に名古屋駅で見送ってくれた1人ぼっちの有紀奈の姿がなかなか頭から消えず、お母さんは帰りの新幹線の中で涙が止まりませんでした。

でも、今は一応はしっかりと一人暮らしをしているようなので、ひと安心しています。

「ファンの人がこんな手紙をくれたんだよ」とか「ファンの人たちって本当に優しいんだよ」とかよく嬉しそうに報告してくれます。そんなにファンの人たちが好きなら結婚相手はファンの人から探したらと

※客席、盛り上がる

家族で笑いながら話したほどです。

ファンの方々はもちろんのこと、スタッフさんや先輩の方々、8期生の皆さん、これからも娘が色々とご迷惑をおかけすることが多々あるかもしれませんが、これからも矢作有紀奈をどうぞよろしくお願いします。

有紀奈の母より


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
矢作有紀奈「私のお母さんはけっこう教育熱心のお母さんで、もうずっと私は小さい時から「勉強勉強」って言われて、私が初めて「SKEさんに入りたい」って言った時、絶対にダメだって言われると思ったんですけど、意外と「あなたがやりたいことならいいよ」って言ってくれて、本当に愛を感じました。

皆さんとか…。ファンの皆さんやお母さんの期待に応えれるようこれからも頑張ります。

今年の抱負は、一生懸命頑張ります。我武者羅に頑張ります。よろしくお願いします」拍手

※43秒

野々垣美希「もう全部言った? 言い残したことない?」
矢作有紀奈「全部言った」客笑

野々垣美希「有紀奈ちゃんは、お勉強が大変で、ずっと「PARTYが始まるよ」公演にも出られなくて。でも、なんとか最終日に間に合って、出られることができて、今「青春ガールズ」公演も一緒に出ることができています。これからも研究生全員でこの「青春ガールズ」公演を頑張っていくので、SKE48研究生への応援をよろしくお願いします」


一列礼後、捌ける直前に
矢作有紀奈「今日はほんとに、ほんっとにほんとにほんとにありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。皆さんのこと大好きです。ありがとう。バイバイ」拍手


170419 ske (5)

170419 ske (6)

170419 ske (2)

170419 ske (3)

170419 ske (1)



C9wmmBEVwAAU35x.jpg

C9whP2-UIAAVuLh.jpg




本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND