【速報版】 高倉萌香 16歳の生誕祭レポート

2017.04.27
                 

2017年4月26日 NGT48劇場 チームNⅢ「パジャマドライブ」公演 18時30分開演

170426 高倉萌香

◆仕切り:佐藤杏樹加藤美南本間日陽

◆ファンの皆さんからの花束&うさ耳贈呈

ある方からのお手紙 (代読:西潟茉莉奈)
もえちゃんへ

もえちゃん、お誕生日おめでとう。

月日が経つものは早いもので、もう16歳になったね。

この生誕祭に携わった皆様に感謝申し上げます。私は萌香の80歳になるおばあちゃんです。

もえちゃんは生まれた時から一緒に住んでいて、ずっと成長を見守ってきました。

色々と思い出がある中、保育園に行くのを嫌がってお座敷の奥の部屋に隠れて困らせたこともあったね。

保育園から帰ってきて、私の姿が見えないと、部屋の周りを泣いてグルグルまわり、隣のおじさんに連れてきていただいたことも何回もあったね。

小学校へあがると運動会、文化祭、マラソン大会、ピアノの発表会を見に行くのが楽しみでした。

マラソン大会で女子新記録を出したり、合唱祭のピアノの伴奏をしたり、何事も一生懸命に取り組む頑張り屋さんでした。

小さい頃から動物も大好きでした。子うさぎを飼うことになり、成長するともえちゃんにしかなつかない気の強い少々困ったうさぎでしたね。でも愛情を持って、可愛がって、めんどうを見てくれました。

中学では毎朝自転車で学校へ通い、勉強に部活と忙しい普通の中学生でした。

中学2年生の夏、もえちゃんに『NGT48合格』という大きな転機が訪れましたね。テレビや新聞にうちの孫が出ていたのが腰を抜かすほど驚きました。

最近ではテレビや新聞、雑誌で見れるのが楽しみです。

たまに上越に帰ってきた時、玄関ホールの鏡の前で振りの練習や確認を何時間もしている姿に感心しています。

そして、新潟市に帰る時、「おばあちゃん、無理しないで。体に気をつけてね」と言って気遣ってくれる優しい子です。

これからまだまだ大変だけど、ファンの皆さんを大切に思い、メンバー、スタッフの皆さんと仲良くやっていってほしいです。私もずっと応援して見守っています。

おばさくより

メンバー「おばさくって?」
高倉萌香「おばあちゃんのあだ名」客笑

メンバー「どうでしたか?お手紙もらって」
高倉萌香「嬉しい」
メンバー「おばあちゃんとはよく会うの?」
高倉萌香「おばあちゃんとはよく会うんですよね。でも、そうね・・・。いつもお母さんとかおばあちゃんとかお父さんにですね、いつも迷惑かけちゃって、なんか反抗的な態度をね、とっちゃうんですね。だから、それを応援してくれるのはわかるんですけど、申し訳ない気持ちで。私がNGTに入ってから家族が壊れちゃうんじゃないかなっていつも思ってて。私のせいでこんな羽目になっちゃってっていつも思ってたので」
加藤美南「でもね、応援してくれてるってことだから」
高倉萌香「そう、だから凄い嬉しいですね、なんか。私は多分みんなのために何もできてないかもしれないけど」
客「そんなことないよ!」
高倉萌香「こうやってお母さん、おばあちゃんもみんな家族全員で応援してくれて、それが私の今の支えになってると思うので、絶対に何か恩返しとかをしてあげたいなって思ってます」拍手


ある方からのお手紙 (代読:本間日陽)
萌香へ

お誕生日おめでとう。

高倉萌香「ありがとう」客笑

指原です。

萌香は後輩から見たらすっごく怖いであろう私と仲良くしてくれる数少ない後輩です。

初めてお話したのは一緒にやっていた番組、さしきた合戦の時だね。

収録中、爆発的に面白い時もあれば、本当に意味のわからないことをして、現場を変な空気にすることもあり、収録中に泣かないのに、カメラが止まってから泣くというおいしくないパターンの涙があったり、この子作ってる部分が一切ない、本物だなーといつも関心していました。

最近萌香が前向きでとっても嬉しいです。ちょっと前までは毎日泣いていて、毎日葛藤していたのに、人間ってこんなに変われるんだね。何で?って訊いたら「ママがiPhone買ってくれたから」のひと言(爆笑) 理由がとっても斬新でした。お母さん、iPhoneもっと早く買ってあげてください(客笑)

そんなこと言ってましたが、本音はきっと違うと思います。萌香はきっとすっごく強がりです。ママがiPhone買ってくれたことを理由にして変わるきっかけを作りたかったんだろうなって。

強がりの萌香ちゃん、覚えてますか? NGTのセンターをしている時、私にセンターが嫌だってずっと言ってたよね。

センターじゃなくなって、その気持ちがどう変わったかなんて野暮なことは聞きません。私は、萌香はまだまだ力を残している思ってます。自分の気持ちに正直に、センターを目指して頑張って。

16歳、大人になったんだから、周りの気持ちも考えられる人になってね。

萌香が前に「私がセンターできっとみんなは嫌だと思う」って不安がってたでしょ? 萌香がセンターじゃなくなったということは、その代わりに別の誰かがその気持ちになってるっていうこと。天然の萌香も大好きだけど、気配りのできるいい女性になってね。

そして、私のお友達のきたりえちゃんを支えて素敵なチームを作ってください。

最後に。1週間に一度くらいの頻度で病んでるLINEを送ってくるのやめてください(笑) ※客笑

HKT48指原莉乃より

本間日陽「というわけで、指原さんからのお手紙でした。どうですか?」
高倉萌香「なんか最近冷たくなったから(客笑) どうしたんだろうって思って」
本間日陽「1週間に1回くらい病んでるLINEを送ってくるのやめてくださいって書いてあるよ」
高倉萌香「連続で前、1週間送っちゃった時あって。もうやらない(客笑) でも指原さんは私の、何でも凄い相談を聞いてくださったりとか、いつも私が病んでる時にいっつも声をかけてくださいまして、電話とかもしてくれたりとか、色んなとこで会うと声をかけてくれたりとか凄い優しく接してくださって、私はそんな指原さんが凄く大好きなので、これからもまた一緒にいっぱい喋ったりしたいですし、やめないでほしいですね。でも凄い今日こうしてお手紙をわざわざ私のために書いてくださったので凄い嬉しい気持ちでいっぱいです」拍手


生誕祭を開いてくださった、ここにいるファンの方、そしてDMMのファンの方にひと言お願いします
高倉萌香「えっとですね、ちょっと長々と話すのはちょっと申し訳ないんですけど、手短に。

あの、私は色んな結果を求めすぎてしまって、色んなことが自分のプレッシャーになって。なんか、些細なことでも私のプレッシャーになってしまって、「大丈夫だよ」ってみんなが言ってくれるのに、それもプレッシャーになっちゃって。自分は一体どうやって頑張ったらいいのかわかんなくて。だから、なんか実力もないのに、申し訳ないなっていう気持ちがいっぱいで、今。だから、何で自分はこんなダメなんだろうなって思って」

客「そんなことないよ!」

高倉萌香「私、何もできないし」

客「そんなことないよ!」「できてるよ!」

高倉萌香「何でこんなに自分は何もできないんだろうって毎日思って、毎日わかんないけど涙が出てきて。普通の生活に戻れば良かったなって思った時もたくさんありました。

だから、何でみんなのように同じ生活ができないんだろうって凄く思ってしまった時があったんですけど、やっぱり、去年も言った通り、私はやっぱりNGTが大好きで、こうやって自分で進んだ道だと思うし、これを簡単に自分でこんなチャンスを与えてもらったのに自分で消してしまったらダメだろうなって凄い最近思うようになって。

こうやってここまで私をこう成長させてくださったのも皆さんだし、こうやって素敵なファンの皆さんとか、あと素敵なこんなにいっぱいいるメンバーのみんなだったりとか、あとは、もうこんなに素敵な人と出会うことはなかったんだろうなって思います。

私はもうほんとにみんなが大好きなので、いつも自分のことばっかり、自分がどう思われてるのかっていうのが凄く気にしちゃって。だから、みんな嫌いになっちゃったのかなとか思ってしまう時もいっぱいあったので、やっぱりこうして続けられたのは皆さんのおかげだし、支えてくださったメンバーとか家族とかほんとに色んな方に成長させていただいてるなって凄い思ってます。

あともう1個あって。私、目標ができて。やっぱり私、凄く諦めてしまって、実力がないからなって思って。去年の総選挙だったりも全然自分でアピールすることもできなくて、こんな自分なんて無理だろうなって凄い諦めてて、何もできなくて終わっちゃって。

その後に、やっぱり悔しいって思ったので、やっぱり私はNGTとして、今年総選挙が行われると思うんですけど、去年言えなかったランクインっていうのを目指したいなって思って。

でも、やっぱりランクインとかが全てじゃないし、握手会とかで頑張ったりとか、公演とか頑張ったりとか色んなところで頑張るっていうのもいっぱいあると思います。

でも、やっぱり48グループで、この総選挙っていうのは多分なくてはならない行事だと、イベントだと思うので、私はその目標に向かってちょっとでも成長できていけたらなと思ってます」拍手

「色んな個性のあふれるNGT48をこれからもみんなで精一杯頑張っていきたいと思うので、良かったらいっぱい応援してくださると嬉しいです。

今日はわざわざ私のためにこうして皆さんが集まってくださって、素敵な生誕祭だったり、あとこの前行われた握手会で私のために横断幕とかを作ってくださって、凄い半年前から準備をして考えてくださっていたみたいで、その気持ちに応えられるように私は何かで結果というものを残せたらいいなと凄く思っています。

こんな私なんですけども、良かったら皆さんに応援してもらって、凄い応援してて楽しいって思ってもらえるような人になれるように、あとはなんだろうな、気遣いだったりとか、そういうのも、いっぱい、みんなのために私は頑張りたいなって凄く思うので、良かったらこんな私を応援していただければ嬉しいです。今日は本当にありがとうございました」拍手

※5分26秒

加藤美南「凄い、去年より前向きだったよね」
他メン「思った」
加藤美南「だってさ、去年「ダンスが大嫌いで」みたいなこと言ってたから、今日も心配してた」
高倉萌香「いっぱい頑張ろうと思って。頑張ることしかできないけど(涙)」
加藤美南「何で泣いちゃう。泣かないで。大丈夫、みんなに伝わってるはずですよね?(拍手) ほら、伝わってるって」










C-WLjbiUAAEh58_.jpg

C-Vs02YUMAAEkpY.jpg










C-UlQ7sXUAAGByb.jpg

C-UlQ7uWAAA4IQL.jpg

C-UlQ7-XsAAGZ7U.jpg

C-UlQ7uWsAEOtlu.jpg

NGT48 LIVE!! ON DEMAND