【速報版】 髙橋真生 16歳の生誕祭レポート

2017.06.03
                 
2017年6月3日 NGT48劇場 研究生「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」公演 13時開演

170603 (503)

◆仕切り:角ゆりあ

◆ファンの皆さんからの花束&花冠贈呈

16歳になってみて、どうですか?
髙橋真生「そうですね、あんまり、未だに実感が沸いてなくって。当たり前ですけど、昨日まで15歳だったわけで、今日いきなり16歳だよって言われても「あっ、そうなのか」って感じなんですけれど、こうしてほんとに皆さんに当日にお祝いしていただけるというのはほんとに幸せなことだなって思うので、ほんとに今日研究生公演ができてとっても嬉しく思います、ありがとうございます」


佐藤杏樹からのお手紙

佐藤杏樹「今日は私、書いちゃいました」
他メン「言っていいの?」「先に言っちゃうんだね」
佐藤杏樹「もう今日は言っちゃいます。かなり恥ずかしいんで、私ほんとは」

真生へ

16歳のお誕生日おめでとう。

去年の私の生誕祭に真生がお手紙を書いてくれたから、今年は絶対に私が書きたいなと思って、書かせてもらいました。

普段ずっと一緒にいるし、誰かにお手紙を書くなんて久しぶりだからちょっと照れくさいです。

真生との出会いはオーディションの二次審査だったね。番号が2人続いて、目を合わせて「良かったね」って笑ったのが初めてでした。

そこから仲良くなって、最初の合宿前にお互いの家族同士でご飯も食べに行ったね。

偶然地元も近くて、話してみて、想像以上に話も合うし、こんな子に出会えるなんて思ってもいなかったから絶対に大切にしたいなって思いました。

一緒にいて感じることは、真生はほんとにいい意味でおせっかいで、私が何かをこぼしちゃったら「もう何やってんの」って言いながら私のお洋服を何から何まで全部拭いてくれたり、ジュースのフタが開けられなかったら「ほら貸して」って余裕な顔して馬鹿力で開けてくれたり(客笑) お母さんみたいに何でもしてくれて、真生はほんとに面倒見がいいよね。そういうところが同い年のはずなのに私より全然お姉ちゃんに感じます。

でも、そんな真生だけど、大人っぽくしっかりとした一面だけじゃなくて、テンション上がってノリ大丈夫?ってなるぐらいネジがどこか外れたみたいに暴れだすところも、毎日毎日「あんちゃん、あんちゃん」って甘えてくる真生はファンの方にも自慢したいぐらい可愛いです。

せっかくの真生の誕生日で、ほんとは書きたいことがいっぱいすぎて、ほんとに困っちゃいます。

でも言いたいのは、いつどんなことがあるかわからないから、つらいことがあったら何でも相談してくること。我慢しがちだから時々杏樹は心配になります。そのためにいつでも杏樹が隣にいるから、ちゃんと相談乗るし、泣いたらいつだってそばにいるよ。

頭は悪くて勉強も弱いけど私には真生を元気づけることはできるから、杏樹はここにいるし、いつでも泣きついておいでね。

パっと2人でどっかに遊びに行こうね。一緒に行きたいって決めた場所も全部制覇していこう。

いつでもどこでもつっこみどころが多くて可愛くて、NGTイチのオシャレ番長を心から愛しているよ。

真生の16歳、笑顔いっぱいの幸せな1年になりますようにずっと祈ってます。

P.S. この手紙を考えている時、まうまうは隣で口を開けて爆睡してました(客笑)

真生の大好きな親友・佐藤杏樹より

角ゆりあ「お手紙を聞いてどうでしたか?」
髙橋真生「去年は読む側だったんですけれど、読んでもらう側がこんなに、ある意味緊張して、とっても幸せな気持ちなんだなって今日思って。ほんとに杏樹は最初の時からずっと、二次審査の時点で会ったのでまだメンバーになるかならないかわからない状況で仲良くなったんですけれど、ほんとに初めて会った感じがしないぐらい、もうほんとに話が合うし、何でも、些細なことでも凄い笑い合ったりできる存在で、研究生と正規メンバーに分かれてしまったんですけれど、そんなことは関係もなくいつも「真生」って言って寄ってきてくれたりとか、あとはちょっとね、世話がやけるところもあるんですけれど、逆に私が足りない分は杏樹がカバーして、杏樹が足りない分は私がカバーしてっていう風にやってきたつもりなので、ほんとに杏樹の存在は私にとってかけがえのない存在で、なくてはならない存在なので、ほんとにこれからもよろしくお願いします」拍手
佐藤杏樹「よろしくお願いします」


生誕祭を開いてくれたファンの皆さんにひと言お願いします
髙橋真生「今日は土曜日なのに、せっかくの土曜日なのに集まっていただいてほんとにありがとうございます」拍手

「最初の自己紹介の時からうちわをやってくれたりとか、あと曲の中でコールをたくさんしてくれたりとか、普段私は、あんまり、その中心に、前に出ることが少ないので、あんまり慣れない感じでちょっとドキドキしてたんですけれど、皆さんが凄く温かく見守ってくださって、今日とっても楽しむことができました。

私は研究生になって、つらいこともたくさんあったし、楽しいって思えることのほうが少なかったかなって自分的には思うんですけれど、そんな時でもファンの皆さんがいてくれて、私が落ち込んでいる時とか「大丈夫だよ」って言ってくれたりとか「ちゃんとついてるからね」って言ってくださることが凄く嬉しくて。

握手会とかでもたくさん来てくださる方もいたりとか、いつもお洋服を褒めてくださる方もいたりとかしてとっても毎回幸せな気持ちにさせていただいています。

16歳は、もうちょっと向上心を持って、前に前に出れるように頑張っていきたいなと思いますので、皆さんこれからも応援よろしくお願いします」拍手

※1分29秒











DBXF4ydUIAA8tUu (1)

DBXF4yQVoAAbVGP.jpg

DBXF4ysVwAAKMAe.jpg

DBXF4zoUwAE77fz.jpg





















本日23時よりアーカイブ配信開始
NGT48 LIVE!! ON DEMAND