【速報版】 谷川聖 16歳の生誕祭レポート

2017.06.03
                 
2017年6月3日 AKB48劇場 チーム8「会いたかった」公演 15時開演

谷川聖、2000年12月26日生まれ、16歳

170603 (1324)

◆仕切り:佐藤七海

去年1年はどんな1年でしたか?
谷川聖「去年1年は、私の中で一番印象に残ってるのは舞台に参加させていただいたことで。私はチーム8に入ってから、アイドルはもちろんなんですけど、タレントさんとか女優さんとかモデルさんとか色んなことに挑戦したいなと思ってて、ちょっとふわっとしてた夢だったんですけど、今回こうやって舞台に参加させていただいたことで、演技やりたいなっていう凄く1つ定まった夢ができたので、凄く私にとってはいい経験ができたなって思います。

でも、やっぱりチーム8は47都道府県のメンバーがいるってだけで凄く個性があるグループだと思うんですけど、その他にもやっぱり可愛い子がいたりとか、綺麗な人とか、あと面白かったりとか、凄く個性豊かで色んなメンバーがいて。

去年はたぶん今までよりもチーム8の活動以外の活動もしているメンバーだったりとか、注目されるメンバーが凄く増えてきて、私はその時どうしたらいいかなって凄く考えた1年でもあって。

それを考えた時に、なんだろうな、舞台以外に何か私がスポットライトを浴びたところがあったかなって考えると、全然無くて。どんなに考えても「舞台、舞台」って色んな所で言ってきて。だから、あまり結果が残せなかったなって思った1年でもあって」

客「そんなことないよ!」

谷川聖「シー(客笑) 違う違う。それで、やっぱり私は自分に甘いなって思って。でもファンの方はね、凄く「頼って」とか、「そうやって頼ってもらわなきゃわからないこともたくさんあるんだよ」って言ってくださる優しいファンの方ばかりで、でもそうやって言っていいのはやっぱり努力した人しかそうやって頼りたいとかって言えないかなって私は思ってるので、今年の一年よりも・・・。半年経ったから残りの半年? これからもっともっとスタッフさんやメンバーや、やっぱりファンの方に認めてもらえるようなメンバーになれるように努力を惜しまず頑張りたいと思います」拍手

谷川聖「長く喋っちゃった」


今年一年はどういう年にしたいですか?
谷川聖「そうですね、やっぱりさっきも言ったように、努力を惜しまず、どんどんどんどん前を向いて、結果を残していけるような1年にしたいです」


生誕祭を開いてくださったファンの皆さんへ一言
谷川聖「まずは素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございました」拍手

「たぶんね、もう1年と半年ぐらい経ったので、そのハッピーバースデーのフォルダーもたぶんパソコンの片隅にあったんじゃないかなと思うんですけど(客笑) でも最後までね、凄く生誕祭楽しみだよって皆さんが言ってくださったので無事こうやって生誕祭を迎えることができて凄く嬉しかったです。

あとまずは、感謝しなきゃいけないことは、先月の末にあった選抜総選挙の速報にランクインさせていただいて本当にありがとうございました」拍手

客「おめでとう!」

谷川聖「でも、凄く嬉しくて。でもやっぱりチーム8にはさっき言ったように色んな個性がたくさん詰まったメンバーがいて、今回速報にランクインしたメンバーはこうやって劇場でセンターを務めていたりだとか、チーム8で引っ張っていってるメンバーだったりとかが入っていて、何で私なんだろうって思うファンの方もいたんじゃないかなって思うし、その一方で、色々凄く人気もあって、メディアとかにもたくさん出ていて握手会も凄くて、色んな所に見つかってるようなメンバーじゃなくて何で私なの?って思ってる方もほんとにいると思っていて。

でも今回のこの速報の結果はファンの皆さんがほんとに死に物狂いで頑張ってくださって、私にね、もっと頑張れって言ってくれてるんだと私は思っているので、今回はここで終わらずにもっともっと上を目指して頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

佐藤七海「どうだった?生誕祭」
谷川聖「でも凄く、こんなにね、たくさんの方に名前を呼んでもらえる機会ってあんまりないと思うので、やっぱりね、私はね、中学校2年生からこうやってチーム8で活動させてもらっているので、もう私の人生の青春というものをね、全部注ぎ込もうと思いました、改めて」拍手



DBXm3gOV0AU9Sgr.jpg

DBYbCoOUIAA5_bR.jpg








本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND