【速報版】 岡田彩花 卒業公演レポート

2017.06.22
                 
2017年6月22日 AKB48劇場 「僕の太陽」公演 18時15分開演

DC7ZxnRV0AIoTzH.jpg

※セットリスト後

◆Ex01.Bye Bye Bye (北澤早紀岡田彩花村山彩希)

◆Ex02.純愛のクレッシェンド (峯岸みなみ岡田彩花木﨑ゆりあ)

■MC

◆Ex03.桜の木になろう (岡田彩花村山彩希峯岸みなみ北澤早紀木﨑ゆりあ岡田奈々伊豆田莉奈大川莉央千葉恵里)

※峯岸みなみ・木﨑ゆりあ・岡田奈々・伊豆田莉奈は卒業ブロックからの出演

(曲終了後)

峯岸みなみ「いや~、綺麗ね(客笑) 成長した、ほんとに。たぶんファンの皆さんもそうだけど、嫁に出すような気持ちでこの白いドレスがまたね。どんな気持ちでこの曲を選びましたか?」
岡田彩花「まず、約3年前かな? ドームでこの曲を歌わせていただいたんですけど、やっぱAKBに入った理由はお父さんに勧められたからなんですけど。やっぱAKBを卒業する前に、この曲で絶対卒業に向けては歌いたいなと思っていたので。前よりは少しは上手くなってたんじゃないかと、歌」客笑 → 拍手

「卒業しちゃったメンバーもいるんですけど、やっぱドームで一緒に歌ったメンバー+私が厳選させていただきました。いずさん、りおりん、恵里にも歌ってもらいました」拍手

峯岸みなみ「サラって言ったけどさ、「ドームで」っていうの凄いからね。ドームでソロで歌いだし凄いからね。凄く彩花にとっても大切な曲だと思いますし、一緒に私たちも歌わせてもらった身としてはほんとに昨日のことのようにあの時のことを思い出すけども、今日もきっとお父さん絶対に見てくれてると思うし、ほんとに凄くいい時間を、この時間をステージで過ごさせてもらって私も本当に嬉しかったです」


■集合写真撮影

岡田彩花「いずさん、タイから帰ってきてすぐありがとう」
伊豆田莉奈「そう、今日帰ってきて、彩花のために来たよ」


ある方からのお手紙 (代読:北澤早紀)
岡田彩花ちゃんへ

とうとうこの日が来てしまいました。きっと今日は誰よりキラキラと輝く彩花ちゃんでしょう。

私はその場所に一緒にいられないことが申し訳ないです。ほんとにごめんなさい。

言い訳になっちゃうかもしれないけど、私にとっては今までも、これからも彩花ちゃんはずっと変わらず私の大切な友達の彩花ちゃんです。

だから今日大切な日に行けなくて悔しいけど、これからも本当に本当によろしくね。

早紀ちゃんの言っていた言葉を借りて言うけど、彩花ちゃんは偏見と先入観の塊です(笑) だから同じチームになってからもしばらく私は凄く嫌われていました。そして正直私もそれに気づいていたので、できるだけ刺激しないようにしていました。

しかし、今は思い出せないけど、何かのきっかけで急に仲良くなったね。その瞬間、重い扉が急に軽くなったように全てをさらけ出してくれるようになった。そして、彩花ちゃんの中身を知るたびに『?』がいっぱい浮かびました。

彩花ちゃんは正直私には理解できないような人です。素直すぎて、いい意味で何も考えてなくて、何でも一生懸命にこなして。私が頭で動く人なら彩花ちゃんは心で動く人です。だから大切だって思う人にはなんだってしてあげてしまい、なんだって許しちゃう。心が本当に温かくて、純粋です。

その優しさと明るさに何度も私は救われました。チーム4の孤独さからも彩花ちゃんが救ってくれました。私が苦手なダンスも毎回教えてくれて、私のピンチを何度も救ってくれる人です。感謝してもしきれません。本当にありがとう。

ファンの人には一見クールに見えるかもしれないけど、誰よりもファンの人のことを考えていて、誰よりも感謝をしている。人との繋がりを本当に大切にする人です。私は彩花ちゃんを見てきて人の温かさを心から感じました。

しかし、その純粋すぎて優しすぎる彩花ちゃんがこれから1人で自分の道へと旅立って行くと思うと正直心配でなりません。

でも彩花ちゃんが決断したことです。彩花ちゃんが自分の切りひらく道を心から応援しています。

そして、これからも第二の保護者として見守っていきたいと思います。

彩花ちゃんのファンの皆様、お前誰だよってなってることが想像できます。出しゃばって本当にすみませんでした。

彩花ちゃん、卒業おめでとう。またすぐ遊ぼうね。大好きだよ。

野澤玲奈

北澤早紀「どうですか?ノザから」
岡田彩花「たぶん皆さん思ってるだろうけど、普段のノザから想像できない文章力だよね。ほんとに、いつも心配かけて。早紀ちゃんとノザにいつも説教されて」
北澤早紀「ほんとはね、今日も出てほしかったんだよね」
岡田彩花「残念。だから前の4公演が最後だねって話をして、2人で泣きましたし、今日いてほしかったけど、ノザもノザでたぶん頑張ってると思うので、はい、頑張ってくださいって感じです」客笑


岡田彩花「ファンの皆さんに向けてなんですけど、私たぶん頭真っ白になって何言ってんのかわかんなくなると思うので、先に考えてきました」

岡田彩花よりファンの皆さんへメッセージ(お手紙)
今日は私の卒業公演にご来場いただき本当にありがとうございます。

2011年12月8日にデビューして約6年活動をしてきました。

その中で私にとって大きな影響を与えたのは、初めて総選挙の速報に入った時です。自分に自信が無いと言っていた私を皆さんが救ってくれました。

当日、呼ばれることはなかったけど、速報に入れたことですべてのことに対して意識が変わりました。その時から握手会の対応や公演に対しての考え方も変わってきました。

ファンの方もその頃から変わってきて、交流が多くなったのかなと思います。

その翌年には速報27位、そして総選挙当日57位にランクインすることができました。

ランクインしてからはWORLD ORDERさんとのコラボやUSJでのAKB選抜に選んでもらえたりと仕事の幅も広がりました。

ファンの皆さん、スタッフさん、メンバー、そして家族の支えがあって今の私がいて、ここまで続けることができました。

この大好きな劇場でこんなにたくさんの大好きな人に囲まれて卒業することができて私は幸せです。

卒業後は詳しくは決まってないけど、芸能活動はしていきたいと思っています。

そして、私は皆さんとの交流の場を絶対作りたいと思っているので、次会えるのはその時かな。その日を楽しみにしていてください。

今日は本当にありがとうございました。

北澤早紀 → 涙
岡田彩花「早紀ちゃんどうした」
北澤早紀「なんか大人になったなと思って」客笑 → 「凄い素敵ですよ」
岡田彩花「ありがとうございます。やっぱね、ファンの皆さんのおかげでここまで自分に自信もついたし、ここまで続けられたと思うので、ほんとに皆さんには感謝しているし、最近の握手会でも私の推しじゃない人も来てくれたりとか、ファンの方同士が凄い仲良くなってて、私はそれが凄く嬉しくて。だから、握手会とかだったらみんなでワイワイしてるけど、私のレーンが無くなるってなると、みんなも集まらないのかなって思うとちょっと寂しいんですけど、私がみんなと会える場を作ればそこで会えると思ってるので是非それを楽しみにしてもらいたいなと思います」拍手


■集合写真撮影 ※撮り直し

170622 (2089)


(撮影後)

北澤早紀「このメンバーで最後に歌いたい曲があるんだよね」
岡田彩花「13期公演でも歌わせていただきました。それの続き? ここで歌ってそれが完成したと思ってくれたら嬉しいです」


◆Ex04.10年桜 ※2番より

DC7EU-jV0AACmLA.jpg


(曲終了後)

峯岸みなみ「彩花は最後まで涙を見せませんでしたか?」
岡田彩花「桜以外は泣いてないです。なんか、ボロボロで泣く姿を見せるんじゃなくて、パフォーマンスしてる姿を凄い見せたかったので良かったなと思います」拍手

峯岸みなみ「この劇場に彩花が立つのは最後で、凄く美しい姿を最後にファンの方に見てもらうことができたなと思います。最後にひと言お願いします」
岡田彩花「全然実感がないんですよ、まだ。「また明日」みたいな気分なんですけど、まだ。なんだろうね、明日になったら実感するのかなと思うんですけど、まぁ、今日来てくださってる皆さんも、オンデマンド観てくださってる皆さんも、また絶対会えると思うので、寂しいかもしれないけど、また会えると絶対信じてこれからも笑顔で毎日過ごしていけたらいいなと思うし、今後の活動について絶対決まったら皆さんにお知らせするので、それも楽しみにしといてください。今日はありがとうございました」拍手




【755】しのぶのトークより
https://7gogo.jp/kayano-shinobu

170622 (2481)

170622 (2482)


AKB48劇場支配人Twitterより











公演実況より























































AKB48劇場支配人Twitterより





本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND