【NGT48】新公演初日終演後に今村支配人がブログを更新「この公演は、まだ全貌を明らかにしていません…」

2017.07.02
                 
新公演初日公演後、今村支配人が『「新公演」初日の幕が開く』というタイトルでブログを更新。

以下、要点のみ抜粋。
・これまでどの劇場でも上演されていない「新公演」です。

・公演タイトルは、その名も、「誇りの丘」公演

・この公演のセットリストは、この秋に京楽産業.様から登場するぱちスロ最新作「ぱちスロAKB48 勝利の女神」に搭載されている楽曲を中心に構成されています。

・AKB48チームサプライズの楽曲を劇場公演として上演するグループ史上初取り組みとなります。

・元々はAKB48チームサプライズの為に書き下ろされた楽曲ではありますが、NGT48オリジナルの衣装やダンス、演出も多分に取り入れていますので、名だたる卒業メンバーもいるチームサプライズにも遠慮せず、NGT48の“ほぼオリジナル”公演として自信を持って上演していきたい思います。

・この公演は、ユニット曲が6曲と、これまでの公演より多いこともあり、「研究生枠」という新しい試みも取り入れています。アンダー出演とは別に、毎回2名の研究生が、ユニットとアンコールのパートに出演し、総勢18名体制で公演を行います。

・ここだけ話、この公演は、まだ全貌を明らかにしていません。今後、変化と進化を続けながら、皆様に愛される公演を目指していきますので、研究生公演とともに、よろしくお願い致します。

「この公演は、まだ全貌を明らかにしていません」この一文がとても気になります。「研究生枠」以外、どこに日替わり要素があったのか、今後公演がどう進化していくのか、とても楽しみです。


今村支配人のブログ記事全文はこちらよりご覧ください

「新公演」初日の幕が開く