【速報版】 込山榛香 19歳の生誕祭レポート

2017.09.12
                 
2017年9月12日 AKB48劇場 「サムネイル」公演 18時30分開演

170912 (212)

◆仕切り:谷口めぐ

ある方からのお手紙 (代読:向井地美音)
こみはるさんへ

お誕生日おめでとうございます。

まさか私がお手紙を書けるまで仲良くなれるとは思っていませんでした。

実は、まだお話したことがない時はテレビなどで見るイメージから「こわ~い方なのかな」と思ってました。

でも、私が慣れない演技のお仕事や選抜でいつも1人でいると声をかけてくださったり、優しくしてくださって、ほんとは凄く優しい方なんだなと感じました。

よく「同じ性質の2人」と思われがちですが、私もそう思っていましたし、こみはるさんも多分そう思ってくださってると思います。

釣り師で小悪魔というイメージは一見、腹黒いとかあざといと言ったマイナスなイメージを持たれがちですが、こみはるさんは本当に裏でもずっと優しいし、気配りが利くし、努力家だと私は思います。

スタッフさんへの接し方も礼儀正しく、お手本にしている先輩の1人です。

何事にもまっすぐ一生懸命で、見ていると私も「がんばらなくちゃ」と刺激をいただけます。

こみはるさんはこんな私のことを「面白いねー。私は好きだよ」と可愛がってくれる、ちょっと珍しいもの好きな一面もありますが、そんな先輩はなかなかいませんので凄く救われました。

じゃんけん大会の時も誘ってくださって、「負けたらごめんね、負けたらごめんね」と何度もおっしゃっていましたが、私もじゃんけん弱いし、私のファンはいい人ばっかりなのでたぶん怒らないです。

今回はダメでしたが、また機会があれば何かご一緒させていただきたいなと思っています。

私もわりとそうだからわかるのですが、気にしいだし、けっこう自分の中で何かを抱え込んでしまうタイプなのではないかなーと何度かお仕事をご一緒させていただいて感じました。

だから、後輩で頼りないですが、同じ小悪魔仲間として何でも言ってきてください。

あと、Instagramも凄いオシャレで凄く好きです。こみはるさんらしくてほんとに可愛いです。

私も最近始めたので、アプリとか教えてください。

お誕生日本当におめでとうございます。

よろしかったらまたたくさんお話させてください。

NGT48 中井りかより

込山榛香「嬉しい! ほんとにまさかでした」
向井地美音「りかちゃんからのお手紙でしたが、どう?ビックリした?」
込山榛香「ビックリした。でもりかちゃんはほんとに腹黒、小悪魔って一緒に言われる仲間なんですけど(客笑) でも峯岸さんが、私が悩んでた時に「腹黒って言われるのはアイドルを頑張ってる証だよ」って言ってくれたことがあったので、凄い嬉しいです」拍手


18歳の1年はどんな1年でしたか?
込山榛香「18歳の1年は、ハイテンションで初めて選抜に選んでいただいてから、それもファンの方が21位に去年押し上げてくれたおかげなんですけど、シュートサインだったり「願いごとの持ち腐れ」で3作連続選抜に選んでいただいてから、今までファンの方に自分の声が入ったCDを持って握手会に来てほしいとずっと願っていた私にとっては凄く変わって。今まで自分がどう頑張ろうかを考えてやってきたんですけど、この1年はほんとにAKB48がどう頑張ったらいいんだろうって自分よりもAKB48を考えている自分になったなと凄く思いますね」拍手

「だけど、選抜に入ってお仕事をしてみれば、周りを見たら凄い人たちばっかりで、AKB以外のアーティストさんと会う時も凄すぎて、自分って何もないなって思って、上へ上へ見てたんですよ。でもそれはファンの方を置いてけぼりにしちゃってたのかなって凄く思って。それが総選挙で今年の52位っていう結果に繋がったと思うんですけど。

でも、私はファンの方と一緒に頑張って52位を掴んだので、今の52位に凄い誇りを持ってるんですけど。

だけど、よく考えたら私はファンの方と一緒に歩んだアイドルをしているのに、1人で突っ走っちゃったなって思ったので、SHOWROOMのこみ会議でファンの方の意見を聞いて、これからのことを考えたりとか、ぐぐたすで私が見てるよっていう証をファンの方に伝えられるように考えたりとか、悔しいことも嬉しいこともいっぱいあったけど、やっぱり一緒に気持ちを共有してくれたのはほんとにいつもファンの皆さんなので、その皆さんと一緒にこれからも頑張っていこうという一番大切な気持ちを気づけたいい1年だったなと思います」拍手


19歳の1年はどんな1年にしたいですか?
込山榛香「19歳、そうなんです、19歳はずっと考えていたことがありまして。ラスト10代ということで、これから私は20歳でね、AKBで羽ばたきたいんですよ。AKBからじゃなく、AKBで羽ばたきたいので、それまでに準備をしようと思いまして、この1年は。

そして18歳はずっとやりたかったモデルさんのお仕事をUNEEDNOWだったり、LOVE berryの冊子でやらせていただいたり。私は紅白選抜で知名度がまだまだっていうことを身に染みたので、Instagramを通して女の子にもし知ってもらえたらいいなと思って始めてみたり、プロレスをやってみたり。

だけど、全然向いてない私が、さややとかめぐとか仲間たちに支えられてプロレスを頑張ってたら、先生が「込山さんはアイドルじゃなくて女子プロレスラーの道を歩むべきだ」って(客笑) 言ってくれるまでになったんですよ、この私が。腹筋も今シックスパットだし…シックスパックだし、凄い自分の可能性を感じることができたんですよ。プロレスだったりモデルだったり、色んなInstagramだったり。

なんでファンの方が何も取り柄のない私を応援してくれてるのかずっとわからなかったんですけど、でもどんどんどんどん自分に可能性を感じて、自分に自信がついて、19歳はこれから色々なことを挑戦、自分からしてみようと思います。

で、これは込山榛香の19歳なんですが、AKB48の19歳? 間違えちゃった、私か、19歳は。19歳でのAKB48のありかたで私が目指しているのは、やっぱり私が好きなのはAKB48なので、今を、AKBを無くさせないって思ってる、今頑張ってるAKBメンバーとたくさんAKBで何かをしていきたいし、ファンの方に「アイドルが好きだから応援してるんだよね。だから好きになってもらえるように頑張ります」って言ったら握手会で「それは違うよ」って言われて。「アイドルを楽しいから応援してるんだよ」って言ってくださったんですよ。凄い心にきて。

今のAKB48はあんまりAKB48として何かをできていることがないから、ファンの方は楽しんでくださっているのかなって凄い不安になるんですけど、それでもこうして応援してくださる方たちがたくさんいるので、自分たちで皆さんに応援してもらえて楽しいと思ってもらえるようなAKB48を作りたいなと思います」拍手


今日の生誕祭を盛り上げてくださったファンの皆さんにひと言お願いします
込山榛香「ほんとに、当日にサムネイル公演でやらせていただけたことも本当に嬉しいし、観に来てくださった皆さん、オンデマンド、ロビーで観てくださってる皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「私は、たぶん自分が涙もろいってこともあるんですけど、凄く、このアイドルになってからよく泣くと思うんですよ。悔しいこともあったし、嬉しいことで泣いたし、挫折を味わったことも正直何度もあったし。

そんな山あり谷ありの自分のアイドル人生が凄いジェットコースターみたいだなって思って。そんなジェットコースターみたいな人生が正直自分は嫌で。

なんかアイドルなんだからキラキラしたメリーゴーランドみたいにファンの皆さんと楽しみたいなーなんて思ったこともあるんですけど、それでも、こんななんかジェットコースターみたいな私のアイドル人生をファンの方がいつも一緒に進んでくれて、乗り越えてくれてるから今の私があるので、それが私の生き様(いきざま)だなとも思うし、凄い濃い、アイドルとして、こんななんか人生が楽しいなとも思えるようになったので、これからも自分の信じる道をまっすぐ作って、ファンの皆さんと一緒にアイドルを頑張りたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします」拍手



DJgj0YFV4AEihWA.jpg

DJgj1cVVAAADfKn.jpg

DJgj2IuUEAAac33.jpg

DJgj3CzU8AExWoT.jpg








本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND