【HKT48】 ゆうこすパパのじゃがいも逆ギレエピソード (2012/07/11)

2012.07.12
                 
12071102a.jpg

HKT48劇場 / HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演

18時30分開演 / 20時33分終演

■出演メンバー
チームH: 穴井千尋・植木南央・熊沢世莉奈・兒玉遥・古森結衣・指原莉乃・下野由貴・菅本裕子・中西智代梨・松岡菜摘・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか

研究生:今田美奈・江藤彩也香・仲西彩佳・深川舞子

■休演
4名休演 (田中菜津美・谷口愛理・宮脇咲良・若田部遥)

田中菜津美 → 今田美奈
谷口愛理 → 深川舞子
宮脇咲良 → 江藤彩也香
若田部遥 → 仲西彩佳

■開演前の陰アナ
穴井千尋 「みなさん、盛り上がってますか?」客、反応薄

「あれっ? そうでもないですか? 今日はチームHが結成101回目の公演ということで、さらにパワーアップしたパフォーマンスを お届けしたいと思います。それでは最後に・・・。以上、ちひろんこと穴井千尋でした。間もなく開演です」


■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)

◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルの声出し:村重杏奈)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG

■MC1 自己紹介
兒玉遥 「みなさんこんばんは!HKT48」
みんなで 「チームHです」客、拍手

兒玉遥 「私たちHKT48チームH初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました」客、拍手

「僕らの風、マンゴーNo2、手をつなぎながら、チャイムはLOVESONG、4曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

兒玉遥 「ただいま私たちに聞きたいことを劇場入り口とHKT48モバイルサイトで募集しています。 みなさまからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください。今日はモバイルサイトからいただきました。 今まで熱中してたことです。 それでは熊沢世莉奈ちゃんからよろしくお願いします」

※ HKT48モバイル:フィーチャーフォン / スマートフォン

【1列目 下手側から】
熊沢世莉奈 「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私が今まで熱中してたことは野菜ジュースです。野菜ジュースにはいろんな種類があるのですけど、 私は紫色の野菜ジュースに熱中していて、1日2リットル飲んでました。熱中すると止まらないタイプです。 今は枝豆に熱中していて、1日に3袋食べてます。 それではみなさん一緒に言ってください。今日も一緒に」客「がんばーりーぬ!」

下野由貴 「意地悪なんてしないもん! み~んなにあま~い」客「シナモーン!」

「福岡県出身、14歳のしなもんこと下野由貴です」

「私は『ちはやぶる』っていう百人一首のマンガがあるのですけど、今嵌っていて、百人一首はしたことないのにルールとか詳しくなって。 たぶん最低2時間は語れるんですけど、聞いてくれる人がいません」

兒玉遥 「今日の気分はハッピーハッピー」客「はるるっぴー!」

「毎日ハッピー! 博多の妖精、はるっぴこと兒玉遙です」

「私は熱中していたことは『てへぺろ』なんですけど、悪さした後や許して欲しい時に全部「てへぺろ」って言ってごまかしてたのですけど、 全然許してくれなくなりました。てへぺろ♪」

松岡菜摘 「ホルモンが、食べたーい! ホルモンが大好きな平成8年8月8日、 8・8・8生まれの15歳、福岡県出身のなつこと松岡菜摘です」

「私は冷めやすいタイプなので、あまり長期間熱中することはないのですけど、唯一熱中してたのは某お店のママの味がするハイチュー? ママの味のやつなんですけれども、あれをずっと噛んでて歯が取れてから、食べてません」

村重杏奈 「(ロシア語で何か話した後に) ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私は家の近所に住んでる意地悪なおばちゃんの家の窓をトントンやって、おばちゃんが振り向いたら変顔して逃げるというゲームをしてたのですけど、 今でもそのゲームに全力を注いでます」

以上、捌ける

【2列目 下手側から】
森保まどか 「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、長崎県出身、14歳、まどかこと森保まどかです」

「私が嵌っていたのはジグゾーパズルです。みなさんも1回は嵌ったことあったと思うのですけど、嵌っていた人いますか? 今ちなみに私が嵌ってることはみなさんの心を惑わせることです」

深川舞子 「みなさんの前にも笑顔と幸せが」客「まいこむ!」

「福岡県出身、13歳、中学1年生のまいこむこと深川舞子です」

「私は特技でも言ってる通り、そろばんに嵌ってたんですよ。弾く音がすごくかっこいいじゃないですか。 この会場にそろばんやってた方いますか? 気持ちわかってくれたら嬉しいです」

江藤彩也香 「いつも、みーんなの心の中には、やんやんやんやん」客「さあやーん!」

「大分県出身、中学2年生14歳、さあやんこと江藤彩也香です」

「私の熱中していたことは、マリンスポーツをやってて、すごい熱中してたのですけど、 今やる機会ないので、やる機会を作ってできたらと思います。今熱中してることは女の子です」

仲西彩佳 「肉まん・カレーまん・あやきゃんまん あなたが好きなのは?」客「あやきゃんまん!」

「まずいって言ったらあやきゃんパンチ! あやきゃんまんこと仲西彩佳です」

「私はいたずらっ子だったので、友達の家に幽霊のふりして電話して、「今あなたの後ろにいるの」みたいに。 後ろで打ち合わせしてたんですよ。「次何言おうかな?」って。そしたらバレました」

本村碧唯 「福岡を信号の色で表します。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり?」客「あおい!」
 
「福岡県出身、15歳、あおいこと本村碧唯です」

「私はまどかちゃんと一緒でジグゾーパズルに嵌ってたのですけど、私は1000ピースのパズルとか世界最小のパズルとかやり過ぎて、 今お部屋のどこに片付けたらいいのかわかりません」

今田美奈 「福岡を盛り上げるのは?」客「いまだー!」

「15歳のみなこと今田美奈です」

「私が嵌ってたことは、小さい頃、けっこう野に放たれてたので」客、軽くw

「ザリガニ釣りをしてたのですけど、今はザリガニの気持ちがわかったので、今はやめてます」

以上、捌ける

【3列目 下手側から】
穴井千尋 「博多のクールビューティー目指すっちゃん! 福岡県出身、16歳、ちひろんこと穴井千尋です」

「私は熱中してたというより、今熱中してるのですけど、今アコースティックギターに嵌っていて」客、おー

「家に帰ったらとりあえず弾くんですけど、今は雑音しか出ないんですけど、ぐぐたすに動画をあげれるくらいになりたいなと思います」

植木南央 「みーんなを笑顔にするっちゃん、片っぽえくぼがチャームポイントの14歳、なおこと植木南央です」

「私が熱中してたのはバトミントンなんですけど、バトミントンの先生に教わった「礼儀・感謝・継続」という言葉があるのですけど、 昨日、HKT48一期生最終オーディションから1周年、そしてチームH公演100回を迎えて、今までこの3つの言葉を大切にしてきたので、 これからも「礼儀・感謝・継続」を大切にしていきたいと思います」

指原莉乃 「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です」

「私は小学校の頃なんですけど、黒の組織から逃げる妄想を日々やってて、南央の後に言うのもあれなんですけど、 黒の組織からいかに逃げれるか、やってたんですよ」
メンバーたち 「どういうこと?」
指原莉乃 「黒の組織があると思ってたんですよ。コナンの読み過ぎなんですけど」

「みなさん、盛り上がってますか? 体調悪くないですよね? 初めての方いますか?」客、反応

「多いですね。そういう時は適当にジャージャー言っとけばいいと思います」客、軽くw

菅本裕子 「HKT48 博多で一番マイペース、ゆうこすこと菅本裕子です」

「裕子、なんて言おうとしたか忘れたじゃないですか。お題は?」
指原莉乃 「熱中してることでしょ? 元最年長大丈夫?」
菅本裕子 「言おうとしたこと、なんだっけ?」
指原莉乃 「ゲーム?」
菅本裕子 「違います」
指原莉乃 「謝る」
菅本裕子 「小学校の時、お布団をバーって、家の前の道路にバーって敷いて、寝てました」客、反応
メンバーたち 「大丈夫?」
菅本裕子 「やったことありませんか? 盛り上がってますか?」客、軽くw
指原莉乃 「いないでしょ」
菅本裕子 「ダメか。今日もよろしくお願いします」

中西智代梨 「朝からすき焼き大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、17歳ちょりこと中西智代梨です」

「私は美容のほうに嵌ってまして。なんで笑ってるの? 美容に嵌ってまして。ちょっと前なんですけど、唇に磨きをかけまして、 ちょっと赤い色で、テカリのあるのを付けてまして。完璧だろと思って歩いてたら、メンバーに「揚げ物食べ過ぎたら太るよ」って言われて。 なんのことかわからなくて。唇見たらテカってまして、ヤバイと思って。それから唇に付けるのは、週末唇と言って、金曜だけ塗ることにして。 なんで金曜日に塗るかわかりますか?。。」
指原莉乃 「盛り上がってないから。みなさん盛り上がってますか?」
中西智代梨 「盛り上がってますか? なんでか。それはフライデーだからです」
指原莉乃 「うまいね」
菅本裕子 「今のボケたの?」
指原莉乃 「すごいね、ゆうこす」
中西智代梨 「今日もよろしくお願いします」

古森結衣 「ういのウインク、ハイどうぞ! 山口県出身、14歳、ういたんこと古森結衣です」

「私の嵌ってたことはごみ捨てなんですけど、楽屋のごみ捨てにこだわりを持ってて、メンバーのごみも私が捨てたりしていて。 ごみの縛り方にもこだわってて。これ、言って大丈夫かな? 今日「ういたん、ごみ捨ててるの?」って言われて、捨ててたらなっちゃんが来て 「なんでういたんごみ捨ててるの!?」って、ごみ捨てることに逆ギレされ、これから・・・」
指原莉乃 「なんで言ったの?」
古森結衣 「内緒にしてください」
指原莉乃 「こんだけ言ったらツイッターとかバンバン書かれるよ」
古森結衣 「秘密にしてください」

中西智代梨 「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りします。 ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.Glory days (下野由貴・兒玉遥・村重杏奈)
(BD:江藤彩也香・松岡菜摘・今田美奈・本村碧唯・仲西彩佳・森保まどか)
◆M06.この胸のバーコード (穴井千尋・菅本裕子・中西智代梨)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (植木南央(黄)・村重杏奈(ピンク)・本村碧唯(青))
◆M08.雨のピアニスト (熊沢世莉奈・松岡菜摘・森保まどか)
◆M09.チョコの行方 (菅本裕子・植木南央・古森結衣・中西智代梨)

■MC2
菅本裕子・植木南央・古森結衣

植木南央 「GloryDays、この胸のバーコード、ウィンブルドンへ連れて行って、雨のピアニスト、チョコの行方、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

古森結衣 「みなさん盛り上がってますか?」客、拍手

菅本裕子 「こんなとこで言うのもあれなんですけど、昨日の裕子のパパのことを言いたいんですよ。 パパがお仕事でお酒飲んで帰ってきて。お風呂場にガラガラのレールがあって、そこにパパがしゃがんでて。 パパ何してるのかな?と思ったら、じゃがいも並べてるんです。「裕子、今からお風呂入りたいけど、じゃがいも並んでて、入れません」って 優しく言ったの」
古森結衣 「優しくね」
菅本裕子 「そしたら「こっちはじゃがいも並べてるから、お前待っとけ!」って」
古森結衣 「逆ギレタイプ?」
菅本裕子 「2時間待ったんですよ。酔いが醒めたかわからないけど、じゃがいも回収して、寝たんですよ」
古森結衣 「なんでそんなにじゃがいもあったの? シチューにしようと思ったのかな? カレーかもしれない。いや、ハヤシライスかもしれない。 わからないね」
菅本裕子 「最後に「みつお」って言うといい感じになれるよ。わからない、みつお」
菅本裕子 「なってない」
菅本裕子 「裕子の親、ちょっと変わってるのかな? みんなの親のこと聞きたい」

植木南央 「さっき「ウィンブルドンへ連れて行って」に出させてもらって。今日ママからメールがあって、 「親子がんばって。いや、ウインブルドンだった」って」

古森結衣 「私の親は普通過ぎて、何も変わってなくて」
菅本裕子 「言ってみて」
古森結衣 「お父さんは大きい。弟のほうが私より大きい。そんだけ」
植木南央 「それは弟が大きいんじゃなくて、ういたんがちっちゃい」
菅本裕子 「そこは触れてはいけない。オブラートっていう言葉知ってる?」
植木南央 「音楽の」
菅本裕子 「それはビブラート」客、軽くw
古森結衣 「背の話やめようよ」
菅本裕子 「つっこんでも伸びないしね」
古森結衣 「伸びないもん。どうやったら伸びるんですかね」

「もうちょっとなんかないの?」
菅本裕子 「裕子がヘビロテ練習してたら、妹が覚え始めて、40近い母のほうが先に完璧になった」
古森結衣 「すごいね」
菅本裕子 「聞いといて、ヘーってやめよう」

古森結衣 「今日は家族について話したのですけど、みなさん変わってるところありますか?。。。」

「ということで、後半なんですけど、後半、盛り上がっていただけますでしょうか?」客、拍手

植木南央 「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、まだまだ続きます」


◆M10.Innocence
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策

■MC3
前半:本村碧唯・穴井千尋・森保まどか・中西智代梨・兒玉遥・今田美奈・植木南央・熊沢世莉奈

森保まどか 「INNOCENCE、ロマンスロケット、恋の傾向と対策、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

兒玉遥 「みなさん楽しんでますか?」客、拍手
中西智代梨 「今日は熱いから、熱いと言えば夏ということで、夏と言ったら屋台。屋台と言ったら食べ物じゃん。 みんなのお薦めの屋台を教えて欲しいなと思って」

兒玉遥 「私が好きなのはじゃんけんパイン。みなさん知ってますか? じゃんけんして買ったらもう1コもらえるんですよ。 嵌っちゃうのよね。勝つまで買いたくなっちゃう。でも店員さんが智代梨だったら困る」
中西智代梨 「なんで?」
兒玉遥 「智代梨、じゃんけん大会勝ったから」客、拍手
メンバーたち 「まどかも」
中西智代梨 「じゃ~、やってみる?」
兒玉遥 「智代梨が店員さんね」

中西智代梨 「らっしゃい、らっしゃい!」客w
兒玉遥 「じゃんけんパインください」
中西智代梨 「じゃんけんに勝ったら1本あげるね」
メンバーたち 「なんかムカつく」
中西智代梨 「じゃんけんぽん・・・」

1回目:あいこ
2回目:中西智代梨の勝ち(客、拍手)

兒玉遥 「まーちゃんともやりたい。じゃんけんしてください」
森保まどか 「ヘイ、お嬢ちゃん」客、軽くw
兒玉遥 「じゃんけんぽん・・・」

1回目:あいこ
2回目:あいこ
3回目:森保まどかの勝ち(客、おー)

兒玉遥 「打ち合わせとかしてないですよ。これはいってもらうしかないね」

熊沢世莉奈 「せりーぬこと熊沢世莉奈です。私はフライドポテト屋さんが好きです。 普通のフライドポテト屋さんじゃなくて、自分でお金を払って、自分で詰める」
兒玉遥 「箱に詰め放題?」
熊沢世莉奈 「そう」
兒玉遥 「はるっぴだったら家からタッパ持っていって・・・」
メンバーたち 「それはダメ」「あつかましい」

植木南央 「りんご飴が最近智代梨に見えてきた」
兒玉遥 「智代梨、りんご飴の顔やってよ」
メンバーたち 「ムチャブリ」
今田美奈 「智代梨ならできる」
兒玉遥 「あの智代梨だもん。3・2・1」
中西智代梨 → 体を右側に少し傾ける 「伝わった?」

森保まどか 「ちょっといい? イカ焼き食べた~い!!」
中西智代梨 「どうしたかな?」客w
メンバーたち 「美味しいよね」
穴井千尋 「智代梨だったら、朝からイカ焼き大丈夫」
今田美奈 「キャラ的に言えないよね。すき焼きだから」
兒玉遥 「プライド的に」
中西智代梨 「すき焼きだから」
穴井千尋 「後で楽屋で・・・」

熊沢世莉奈 「次は後半チームです」客、拍手

# メンバーチェンジ

後半:菅本裕子・下野由貴・深川舞子・仲西彩佳・松岡菜摘・村重杏奈・指原莉乃・古森結衣・江藤彩也香

松岡菜摘 「熱いね」
メンバーたち 「熱い熱い」
村重杏奈 「フーフーしてあげる」
指原莉乃 「大丈夫? その後」
村重杏奈 「一発芸しようか」客w

松岡菜摘 「熱いので涼しくなりましょう。ひやっとする話を」
村重杏奈 「ハイ! 杏奈、一発芸をしたい」客w
指原莉乃 「ひやっとする話ですよ」
メンバーたち 「ある意味ひやっとする」
村重杏奈 「ういたん、いい? せ~のの、山」古森と山ポーズ
指原莉乃 「挟まれた人の気持ち」客w

村重杏奈 「せ~の(古森とポーズしながら)山! 口! 郷土愛」
古森結衣 「なんで打ち合わせ通りしないの?」

村重杏奈 「せ~の、山!」
古森結衣 「口!」
村重杏奈古森結衣 「郷土愛!」客、拍手
古森結衣 「やりたくなかったの」
指原莉乃 「後で楽屋で」
松岡菜摘 「お客さん優しいね」
村重杏奈 「お礼言わなくちゃ。ありがとんこつ、みそかつラーメン」
指原莉乃 「なんでも笑い起こると思わないで」客、軽くw
村重杏奈 「ごめ~ん、ごめ~ん、私の好きなそうめ~ん、ちりめ~ん」
指原莉乃 「すげー乱れてる」客w

菅本裕子 「最近金縛りに合うんです」
村重杏奈 「仲間仲間」
指原莉乃 「(村重の頭をポンとやり)喋りたいだけでしょ?」
菅本裕子 「幻聴も聴こえてきて。女の人の息が」
指原莉乃 「女の人ってなんでわかるの? 男の人じゃないの?」
菅本裕子 「キレイな声で」
古森結衣 「私はちっちゃい男の人の足音が聞こえる」
指原莉乃 「なんでちっちゃい男の人ってわかるの?」
菅本裕子 「いちいちめんどくさい」
古森結衣 「足音がちっちゃい」
村重杏奈 「2人とも『うつ』なんじゃ?」
指原莉乃 「そういうこと言うと問題になるから、控えめに」

下野由貴 「家に日陰のベランダがあって、氷水を張った(入れ物の中に)足を入れて、アイスを食べたんですよ」
メンバーたち 「そういうの聞きたかった」
下野由貴 「夢を見ました」
村重杏奈 「腹黒だよね」
指原莉乃 「どうした?」
村重杏奈 「意地悪なんてしないもん、み~んなにあま~い、しなもん。 ほんとは、意地悪なんてするもん(?)、ほんとは腹黒、しなもん」
指原莉乃 「なんで言おうと思ったの?」
菅本裕子 「しなもんが腹黒キャラしてるのは、腹黒のほうがおいしいと思ってがんばって演じてるんだよ」
指原莉乃 「ゆきりんみたいな感じだね」客w
菅本裕子 「キャラ・・・」
村重杏奈 「指原さんはキャラなんて無いから」
指原莉乃 「どうした?」
メンバーたち 「ヘタレだよ」
村重杏奈 「指原さん、一発芸できる? やってくださいよ」
メンバーたち 「ムチャブリ」
村重杏奈 「この間、私のこと散々イジったから、イジリ返したいんです」
指原莉乃 「じゃ~、1コちょうだい」

「セミの気持ち、命、2週間。。。」
村重杏奈 「私がすべったみたいじゃないですか」
メンバーたち 「涼しくなった」
指原莉乃 「ありがとう」
村重杏奈 「どういたしまして」

松岡菜摘 「指原さんを迎えたHKT48をこれからも応援してくれたら嬉しいです。 それでは次は最後の曲です。今日は下野由貴ちゃんから」
下野由貴 「私はですね、実はケガをしていまして、長い間休演してたのですけど、 今日改めてこのステージに立つことができて、ファンの方の支えがあるから立つことができるんだなって実感しました。 その感謝の気持ちを込めて、この歌を歌いたいと思います。それでは聴いてください。大好き」


◆M13.大好き


曲終了後、
松岡菜摘 「ありがとうございました」
メンバーたち 「ありがとうございました」

# メンバーたち捌ける


■アンコール

◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝

■2分半映像 (スクリーン上映)
森保まどか 「さー、始まりました今回の2分半映像、ゲストはこちらの2人です」
熊沢世莉奈 「せりーぬこと熊沢世莉奈です。よろしくお願いします」
植木南央 「南央こと植木南央です。よろしくお願いします」

森保まどか 「それではスタート!」2分30秒カウントダウンスタート

「今日は何をするかというと、言ったらダメよ、NGワード。 ゲストの口ぐせを私が言わせてあげます。言った人は罰ゲームなので、気をつけてください」
植木南央 「口ぐせないよね」

森保まどか → NGワードが書き込まれた紙を見せる

熊沢世莉奈:エヘヘ エヘヘ
植木南央:もぅ~

森保まどか 「メンバーの最近の楽屋の雰囲気は?」
熊沢世莉奈 「元気になってる。エヘヘ、エヘヘ」

# ブー(ブザー音)

熊沢世莉奈 「もう?」
森保まどか 「NGワード言っちゃったりーぬちゃんには一発芸をしてもらいましょう」
熊沢世莉奈 「じゃ~、智代梨の鳥のモノマネをしたいと思います。まぁー!!」
メンバーたち 「かわいい」
熊沢世莉奈 「流れで南央も」
植木南央 「1+2+3+ぐぐたすw」

# ブー(ブザー音)

植木南央 「おもしろいやん。この流れでまどかちゃんも」
森保まどか 「これを使って」

# 棒付きの円形の札(×マーク)で左目を隠す (視力検査)

「みなさんもメンバーの口ぐせをチェックしてください。それでは引き続き公演をお楽しみください」
熊沢世莉奈 「自分の口ぐせわかってなかった」

# 上映後、30秒ほど暗転状態が続く / その後、メンバーたち登場

穴井千尋 「アンコールありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

穴井千尋 「アンコール1曲目『ロープの友情』、2曲目『火曜日の夜、水曜日の朝』聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで 「ありがとうございます」

兒玉遥 「今回の2分半映像は、言ったらダメよ、NGワードということで、司会を務めてくれたのは森保まどかちゃん、 参加してくれたのは熊沢世莉奈ちゃんと植木南央ちゃんでした」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

兒玉遥 「今日は新企画の(ごにょごにょと)言ったらダメよ、NGワード・・・」客、軽くw

「無意識のうちに自分の口ぐせを言ってしまうか検証したのですけど、りーぬたん、1回目からダメだったね」
熊沢世莉奈 「ビックリした」
兒玉遥 「りーぬは自分が言っちゃう口グセわかってた?」
熊沢世莉奈 「全然わかってなかった。無意識に」
森保まどか 「南央は『もぅ~』が口ぐせ」
植木南央 「うし年だから仕方ないよ」

兒玉遥 「こんな感じで言っちゃだめよ、NGワード、口ぐせ無意識に言ってると思うので、 みなさんの自分の口ぐせを見つけてみてください。以上、2分半映像でした」

穴井千尋 「ということで、次が最後の曲といきたいところなんですが、 その前にもう1曲披露させていただいてもいいでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。それでは聴いてください。AKB48シングルメドレー」


◆EN03.AKB48シングルスペシャルメドレー
(1)風は吹いている
(2)上からマリコ
(3)フライングゲット
(4)Everyday、カチューシャ


曲終了後、
兒玉遥 「AKB48シングルスペシャルメドレーを聴いていただきました。 HKT48チームH 1st「手をつなぎながら」公演いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

本村碧唯 「ということで、次が本当に最後の曲になります。 この劇場を出ても私たちのことを忘れないでください。この曲を歌いながらあなたのことを想っています。 それでは聴いてください。遠くにいても」


◆EN04.遠くにいても


曲終了後、
兒玉遥 「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

兒玉遥 「この後はロビーにて、私たちから感謝の気持ちを込めて、 みなさまをハイタッチでお見送りしたいと思います。 係りの指示があるまでその場でお待ちください。それでは最後のご挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
兒玉遥 「せ~の」バック、「せ~の」前進
メンバーたち 「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

BGM → 手をつなぎながら

# メンバーたち手を振りながら捌ける

最後、上手袖前1人ステージに残り、
指原莉乃 「後ろのほうの方も、立ち見のみなさんもありがとうございました」

# 公演終了

■ハイタッチお見送り
終演後、ロビーにてメンバー1人1人順に全員と。

■率直な感想 (私見)
指原莉乃さん、2度目の公演出演。 今日はユニット出演はなく、全体曲についてはEN03まではポジション同じ。ラストの「遠くにいても」は前回17人バージョンだったが、 今日は古森結衣さん不在で16人バージョン。古森さんのポジションに指原さんが入った。今回も衣装はその曲用の衣装ではなく、 襟元&スカートが白グレイチェックの制服だった。

場内はかなり静かだった。
途中でメンバーがアンケートを取ったのだが、初めての方がかなり多かった。指原さん目当ての方が多かったのかなと。

MCは、村重杏奈さんが暴走し過ぎて、前回と比べると少し掠り気味だった。

指原さん、ダンスについては、とにかく我武者羅だった初日と比べると、今日は少し肩の力が抜けてきたかなといった感じがした。 でも、上半身は良く動いていたけれども、歳のせいもあるのか、腰から下の動きは鈍かった。

初日はポジションが全曲違っていて、ポジションチェックに時間がかかり、断片的にしか見れなかったけれども、 今日はおおよそポジション同じで、割とじっくり見ることができた。

率直に、指原さんが入ったことによりMCはおもしろくなったけど、逆に全体的なダンスのクオリティーは下がってしまった。 はっきり言って、HKT48メンバーの子は指原さんよりダンスが上手い子が多い。それに振りがキレイ。 特に一番の見せ場だと感じる中盤3曲は、他の曲以上にクオリティーが下がったと感じたし、バランスも崩れてしまったと感じてしまった。 指原さんまだ2回目で、まだまだ完璧な状態とは言えないけれども、もし今後しっかり踊れるようになってきても、果たしてどうなのかなと。

それに、周りは若くてフレッシュなメンバーの中、今の指原さんはもうフレッシュさが無いし、顔に疲れが出過ぎてしまっていて、 別の意味で目立ってしまっている。

今までHKT48公演を見たことのない指原新規の方は、初見なのでそういうことは感じずに、指原さん入りのHKT48をスタンダードとして見ることができるのかもしれないけれども、 今まで公演を見てきた人にとってはどうなのかなと。少なくとも私は、今日の公演内容だったら、一期生だけのほうがいいなと思う。 既存のファンに認めてもらうには、相当ながんばりが必要だし、工夫も必要だと感じる。

今日、指原さんのポジションを見て気づいたのは、割とセンター寄りのポジションが多かったということ。 「僕らの風」「手をつなぎながら」ではセンター花道の一番手前にやってきたり。

メンバーたち、他よりも見せ場の多い曲を指原さんに提供しているというのに、指原さんを快く受け入れ、一緒にがんばっていこうなんて、 ほんとに一期生の子たちは心優しいなと思うし、そんな一期生たちをやっぱりこれからも応援したいなと思う。

最後に。
まったく公演とは関係ない話だが、村重杏奈さんとAKB48研究生の平田梨奈さんの対談とか、見てみたいなと思った。 パワーのある2人が対面したら、どんな化学反応が起こるのかなと、ふと興味が沸いた。

以上